【浮気】隣に越してきた人妻がイメクラで指名してた女だった…(体験談)

閲覧数: 3,611 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

【浮気】隣に越してきた人妻がイメクラで指名してた女だった…(体験談)

うちのマンションの同じ階に3ヶ月前に引っ越してきた夫婦がいた。
引越しの時その奥さんを見て、俺も向こうも驚いた。
2年くらい前に俺は嫁に内緒ではまっていたイメクラがあり、そこでいつも指名していた女だった。

1ヶ月に3〜4回は行っていた。
マイという名前で、かよっていた俺の事を向こうも気に入ってくれていたと思う。
店に内緒で何回か本番をさせてくれていた。

その時マイは21歳と言っていた。
学校を卒業するので店をやめると言ってから、それ以来だった。

引越ししてきて、1週間くらいして2人で話をする機会ができた。
本名はマナミで実は27歳そうだ。
店をやめたのは結婚が決まったからで、旦那にはあの頃の仕事は内緒にしている。

俺も嫁には内緒だったので、お互いにあの頃のことは言わない約束をした。
マナミの旦那は銀行マンですごく真面目らいい。
もっと話をしたかったが、お互い、いい隣人でいることを確認してその時は別れた。

それから1ヶ月以上たったある夜、エレベーターでマナミと2人っきりになった。
ミニスカートに胸の谷間が見える服だった。
マナミは飲んで帰ってきて酔っていたみたいだった。
俺も少し飲んでいた。
世間話をしながらマナミの体を見ていた。

「ようじさん」マナミはあの頃俺を呼んでいた名前で呼んだ。
俺の本名は実は違う。
「目がエッチだよ、そんな目で私を見てくれるのってあの頃と同じだ」
「偽名使ってたのばれたな」
俺は話をすりかえるつもりだった。
「君だって年をごまかしてただろ」

マナミはクスっと笑って、
「いいの、女は、でもそんな目で見られたら私もあの頃思い出してしまいそう」
誘ってるのか?
俺は酔ってる事もあり、自分のマンションだという事を忘れそうになっていた。

エレベーターがついて2人とも降りた。
すぐ近くの部屋のマナミはバックから鍵を探しながら
「ようじさんって女子高生の制服好きだったよね」と言った。

あの頃もそうだったが、童顔で背も低く、それでいて胸が大きくて、制服を着てもそんなに違和感がなかった。
今でも変わらず、27歳には見えない。

「そうだったね、でも女子高生の制服がよく似合ってたよ、今でも若いし、似合うんじゃない、旦那にしてあげれば」
俺は別に皮肉を言ったつもりではないが、笑ってもらうつもりで言った。

続きを読む(【浮気】隣に越してきた人妻がイメクラで指名してた女だった…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く