【近親相姦】元バレー選手の母に劣情を抱き続けて…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

 【近親相姦】元バレー選手の母に劣情を抱き続けて…(体験談)

お母さんは40代、元実業団バレーの選手で全日本のメンバーでした。
今はリポーターなどをしているN・Mさんの先輩に当たるそうで、現役時代の写真の中に何枚かチームメンバーとのショットがあり、N・Mさんとの2ショットもあります。
しかし、試合にはなかなかでられず、どんどんと後輩に先を越され、実業団チームから解雇されたそうで、それが今でも悔しいみたいです。

その後、転職した会社の同僚と結婚し僕が生まれました。
中学校の母親参観では、身長の高いお母さんは人目につきやすく、またそこそこに美人だったので、同級生からはよく羨ましがられました。

そんなお母さんを僕が女として意識してしまったのは、高校1年の夏休みの事でした。
長期出張が多かった父親が赴任先のOLと不倫関係になり、お母さんとすったもんだの挙句に離婚した事がきっかけでした。

専業主婦だったお母さんはパートに出るようになり、そこで仲良くなったおばさんの紹介で、土日のママさんバレーチームに参加するようになりました。

初試合の3週間ほど前にユニフォームができ、それを試着したお母さんを見ました。
Tシャツに黒い短パン姿のお母さんを見た瞬間、僕は勃起してしまい、それ以来オナニーする時はお母さんが20歳代で現役だった頃の黒いブルマーをはいたユニフォーム姿の写真を見て、抜いていました。

秋ごろの事です。
その日もお母さんの写真を見ながらオナニーをしていたのですが、うっかり寝入ってしまい、下半身は裸のまま、机にはお母さんの写真が数枚放置状態でした。

そこにお母さんが入ってきたので、もう状況は一目瞭然、言い逃れできない気まずい空気でした。
「洋輔!何してんの!」
「お母さんの写真見て、変な事してたの!?」
怒涛の勢いでしかられましたが、終始お母さんはチラチラと僕のペニスを盗み見るように視線を走らせていたのでした。

「気まずいなあ」と思う反面、お母さんが好きなことを感じてもらえるチャンスだと思い、僕は意を決して「お母さんが好きだからこんな事していたんです。」と打ち明けました。

びっくりしたような表情になったお母さんでしたが、
「お母さんもようチャンが好きだけどこんなことされるとショックよ。」とやさしく諭すように語りかけてきました。

怒られてしぼんでいたペニスもお母さんの表情や服装を見ているうちに元気になり、おなかにくっつくまでに立ってしまいました。
目をそらそうとしつつもチラチラとみているお母さんがどうしても欲しくなり、
「お母さんに気持ちよくさせて欲しい」と小声でお願いしてみました。

続きを読む( 【近親相姦】元バレー選手の母に劣情を抱き続けて…(体験談) )
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く