【調教】巨乳彼女が目の前で“磔”にされて弄ばれた…(体験談)

閲覧数: 3,768 PV

※このエロ話は約 3 分で読めます。

【調教】巨乳彼女が目の前で“磔”にされて弄ばれた…(体験談)

丁度、昨年の夏頃にあった出来事を書きます。
初めてなので、皆さんお手柔らかに。

僕とA子(当時の彼女)B美あとはC・D・Eの男3人、計6人で飲んでいました。
以前に二度程、こうした飲み会はあったので、 誰も気兼ねなどすることなく普通に乾杯で始まりました。

僕とC・D・Eの4人は昔からの友人で、彼女のA子とB美は二人ともC男の同僚でした。
初めて会ったときから、僕は(他の友人らもきっと)A子を気に入りました。
きっとC男もA子を狙っていた為にセッティングしたのだと思います。

A子は顔がとても小さく、眼がぱっちりとしたかわいい系といった感じです。
藤本美貴(字合っているか不安)似だと言っても、過言ではないと思っています。
胸が大きい上、身体全体の肉付きがよく(といっても決して太ってはいない)
服の上からでも身体は実に色っぽかったです。

同僚のB美は、A子の会社では後輩でしたが年齢は2つ上で色黒のスレンダーといった感じです。
僕とA子は二回目の飲み会で、アドレスを交換し、翌日には二人だけで食事に行きました。
そこでA子の気持ちを聞き、僕は迷うことなく即答しこの日から付き合うことになりました。

それから一ヶ月経たないうちに、今回の飲み会となりました。
まだA子は同僚のB美にさえ、僕と付き合っていることを話してはいませんでした。
僕もC男を始めとする友人らにはまだ話していません。(間もなかったので)

そんなうちに飲み会が始まり、お互い目配せで合図したりと非常に心地よかったのでそのままにしておきました。
僕はお酒が強いわけでも好きなわけでもなく、いつも付き合い程度飲んでいました。

二時間程経ち、皆ホロ酔い加減で居酒屋を出ました。
(E男は既に泥酔しており僕とC男とで肩を支えてやっと歩ける状態でした)
これからどうする?と言う事になりましたが、A子は僕の顔を見るので
「まだ大丈夫だよね?」と言ってしまいました。

A子は「うん」と頷いてくれ、B美もA子がいるのならといった感じでもう一軒行くことになりました。
とりあえずE男を帰そうとしたのですが、泥酔のE男は聞き入れません。

しかし、このままE男を次のお店に連れて行く気には誰もならず、D男が「仕方無い、コンビニで酒や食糧大量に買い込んで、皆でラブホ飲みするか〜」と提案しました。

彼女のA子にB美も、ラブホと言う響きに抵抗はあったようですが、E男の状態に加え、皆いるし仲間のような雰囲気になっていたので、変に断る様子もなく決定しました。
僕もこの時は特別抵抗も無く、これだけの人数で一部屋に入れるのかな?などと暢気なことを考えていました。

歩いて10分くらいで、一軒のラブホに到着しました。
入った途端、独特の雰囲気に飲まれ、皆無言となりました。

無事二つの部屋をとり、眠くなったら男と女に分かれよう!
と言う事になりました。
酔って歩いたせいかクタクタになり、初めから分かれてしまおうと男女分かれました。

男四人で入ったその部屋は、なんとSM部屋でした。
僕は生まれて初めてSM部屋に入り(他の友人らもそうだったと思う)、ただただ周りを眺めるばかりでした。

するとC男がB美に「おいこっちは凄いぞ!SM部屋だ〜面白いものが一杯あるぞ」などと電話していました。
B美も興味が湧いたらしく、「見たい!」と言いだし「それならこっちに来れば?」と・・・。

案内にC男が部屋を出、A子B美二人とも、このSM部屋に招き入れてしまいました。
即効でフロントから電話が鳴り、C男が交渉し追加料金を払うことでまとめました。
部屋では、お酒どころではなくなり、大して広くも無いその部屋を各自探索しまくっていました。

続きを読む(【調教】巨乳彼女が目の前で“磔”にされて弄ばれた…(体験談) )
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く