【覗き】中坊の僕が見たイケメン家庭教師と母の濡れ場…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【覗き】中坊の僕が見たイケメン家庭教師と母の濡れ場…(体験談)

僕が中学3年生になった春、高校受験を控えて、日高さんという大学生に家庭教師に来てもらうことになりました。
日高さんは身長180cmくらいで、日焼けしたさわやかなスポーツマンタイプの人でした。
教えるのがとても上手で、兄弟のいなかった僕はすぐなついていました。

一人暮らしをしていた日高さんは、教えに来てくれる日は夕食を僕たちととることになっていました。
土曜日の夜にはよく父と酒を飲んで、そのまま泊まって、翌朝帰ることがありました。

父は酒の相手ができたのを喜んで、上機嫌で
「お前も早く酒を飲める歳になれ」
と僕に言いました。
母はにこにこしながら、酒量が増える父をたしなめていました。

ある土曜日のことです。
その日、父は泊りがけの出張で家にいませんでした。
母の手料理を母、僕、日高さんの3人で食べて、そのあと2時間ほど勉強を教えてもらいました。

いつもなら、ここから父が酒の相手をお願いすることが多いのですが、その
日はいなかったので、日高さんはそのまま帰ろうとしました。
すると母が
「ケーキを買っておいたから」
と日高さんを引きとめました。

日高さんはいやな顔ひとつせずに
「じゃあご馳走になります」
と笑顔で言いました。

リビングにはもうコーヒーとケーキの用意がしてあって、3人でいろいろな話をしながら楽しい時間をすごしました。
母は、いつものようににこにこしていました。

1時間ほどたったころでしょうか。
母が僕に
「もう遅いからお風呂に入って寝なさい」
と言いました。
時計を見ると10時を過ぎていました。

お風呂から上がってリビングにいくと、母と日高さんはワインを飲んでいま
した。
母が酒を飲んでいるのをあまり見たことがなかったので、少し驚きましたが、特に気にとめませんでした。
お酒に強くない母は、少し酔っていたのか、頬が赤くなっていました。

僕は日高さんに
「今日は泊まっていくの?」
と聞きました。
日高さんは
「酔いをさましてから帰るよ」
と言いました。

日高さんは酒に強いので、ほとんど顔に出ていませんでした。
2人ともグラスに1杯ほどしか飲んでいないようでした。
僕はもう眠くなっていたので、二人におやすみなさいと言って二階の部屋に行き、寝ました。

どれくらい眠ったのかわかりませんが、トイレに行きたくなって夜中に目がさめました。
真夜中であることもあり、家の中はひっそりとして、とても静かでした。

トイレに行こうと階段をおりると、
「…うーん」
と苦しそうなうめき声が聞こえました。
驚いた僕は、声がした方向に足音をしのばせて向かいました。

続きを読む(【覗き】中坊の僕が見たイケメン家庭教師と母の濡れ場…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く