排泄の瞬間が続くようなアナルセックスの快感に目覚めた私…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

排泄の瞬間が続くようなアナルセックスの快感に目覚めた私…(体験談)

私には、アブノーマルなプレイをするための、いわゆる”セフレ”がいる。
ネットで知り合ったセフレの彼とは、月に1~2回の頻度で逢い、お互いの希望も踏まえ、いつも3時間程度のプレイを愉しんでいる。

つい先日、私達はアナルセックスに挑戦する事になった。
私にとっては初めての経験になるが、彼は2回目だという。
1回目のお相手は、あまりの快感にヨダレを垂らしながらイッたそうだ。
その様子を想像し、私もつい期待してしまう。
アナルセックスの経験はなくても、お尻の穴をいじられた事は何度もある。
大抵はクリトリスへの愛撫や、ペニスの挿入に伴うものではあったが、私はその行為が決して嫌ではなかった。

指の先を挿入された時にも、案外すんなりと受け入れる事ができていた。
「大丈夫か~?指とチン○じゃ、太さが全然違うぞ~」と、彼は笑いながら私を脅かしたが、私にはアナルセックスに対する恐怖心や不安感は殆どなく、初めての経験に好奇心や期待感を持っていた。

私達は、いつも決まったラブホテルで逢っていた。
部屋の壁が薄く、隣室の声が筒抜けのこのホテルは、アブノーマルなプレイにはうってつけだ。

この日も昼間だというのに、隣室からは激しい喘ぎ声が聞こえてきた。
女子高生?と思えるような幼く高い声が「だめっ…だめっ…」と訴えている。
否が応でも気分が盛り上がる私達。
シャワーもそこそこにプレイを開始した。

ベッドの上に四つん這いになった私のお尻を、彼は両手で握るように押さえると、左右に大きく開いた。
私のおま○こや肛門が露わになる。

「おま○こ、もうグチョグチョじゃん…」
彼はそう呟くと、私のお尻に顔を埋めるようにして、おま○こにむしゃぶりついた。

そして、ビラビラの間に舌を潜り込ませると、素早くクリトリスを見つけ舌先で転がした。
「ぁっ…ぁぁん…」思わず声が漏れてしまう。
快感のため背中を弓なりに反らせると、四つん這いになった内腿を熱い液体が伝った。

どうやら、愛液がおま○こから溢れ出てきているらしい。
「あぁ~我慢できねぇ…」
彼はペニスの先をおま○こに擦りつけた。
「クチュクチュ…」というイヤラシイ音が部屋に響く。

彼は、私の愛液を自分のペニスに塗りつけると、その先を私の肛門にあてがった。
「いいか、大きく息を吸ったら、ゆっくり時間をかけて吐き出してごらん」
いよいよだ…私は彼の言葉に黙って従った。

続きを読む(排泄の瞬間が続くようなアナルセックスの快感に目覚めた私…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く