【近親相姦】私の部屋を覗く哀れな兄に筆おろし…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介

では私がお兄ちゃんとHしちゃった話をします。
私はいわゆる「ヤリマン」で彼氏以外にも男友達ともやってました。

当時私は17歳で兄が18歳でした。
私は15歳の時に初Hをしたので、もう経験豊富でしたが兄はまだ童貞でした。
私達の部屋はそれぞれ各6畳でしたがフスマでさえぎってあるだけで、音や声なんかは筒抜けでした。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

とりあえずタンスや本棚で出入りが出来ないようにしていましたが、私がHしてる時やお風呂上りの時なんかは、フスマをほんの少しだけ開けて兄がいつも覗いていました。

以前にも一度、文句を言ったのですがしばらくするとまた覗き始めました・・・・

その日も私がHしてる時に確認してみると、フスマが2cm開いてた。
いつも最初の内は気になるけど、Hが盛り上がってくるといちいち気にならなくなってしまいます。

だから昼間や電気を消さないでやってる時なんかは一部始終、それも結合部分までも見られてたと思う・・・

そんな兄の行動がたまらなく気持ち悪く思え、もう1度、その日の夜中に文句を言いに兄の部屋に行きました。

「ちょっと、お兄ちゃん!今日もまた覗いてたでしょ」

「いい加減にしてよね・・・気持ち悪い・・」

兄はTVを見たまま黙っていました。

「覗きながらオナニーしてたんでしょ?・・・変態!」

「うるさい・・・お前だってやりまくってるだろ!」

「人の事覗くなんて変態だよ・・・」

「なんでそんな事するの?童貞だから?」

「うるさい、関係ないって」

「う〜ん・・・じゃあさ、童貞捨てちゃおうっか?」

私達は普段は別に仲が悪いわけじゃなかったし、童貞で覗きながらオナニーしてる兄が少し哀れに思えたのです。
それに今まで何人かの童貞ともHした事あったし・・・

兄は当然「え?はぁ?」って驚いていましたが、

「Hした事ないんでしょ、私が童貞もらってあげるよ」

「・・・・・本当にいいのか?」

「いいよ、いつまでも童貞だから覗きなんて変態行動に走るんだよ」

私はパジャマを脱いで下着姿になりました。
兄もパジャマを脱ぐとトランクス姿になりました。

私がトランクスを下ろすと兄のチンチンは半立ちで皮も亀頭の半分ぐらいかぶってました。
兄のチンチンを見るのは小学生以来でしょうか。

兄が私の胸をさわると、むくむくと大きくなり皮も全部めくれてピクピクとそり返ってました。
私はそれを握り、シゴキながら、

「気持ちいい?」

「うん・・・」と、気持ち良さそうでした。

「口でして欲しい?」

「うん、して・・」
と兄がまるで弟のような感じになってました。

私がフェラすると、兄は気持ち良さそうな顔でずっとフェラの様子を見ています。
目が合うとすごく恥かしかった。

私が全裸になりベットに横になると、兄は私の両足を大きく開きまんこをじっくりと見ています。
指で開いたり、クリを探したり普段一緒に生活して来た兄でしたので、恥ずかしいし変な気分でした。

続きを読む(【近親相姦】私の部屋を覗く哀れな兄に筆おろし…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。
コメントを書く