【近親相姦】精子を飲みたがる姉…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【近親相姦】精子を飲みたがる姉…(体験談)

姉は企業向けのコンサルタント会社に勤めている。
小さな会社で、忙しそうで、週末は家でも資料を作っていて、納期の前夜は徹夜もしているようだ。

先々週も、土曜なのに一日中パソコンを叩いて、資料を広げたり、携帯をかけたりと忙しそうだった。
彼氏はいるが、可愛そうに秋に転勤して、遠距離って程でも無いが、そうめったに会えないようだ。
その分、家での仕事も多くなったようだ。

その晩、俺が寝ていると、姉に起こされた。
部屋の電灯もついていた。

いきなり起こされて、何か大変な事でもあったのかと思い、眩しさで目をパチパチしながら起き上がると、姉はいきなり、

「ねえ、セイシちょうだい!」と言ってきた。

俺は何を言ってるのか理解できずに聞き返した。

「ユウちゃん(俺)の精子が欲しいのよ!」

「え!?『精子』って、まさか、これのこと?」俺は股に手を当てて言った。

「そう」

俺の考えは飛躍し、仕事関係で精子のサンプルが必要なのか、それとも、我が家に万一の事があった場合に備えて「精子バンク」に登録を薦めているのか、などと考えた。

「な、なんで?」俺は聞いた。
すると、答えは全然違った。

姉によれば、以前、彼氏とHしてザーメン飲んだら、すごい元気が出て、仕事もはかどったとのこと。
別の機会に精力剤(「リポD」みたいなの)を飲んだけど、気持ち悪くて、激しく下痢をしてしまい、こりたそうだ。

自分には天然モノがあっていて、以来、「ここぞ」という仕事がある時期は、よく彼氏のザーメンを飲ませてもらっていたらしい。

今も、ザーメンが必要だが、前後10日くらいは、彼氏に会える見込みは無いから、代わりに俺ので良いから、ザーメンを飲ましてもらいたい。
という要望であった。

「えっ、そんな〜」
医学的には怪しいけど、心理的な効果があるかも?
その点では筋が通った要望で、姉は嫌いではないから、助けてやりたい気持ちはあった。

でも、さすがにそれは勘弁して欲しいと思った。
姉妹のいる方ならお分かりと思うが、例えると姉から「ウンコを出して持って来い」と要求されているのと同じ発想だ。
だから、否定的な返答になった。

「お願い!」
姉もやっぱり(性的な恥じらいではなく)恥ずかしい事だと分かっていたから、必死なようだ。
俺はまだ気乗りせず、適当な答えをした。

「そんな事言われても…。そんな、出ないよ…」

「どうして?」

「実は、まだ出せないの、俺」

「うそ〜」

俺が自分の彼女とHしてるのを姉は感づいているし、この歳になって「精通がまだ」とは見え透えた嘘だ。

「うそばっか言って!シコってるでしょ。パソコン見ながら。あのティッシュは何?」

オナニーで捨て忘れたティッシュの塊が、たまたま机の上に置きっぱなしになっていた。

続きを読む(【近親相姦】精子を飲みたがる姉…(体験談) )
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く