【兄妹相姦】小さい頃から妹を性欲処理道具として扱ってきた結果・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】兄、妹への最後の責任・・・

投稿者男性がは小さい頃の些細なきっかけから妹に言うことを聞かせてエッチな命令をし続けてきた。そしてその関係は大人になっても続き・・・。(3511文字)

【兄妹相姦】小さい頃から妹を性欲処理道具として扱ってきた結果・・・

ガキの時の些細なきっかけで妹は俺の言うことを何でも聞くようになった。
ちなみに俺の妹は2歳年下で小さい頃から内気で、何か言われると嫌と言えないタイプだった。

俺が小学校3年生の時に俺と妹とお母さんでスーパーに買い物に行った。
その時に、妹はマンゴープリンを選び俺はアロエヨーグルトを選んだ。

これらを冷蔵庫に入れて好きな時に食べようと思っていたんだけど、俺が風呂から出てきたときに妹がマンゴープリンとアロエヨーグルトを食べていた。

せっかくアロエヨーグルトを食べるのを楽しみにしていたのに、ガキの頃の食べ物の恨みと言うのはなかなか根強くて妹のことを思いっきり怒った。

妹:おにいちゃんごめんなさい。
俺:お母さんに言いつけてやる!
妹:いやー、ごめんなさい。何でもいうこと聞くから。
俺:そんなにお母さんに言われるのは嫌なのかよ!

お母さんは躾に厳しくて人のモノを勝手に食べるとめちゃめちゃ激怒した。
あれこそ、鬼と言ってもおかしくないくらい怖かったし妹がお母さんを怒らせたくないという気持ちもわかった。
何でも言うこと聞くっていってるし、それならまた何か買ってもらった時にもらえばいいかなとこの時は考えていた。

俺:わかった、お兄ちゃんの言うことは絶対だからな!
妹:うん、ごめんなさい。

子供のケンカなのでこんなもんで仲直りできた。
でも、この出来事をきっかけに妹にイタズラすることを考えるようになった。

初めて妹にイタズラっぽいことをしたのは、女のおしっこしている姿を見たいと思った時だった。
確か、俺が小学校5年生になって保健の授業が始まった時だったと思う。
男はチンコからオシッコ出すけど、女がどうやってオシッコ出すのかわからなかった。

クラスの男子の中で一番ませたやつが「女にはチンコがないんだぜ、おマンコがついているんだ!」と教えてくれた。
彼におマンコについて教わってから女のおマンコのことが気になって、クラスの仲がいい女子におマンコ見せてと何度もお願いしてみた。
もちろん、女子たちは「変態!」と言って俺の事を軽蔑した眼差しで見てきたし、俺の願望を聞いてくれる人がいなかった。

そこで、俺は家に帰ってから妹に「おマンコ見せて」とお願いした。
初めはすごく嫌がった妹だったけれど「お兄ちゃんの言うことは絶対だろ?」とふざけ半分で言ったら、両親がいない時に俺の目の前でズボンとパンツを脱いだ。

そして、俺の目の前で下半身だけ裸になって立っておマンコの割れ目を見せてくれた。
俺が割れ目を広げてみると中にはピンク色のモノが見えた。
広げた瞬間におしっこ臭がしてきて、何か普通に興奮してしまった。

その後、妹を椅子に座らせて足を広げさせた。
すると、小さいながらもおマンコの穴とクリトリスが見えた。
妹に「どこでおしっこするんだ?」と聞くと、おマンコを広げておしっこの穴を見せてくれた。

その後、俺は妹のおマンコを舐めてみた。
おマンコを舐めたかったわけじゃないけど、単純に興味本位で舐めたんだと思う。
何か微妙にしょっぱいっていうか微妙な味だったけれど、初めておマンコを舐めた時にチンコがすごく痛くなったのを覚えている。

妹は「えーなに?くすぐったいよぉw」って笑っていた。
まだ性に目覚めていない妹はおマンコを舐められても感じてはいなかった。
この時は軽くおマンコを舐めるだけでやめた。

この出来事以降、俺は何となくおマンコを舐めたくなれば無理やり妹のパンツを降ろして好きな時に舐めていた。
妹が寝ているときにパンツを脱がして無理やり足を広げてペロペロしたり。
妹が学校から帰ってきてからトイレに行く前に、俺の目の前でパンツを脱がせておマンコを舐めたり。
俺は妹のおマンコの味を覚えて興奮するようになり、おマンコを舐めながらチンコをしごくようになった。

俺が中学生になる頃には妹も性に目覚め始めて初潮を迎えていた。
生理の時はさすがにおマンコを舐めれなかったけれど、以前よりも妹のおマンコを舐めることが多くなっていった。
たぶん、朝、昼、夜と毎日3回ずつ舐めていたと思う。
妹もおマンコを舐められると感じるようになっていって、妹は二人きりになると妹自らパンツを脱いで足を広げて舐められるのを待つようになった。

