【寝取られ】発狂した私が妻と間男の骨を折り、廃墟の穴に蹴り落した結果…(体験談)

閲覧数: 4,541 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

【寝取られ】発狂した私が妻と間男の骨を折り、廃墟の穴に蹴り落した結果…(体験談)

携帯電話もWindowsもプレステも無かった遠い遠い昔。
本社勤務だった俺は突然営業所開設と新規市場開拓を命じられて某地方都市へ転勤しました。

それから毎日が激務の連続だったけど何とか営業所を立ち上げて顧客も獲得し、売り上げもそれなりに順調に伸びて利益が出るようになった頃、仕事関連で地元の若い女の子と知り合い一年程度の付き合いを経て結婚しました。

結婚と同時にそれまで住んでいたアパートを引き払い、一戸建ての借家を借り、引っ越して結婚生活を営んでいたのですが・・・・・・

問題は結婚して3年程度経った頃発生しました。

ある朝いつも通り営業所に出勤し入口ポストの新聞と郵便物を取って事務所に入り、事務机の上にそれらを置いた時、無地の封筒に(○○様)と書かれた私宛の手紙があるのに気づきました。
早速口を開け読んでみましたがその内容は私を驚愕させる内容でした。

簡単に言うと
「あなたの奥さんは日中あなたがいない時間、自宅に若い男をにしょっちゅう連れ込んでいますよ」
と言う内容だった。
(実際にはもっと詳細に時間帯や男の容貌等が書かれていた)

驚愕した私でしたがそう言われてみると確かにちょっとばかり気になっていた点がありました。
(寝室に置いた小物の置き場所が変わっていたり私が使っていない男性整髪料らしき匂いが室内で微妙にしたりとか)

驚愕した私ですが驚いてばかりいられませんので興信所にでも頼んできちんと事実はどうであるが調査しようと思ったのですが、人口の少ない地方都市の為か信用できそうな興信所が見当たりません。
電話帳で調べても分からず人に聞ける問題でもなく仕事関係以外の知り合いもいない環境下で途方に暮れました。

やむを得ず密告の手紙には男が自宅を訪れる時間帯なども詳しく書いてあったので自分自身でまず妻にトラップを仕掛けることにしました。
帰宅後妻に対して「来週2日間○○へ出張になったから」と伝えその後は異常を気取られぬように普通の顔で過ごしておりました。

嘘の出張予定を告げていた当日、普段と変わらぬ顔で出張かばんを手に家を出てから数時間の間、家が遠くに見える場所に営業車を停めて家を見張っていました。

車の中から家を監視している間、時間が経ってくると「本当かどうか分からない事に時間を潰している俺って、実は馬鹿?」とか「もし手紙が本当だったとしても簡単に一日で尻尾をつかめるとは思えない、もう数日かかるんじゃないのかな」とか色々な考えが湧いてきて監視しているのが嫌になって来ました。

が、監視を始めて半日程度経った時見つけました、やってきました。
自宅に誰か若い男が入ったのを確認、それから30分程度経っても出てくる気配がありません。
営業車を自宅裏に移動させ台所脇の裏口から家にそっと入りました。


コメントを書く