【泥酔女】チキンな俺が駅で泥酔女を拾った結果…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【泥酔女】チキンな俺が駅で泥酔女を拾った結果…(体験談)

あれは土曜日の朝の出来事。前日の夜に会社の同僚と飲んで朝帰りした時のことだった。
六本木から某私鉄の始発に乗って、到着したキーステーションで次のJRで爆睡状態の彼女がいた。

俺も朝帰りだからフラフラだけど、すかさず彼女の横をキープ。
周囲の状況を確かめると、既にそこそこの時間になっていたこともあって、疎らに乗客がいて大胆なことは出来ない。
様子を伺いながら乗っていたけど、こっちも睡眠不足の為にあえなく撃沈。
気づいたときには地元駅をすっとばして終点だった。

終点のアナウンスで目が覚めた俺は、周囲の乗客が降りていく中を横目でみると、まだ彼女はそこに居た。
相変わらず爆睡中のようだ。
どうやら彼女も朝帰り、かなり飲んで帰ってきた様子だった。

いい人を演じつつ彼女を起こし、終点に着いたことを告げると、ゆっくりと立ち上がりフラフラと車両を降りていく。後ろから見守りながら様子を見ていると、更に下る電車の前に立ち次の電車を待っているように見える。

しかし、体は直立していることも出来ず、時折バランスを崩して危なっかしい。
見かねて声をかける。
そう、怪しい雰囲気を出さずソフトに、何処まで帰るの?と尋ねた。

ゆらゆらと揺れながら答える彼女。
彼女が口にした駅は俺の地元駅。
既にすっ飛ばして終点だから、今度は上り電車に乗らなければならない。

こっちは逆だよ。連れてってあげるね。
そう言って俺は彼女の腰に手を回し、反対側のホームに誘導する。
ここで初めて気づいたが、この時節というのにかなりの薄着。
ブラウスに薄手のカーディガンという姿は寒々しく見え、思わず自分の着ていたジャケットを彼女の肩にかけてあげる。

上りの電車はまだ来ていない。
一度ベンチに座らせて、彼女の様子を確認する。
既に俺の片手は彼女の胸を支える振りして揉んでいる。
そうとう酔ったらしい彼女は、大した反応も見せず、されるがままだ。

調子にのった俺は、彼女の片足を俺の膝の上に乗せてみる。
ここでもされるがままの彼女。
少し開き気味な太ももに手を乗せて、ゆっくりと撫ぜてみる。

撫ぜられることが気持ちいいのか、それとも安心したのか、ここで体を俺に預けてきた。
ここで俺は周りが見えてないことに気づいた。
目の前を朝の通勤らしいおばちゃんが通りすぎる。
怪訝そうな顔で見ながら。

それもそうだ、なんせ俺の右手は彼女の背中から手を回し、体を支えるフリをしながら彼女の胸を揉んでいる。
そして左手は、彼女の太ももをゆっくりと撫でているのだ。
彼女のスカートの中で。

続きを読む(【泥酔女】チキンな俺が駅で泥酔女を拾った結果…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く