年下彼女の文化祭で制服姿にムラムラして…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

jk-400x235

世間は俺をロリコンと呼ぶかも知れないが、俺は16歳で高校2年生のサチに真剣に惚れていた。
サチは28歳の俺と一回りも違うが、恋愛に歳は関係ないと自分に言い聞かせていた。

桜が綻ぶ頃に、俺が働いていた店にサチがバイトで来たことが切っ掛けだった。

その後2人は付き合い始め、週に2、3回会って、夕飯の後は必ずといって良いほどセックスに耽っていた。
会う時間が遅くなった時は、コンビニで弁当を買い、そのままラブホにしけこんだ事もあった。
それほどに俺はサチに夢中になっていたし、サチもまた俺とのセックスが楽しくて仕方が無い様子だった。

10月になって、サチが通う高校の文化祭にいっしょに行きたいと言って来た。
ところが28歳にもなって高校の文化祭に行くと言うことが恥ずかしく思えたので、一度は断ったが、サチの悲しそうな顔を見て可哀相になり、やむなくサチといっしょに文化祭に行くことになった。

文化祭には親兄弟、友人、彼氏等を呼び、多くの人に楽しんでもらおうと言うのが学校の趣旨のようであった。

「サチ、俺を彼氏と言うことで呼んだのか?それとも兄貴と言うことにしておかないといけないのか?」
「え?もちろん彼氏よ」
「そうか・・・」

サチはあっさりとそう答えて、屈託のない笑みを見せた。
笑顔を見ていると、どこから見てもまだ無邪気さの残る少女なのに。
俺とベッドで過ごすとどうしてあんなに変われるのか・・・。
俺は不思議でならなかった。

文化祭では演劇を見たり、バンド演奏を聴いたり、サチの友人が運営しているカフェに行ったり、俺としてはまるで高校時代に戻ったような懐かしい気分を味わうことになった。

サチは校内と言うこともあって当然制服だった。
ブレザー姿にミニのプリーツスカート、それにルーズソックス。
サチのそんな姿を見てムラムラするようになってから、俺は自分自身を制服フェチと思わざるを得なくなった。

サチの制服姿を見ると気持ちが昂ぶりすぐに興奮してしまう。
そんな自分が少し嫌だったが、隠すことの出来ない事実であった。

続きを読む(年下彼女の文化祭で制服姿にムラムラして…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※クリック後、”同じタイトル” のリンクをクリックすれば
続きをお読みいただけます。
コメントを書く