【寝取られ】「チンコ当てゲーム」が生んだ悲劇…(体験談)

閲覧数: 3,413 PV

※このエロ話は約 4 分で読めます。

【寝取られ】「チンコ当てゲーム」が生んだ悲劇…(体験談)

若い性欲を、勃起を障子に突き刺すことで表現した芥川賞の話を聞いたことがある。
俺とAはそれをゲームにしていた。
5対5の飲み会を、マンションの1室にてセットする。

お酒を飲んで、エッチ話でも王様ゲームでもいいが、スケベOKなノリになってきたら…
男と女、それぞれのキャプテンをアミダクジで決める。
キャプテンは全員を後ろ手に縛る。
男には猿ぐつわも噛ませる。

キャプテンは全員に番号を書いた割り箸クジを引かせ、番号を決める。
外した障子戸を2つ立て、陣地を仕切り、男女に分かれる。
立ち位置をセットしたら、男はチンポを障子に突き刺す。

女は目隠しをされて、座ってそれを待ち、差し出されたチンポを咥えてフェラする。
行為を終えた者は、他のペアの行為を観察することが出来る。
そんなゲームだ。

手を縛るのは、乱交やレイプには決してしないという、俺とAが決めた約束だからである。
飽くまで、同意に基づいたラインまでと線を引いた「ゲーム」なのだ。
予め、「フェラチオまでならOK」の者しか呼ばない。

けれど、そこにカップルがまじり参加すると、かなり微妙な雰囲気になりもする。
先に終え、まだ行為中の彼氏や彼女の姿を見ると、見せられた者は誰もが「嫉妬萌え」する。

自分じゃないチンポを舐めしゃぶる姿…
自分じゃない女の口でイカされている姿…
嫉妬が2人の関係をより濃密にさせることもあれば、「寝盗られ」ならぬ「舐め盗られ」するカップルもある。
男が女のフェラテクにのめり込む場合もあるし、女が男の逞しいチンポの虜にされることもあった。

俺の場合は、後者だった。

「どうしても人がいねーんだよ。な、頼む、アキラ。真奈美ちゃんを連れて来てくれ」
「イヤだね。俺は絶対に嫌だ。真奈美はそんなとこに連れてけねーよ」
「俺だってさ、お前の頼み、何度も聞いてやったじゃん」
「こういう頼みはムリだって」

「わぁーった!じゃぁさ、お前と真奈美ちゃんは絶対にペアにするから!それならいいだろ。お前が真奈美ちゃんにフェラされてるとこは誰かに見られるかもしれねーけど、お前がチンポを見られるだけで、真奈美ちゃんは無傷だ。これで頼む!」
俺はためらった。
「うーん…でもなぁ…」
唸る。

「駐禁の身代わりで、お前の免停まぬがれたじゃん。無実の浮気で真奈美ちゃんが別れ話切り出した時も、お前に加勢して説明してやったべ」
「うん…」

そう、俺はAには何度も助けてもらっている。
大学の1年生からずっと、悪いことも良いこともつるんできた親友だ。

「今回、ドタキャン続いちまってさ。今回だけでいいから、俺に免じて頼む」
「……わかったよ。連れてくよ」
「さんきゅっ!助かるぜ」
「その代わり、俺と真奈美は絶対にペアだからな」
「任せろ。このゲームを考えたのも、主催するのも、俺とお前だぜ。ぬかりはないさ」
「頼むな」

そして俺は、『障子ゲーム』へ真奈美を連れて行くことになった。

いつもの会場(日借りのパーティー用マンションの1室だ)へ着く前に、その階下のコンビニで俺たちとAは待ち合わせた。

「Aさん、こんばんは♪」
真奈美とAとは当然、知り合いだ。
「真奈美ちゃん、ゴメンね。今日は無理なお願いしちゃって。恩に着るよ」

「でも、アキラとペアにさせてくれるんでしょ。なら問題ないよ。ちょっとね、他の人のそういうとこ見て、刺激味わおうかなって(笑)それより、今日の協力と引き換えに、もうアキラは誘わないって約束してね」

真奈美と付き合って以来、もう1年、Aと2人で考えたこの会にも、俺は参加していなかった。
真奈美が一途な女の子で、俺の浮気を心配しているからだ。
けれど、それをあまり見せずに、
「マンネリ打破(笑)」
なんてとぼけるところが真奈美らしく、俺には愛おしい。

ふいに根拠のない不安がよぎり、俺はAにそっと耳打ちした。
「ところで、今日のメンツって誰?」
「あれ、言ってなかったっけか。男はサークルのヤツばっかり。BにCにD、あとお前と俺。女の子たちはな、○ェリスよ○ェリス。○ェリスが3人。真奈美ちゃんと、もう1人はサークルの美穂な。美穂もドタキャンの割り食ったクチで参加だから。でも○ェリスの女にも全員に、お前と真奈美ちゃんは必ずペアにすることは、伝えてあっから」
「わかった」

そのメンツなら、大丈夫だ。
サークルの仲間は、俺と真奈美が付き合っていることを知ってる奴ばかりだ。
無理を強いるような奴はいない。
俺はようやく安心できた。

マンションの部屋へ入ると、もう顔ぶれが揃っていた。
真奈美は○ェリスの女の子たちに美穂から紹介され、俺も女の子たちに軽く挨拶する。
昔なら、今日はこの中の誰がしゃぶってくれるのか、その後持ち帰れそうなコはいるか、と品定めしたところだが、今はもうすっかり落ち着いたものだ。

誰よりも、掛け値なしに、真奈美が一番可愛いと思ってみていると真奈美と目が合い、俺たちはアイコンタクトをかわす。
「大丈夫か?」
「うん、平気だよ♪^^v」
などと至近距離で携帯メールまでかわし、俺は随分とリラックスしていた。

「あれ?Cどした?」
「まだなんだよ」
「タコ野郎だな、相変わらず。まぁいいや、飲み始めてようか」
「そだな。そうしよ」

「じゃ、今日はどうも、この『障子会』にお集まり頂き、ありがとうございまっす!今日の趣旨はみなさん、先刻ご承知、了承のもとですから、ゲーム開始まで、話して知り合って打ち解けて、最後にお楽しみタイム、と参りましょう。乾杯!」
「かんぱーい!」

飲み会は進み、俺も真奈美も適当に話しを合わせながら、Cの到着を待つこと、30分ほどが経過していた。

「A先輩!不肖、木下慎平!C先輩の代打でやってきましたぁ!お邪魔しまーす」
とやってきたのは、サークルの後輩である木下だった。
俺はAに近寄って言った。

「おい、木下なんて聞いてねーぞ」
「いや、俺だって…」
というAとの会話が、
「わ、カッコいい♪いいじゃん、いいじゃん!これで5-5揃ったね」
という○ェリスの女子どもの声に遮られる。

続きを読む(【寝取られ】「チンコ当てゲーム」が生んだ悲劇…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く