【羞恥】大学病院で学生たちのさらし者にされました…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介

最近便秘がちで、就職後の事を考えると気分が重くなってしまって…。
「仕事がきちんと勤まるのか、ちゃんと社会人とてやっていけるのか」などと考えていると体調が悪くなってきて、気になり出すと考え込んでしまいます。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

健康診断のつもりで、以前からしっかりした病院で診てもらおうとは考えていました。
大学の講義も12月で終わりになったので、先日ある大学病院へ行ってきました。
何科で診てもらえば良いか分かりませんでしたが、受け付けで相談に乗ってもらったところ、総合診療科というところに回されました。

最初、予診室という部屋に呼ばれ、若そうな先生に色々と質問を受けましたが「また後でお呼びします」と言って去っていかれました。
それから随分と待たされましたが、ようやく呼ばれて、今度は第1診察室という所に入ってみると、随分年輩の貫禄のある先生が腰掛けていました。

驚いた事に、その先生以外にも後ろの方に3人の白衣を着た先生(あとで学生だと分かったのですが)おられました。
先生は私の方に見向きもせず、最初に予診室で会った先生から、私の病状を聞いているようでした。

中年の看護師さんに
「これから先生が診察されますのでベッドに横になって待っていて下さい」と促されました。
ベッドに横になるとズボンのベルトとチャックを緩められ、ブラウスを捲くってお腹を出した状態で待機させられました。(お腹にバスタオルを掛けてくれました)

先生はまず「ここにいる3人は学生なんですが、勉強のために診察につかせたいんですが、よろしいでしょうか?」と聞いてきました。
“あぁ、やっぱり大学病院というところは普通の病院とは違うんだな”と思いましたが、あまり何も考えずに「はい」と返事をしてしまいました。

先生は入念にお腹の触診を始め、腎臓はこうやって触れるとか、肝臓はここに手を置いてとか、学生さんに教えながら診察されていました。
「便に血が混ざる事もあるとの事ですが、お尻を拭いた時に真っ赤な血が紙に付くのですか」と具体的に先生が聞いてきました。

確かに、硬い便の時にそういった事もあったので、そう答えると
「大抵はそういった場合、痔からの出血で良いと思うのですが、中には特別な病気も隠れている場合もあるので、1度お尻の方も診させてもらえますか」
この時になり、先ほど何も考えずに「はい」と言ってしまった事を後悔しました。

先生になら分かるのですが、勉強のためとはいえ学生には見られたくなかった。
しかし、現場の張りつめた雰囲気の中ではとても”嫌です”とは言えませんでした。

私は仰向けのままズボンを太股のところまで下ろされ、パンツも同様に太股のところまでずり下ろされ、横向きになって膝を抱え学生達に向かってお尻を突き出すような姿勢にさせられました。

続きを読む(【羞恥】大学病院で学生たちのさらし者にされました…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く