【近親相姦】睡眠導入剤を服用してる妹の相談に乗るふりして…(体験談)

閲覧数: 3,010 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

【近親相姦】睡眠導入剤を服用してる妹の相談に乗るふりして…(体験談)

俺は会社員の25歳。実の妹と義理の妹がいる。
義理の妹とは仲がいいが、実の妹とはあまり話さないし仲もそんな良くない。

今回は実の妹の話だか、歳は21歳身長165センチ、胸はDカップ(ブラで確認)。
名前はゆう、生意気な性格で負けず嫌いだ。

ある日、仕事から帰ってきた妹が

「疲れたぁ!明日は休みだから寝る!」

と言ってバッグがら錠剤を取り出した!

「ゆう、風邪でも引いたんか?」

って聞いたら

「はっ?違うし、最近これ飲まないと寝れないの!」

と言われ、睡眠導入剤だとわかり、

「こんなもん飲んだら疲れ取れないぞ!」

と薬を取り上げたら、いつもなら反抗するのにその日は違い、少ししょげた感じで、

「だって、昼勤と夜勤のシフトにまだ慣れないし、寝たくても寝れないんだもん」

って少し半泣きっぽくなってきたので、

「久しぶりに呑むか?愚痴なら聞くし、ただもうこんな時間だから俺の部屋で呑むしかないけど」

ゆうは

「うん、少しなら・・・」

と言ってゆうはパジャマに着替え、俺の部屋に行って2時間くらい愚痴を聞き、ゆうが

「今日で最後にするから薬、返して」

と言うので

「あまり考え込まないで、少しは相談しろよ!」

と言って薬を返した。

薬を飲んだらまた愚痴を喋り始め、俺は

「もうこんな時間だから寝よう」

って言ったら、ゆうに

「お兄ちゃんが愚痴聞くって言ったんだからちゃんと愚痴聞いてよね!とことん聞いてもらうよ!」

と言って俺のベットを占領し、また喋り始めた。

しかし数分後、ゆうが静かになり、肩を揺すってもスースーと寝息を立てて寝てしまった。

なんなんだよ、散々愚痴って寝るんかい!と思いつつゆうにタオルケットをかけた。

その時ゆうの胸元に目が行き、これだけ愚痴を聞いたんだから少しはいいよな・・・って、ゆうのパジャマの上から胸を触ってみたがあまりよくわからなかったので、パジャマのボタンを取って、驚き!ブラが前ホックだ!

俺はドキドキしながらホックを外した。

すると、今までホールドされていたゆうのおっぱいがブラを弾き、ブルンッ!と揺れながら現れた。

ゆうが洗濯で出したブラを見た時にDカップと書いてあるのは確認していたが、そのおっぱいが今目の前にある!

形は綺麗で、乳輪が少しプックリしているが、乳首は綺麗なピンク色をしている。

もう俺のちんこはギチギチに勃起していて、ゆうのおっぱいを鷲掴みにし、乳首を舐めながら片方の手でちんこをしごいた。

続きを読む(【近親相姦】睡眠導入剤を服用してる妹の相談に乗るふりして…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く