【射精】下心満載で書棚を片付けてる同僚OL3人を手伝った結果・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

同僚OL3人

ある日、漏れの隣の書棚を3人の女がかたづけていた。
引っ越しで書棚の整理が後回しになっていたのだ。
漏れは急ぎの仕事があって、机に向かっていたが、書棚に向かって作業している3人のしりが漏れの30センチくらいの位置で行ったり来たりしていた。

脚立に上った女の尻の割れ目に食い込んだラインや、ミニスカからかすかに浮き出るPラインなどがイヤでも目に入ってくる。
もうそれだけで激しくB状態になり、机にぴったりと座っていないと、あきらかな巨大テントがばれそうなほどだった。

さらに女たちのコロンや体臭の入り交じった香りが充満して、今思うと少し理性があぼーんしていたような気がする。
仕事が片づいた。
漏れは手伝う必要はないのだが、「書棚整理、手伝うよ」と申し出る。

普通に考えると、こんな狭いスペースで「手伝う」と言われたって、女の中に男が入ってぎゅうぎゅう詰めに近い状態になるわけだし、「結構ですぅ」ということになるのだが、ナゼかその時、すんなりと「おねがいしまぁぁあぁす」ということになった。

たぶん、女3人もそろってドヨヨンとした生理状態だったのだろう。
しかも漏れはその時、断られるなど全く眼中にないほどハアハアしていて、その勢いに何かを感じ取っていたのかもしれない。

その日は真夏の暑い日ざしが仮住まいの狭いオフィスにさし込み、社員全員なんだかクラクラしてけだるい汗が流れ、漏れはさらにチンポ汁がたらりと出る日だった。

彼女たちにも、たらりとまんこ汁が流れていたに違いなく、汁のにおいとコロンが入り交じったにおいが強烈に脳内を刺激した。
そんなエロいことばかりが充満している精神状態でいながら、B状態をなんとか少しなだめて、目立たないようにそっとポジション移動しながら、3人の女の中に入って作業に加わった。

その仕事については、ちょっと説明しにくいのだが、狭いスペースながら、4人いればそれなりに連携しなければできない作業で、密着状態で作業することになる。

詳しく説明すると、職種と会社が特定されるおそれがあるので、まあそういう仕事があると思ってくだしゃい。
密着状態になるから、通常は男が作業するときは女は控える。
女が作業するときは男は控える。というのが、暗黙の了解事項だった。

前述のとおり、その原則が夏の狂った果実のようにさりげなく破られ、真っ昼間から男女4人が乱交パーチイのように堂々と密着する仕事が、さりげなく始まった。

4人とも至極当然のように各自位置に着き、ロボットのように作業を開始。
彼女たちは能面のように冷静さを装っていたが、ほんのかすかだが、淫猥なオーラがうっすらと
表情と全身に浮かんでいるのを漏れは微妙に感じていた。

作業スペースに入れば、そこは芳香を放つ女体の密林。
どんなに痴漢でも、満員電車で三方に女体が密着するようなことは、めったにないだろう。
もちろんこれから乱交が始まるわけではない。
あくまでも仕事上の作業だから、皆冷静なたたずまいで、さてどこから手を付けるかと、顔を見合わせた。

まずA子に梯子に上るように指示。
上る際、漏れは梯子に両手をかけてゆれないように固定する、ように見せかけて、A子のぴんぴんに食い込んだパンツのしりの溝を凝視。

きわめて小声で、「ああ、そんなに食い込ませたら、おまんこに縫い目が食い込んじゃうんじゃないかなぁぁぁぁぁ?」
と誰にも聞こえないように言うと、右にいたB子が「え?」という顔をした。
B子のTシャツに包まれた形のよいバストの先端は、漏れの肘にあと数ミリでつんつんしそうだ。

続きを読む(【射精】下心満載で書棚を片付けてる同僚OL3人を手伝った結果・・・)
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。
コメントを書く