おマンコを舐められて気持ちよくなるようになった妹は自然な流れで俺のチンコに興味を持つようになった。
親がいない時は常にエッチなことをするようになって、妹はチンコをしゃぶるようになり俺はひたすらおマンコを舐めた。
妹の口の中に何度も射精したし妹は俺の精子を顔色変えずに飲んでいた。

俺:なぁ、精子って不味いって聞くけど?
妹:ううん、おいしいと思うよ。

妹が毎日フェラやシックスナインで抜いてくれたので、俺は性欲がたまることはなかった。
たぶん、これが原因で中学生になっても妹以外の女性に興味を持たなかった。
しかも、クラスメイトが夢見るように女性のことを話しているのを聞いていつも心の中で笑っていた。

もし、妹がエッチなことをやらせてくれなければ、俺も彼らの仲間に入って女性のことを神格化させてありえない妄想をしていたのだろう。

俺と妹の関係はセックスするまでにはならなかった。
本当はセックスしたかったし妹の処女を奪いたい気持ちもあったけれど、さすがにそこまでやってしまえば鬼畜すぎると思い踏みとどまった。

でも、高校を卒業する頃になっても毎日お互いの性欲処理だけは続けていた。
妹が生理の時はチンコをしゃぶらせて朝と夜に精子を飲んでもらっていた。

俺は大学生になってからさすがに彼女を作らないとヤバいかなと思ったのだが、妹は俺が彼女を作るのを許してくれなかった。

妹:お兄が彼女作ったら私との関係をばらすからね!
俺:ちょ、俺に逆らうのかよ!?
妹:お兄のおチンチンのことは私が一番知っているんだから!
俺:はぁ・・・。

軽い気持ちで妹にイタズラしたつもりだったのだが、逆に妹から束縛されるようになるとは思わなかった。
妹は高校生になっても社交性がないタイプでほとんど友達を作らなかったし、もちろん彼氏もできなかった。
妹にとって気楽に話せてエッチなこともできる相手が俺であり、もしかしたら兄と言う感覚を超えて恋人感覚になっていたのかもしれない。

大学を卒業して俺が結婚相手を連れてきても妹との関係は終わっていなかった。
両親は結婚に賛成してくれたけど、妹はずっと意地悪を言って結婚に反対した。
俺は何度も妹を説得したけれど、最終的に妹はとんでもないことを言ってきた。

妹:お兄!私ってまだ処女なんだよ?わかってる?
俺:あぁ、知ってるよ。いい人見つかって早く経験できたらいいな~。
妹:何言ってるの?私を大人にするのは・・お兄の最後の仕事じゃん。
俺:・・マジかよ。

妹とセックスをしたら結婚を認めてくれるというので、俺は恋人にばれないように妹とラブホに行った。
そして、いつものようにシックスナインをやってお互いの敏感な部分を刺激し合ってすぐにセックスをする準備ができた。

俺:痛かったら言うんだぞ~。
妹:だいじょーぶ!

妹はかなり余裕そうな笑みを浮かべていたけれど実際にチンコを挿入したら一瞬で固まった。
おマンコにはすぐ先端だけ入ったけど、その後はなかなか進まなかった。
多分、シックスナインの時に指を入れて攻めていたから先端ぐらいは簡単に入ったんだろう。

少しずつ腰を押し付けて中に入れようとしたのだが、少しずつ妹の表情が歪んだので途中でやめた。
それでも、妹は「ちゃんと最後までやって!」と言ってきたので、俺は遠慮なく一気に膣の奥まで押し込んだ。

明らかに痛がっていたし途中から軽い出血が見えたので妹のことが心配になった。
何回も「大丈夫か?」と声をかけてみたら、「やっぱりやめる・・・」と妹は言った。
俺はチンコを抜いて妹と一緒にシャワーを浴びた。
これで恋人と結婚して幸せな家庭を作れると思ったのだが。

 

結局、俺が結婚した後も妹の関係は続いている。
初めてのセックスの時は妹はギブアップしたけれど、今では俺のチンコで何回もイクようになったし求めてくるようになった。
しかも、最近では中出しを求められるようになったし「お兄の赤ちゃんが欲しい!」とまで言われるようになった。

今となっては妹を性奴隷のように扱ったことを後悔しています。
妹が他の男性とエッチをするって思うと複雑な気分ですが、お互いのためにも早く妹には彼氏を作ってもらい結婚してほしいです。

ちなみに、妹は現在28歳になりますが年齢=彼氏なしの非処女です。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
兄として自分が先にあっさり結婚するのはどうかと思うよ?

コメントを書く