【アナル】病弱な娘に小さい頃から座薬を入れ続けた結果・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】私はアナル好きなのですが、まさか娘まで・・・

小学校から病弱でよく熱を出していた娘に座薬を入れて熱を冷ましていた投稿者女性。しかしある時から座薬を入れると娘が変な反応をするようになり・・・。(2677文字)

【アナル】病弱な娘に小さい頃から座薬を入れ続けた結果・・・

私は40代の主婦です。
20年前に結婚して1年後に女の子を授かりました。

娘は小さい頃から体が弱くて1か月に1度のペースで風邪を引いていました。

娘の咳き込んでいる姿や熱を出して苦しそうにしている姿を見ると私自身辛かったです。
38度以上の高熱が続いた時はいつも娘のそばにいて、タオルで全身を拭いたり汗で濡れた下着やパジャマを着替えさせていました。

私も旦那も娘のことを本当に大切に想っていましたし丁寧に子育てをしたと思います。
普通の女の子になって普通に恋をして、大好きな人と結婚してほしいと思っていました。

でも、親の想いと言うのはなかなか届かないものだと大人になった娘を見て思いました。
娘が風邪を引いて高熱を出した時に私はいつも座薬を使って熱を下げていました。
当時は、熱を下げるための特効薬が座薬と言われていました。
38度以上の高熱が出たらすぐに使用用途をしっかり守って一日に決められた回数使っていました。

娘が小学校低学年の時はなかなか座薬が入りませんでした。
娘のお尻の中に入れようとしてもお尻の穴が頑なに拒みましたし、少しでも力を入れようとすると娘が痛がりました。

娘:お母さん!座薬やだ~、シロップ飲むからやめて!!!
私:座薬が一番早く治るから、早く元気になって学校に行きましょ。

私はいつも娘をなだめながら座薬を入れました。
初めはお尻の穴に座薬が入っても押し返されることがあったので油断できませんでした。
娘のお尻の中に座薬が入ってお尻の穴がしっかりと閉じるのを確認してから、ぬるま湯につけたタオルでお尻や娘のアソコを拭きました。

風邪を引いている間はお風呂やシャワーに入れていなかったため、お尻もアソコも汚れていることが多かったです。
特に、アソコを指で広げると中にカスやトイレットペーパーの残骸がこびりついていることが多く、それらをタオルできれいにふき取りました。

娘:きゃっ、くすぐったい~。そんなところ自分で拭けるよぉ~w
私:具合悪いときはいっぱい甘えなさい、早く治して元気になろうね。

初めは普通に娘をなだめながら座薬を入れていたのですが。
娘が小学校高学年になる頃からちょっと様子が変わりました。

確か、座薬を入れる前に娘のアソコとお尻の穴をタオルで拭いたことがあったのですが、この時は娘の様子がいつもと違いました。
私がタオルで丁寧に拭いていると娘から拭き方や拭いてほしい場所のリクエストをされました。

娘:全体を丁寧にゆっくり拭いてほしいな~。
私:はいはい、甘えん坊さんですねw
娘:お母さんがいっぱい甘えなさいって言ったんでしょ~!

以前よりも、アソコやお尻の穴を拭くことに時間をかけるようになりました。
何か、丁寧に拭いてもらうと風邪の辛さを忘れることができると言ってましたが、私にはよくわかりませんでした。
また、この頃から座薬を入れる前に小指を入れるようになりました。
初めに小指を入れたほうがお尻の穴が拡がりやすく、座薬が入りやすくなって娘も全く痛がらなくなりました。

娘:ちゃんと入った?指なのか座薬なのかわからない時があるよぉ
私:しっかり入ったから良くなるよ!

座薬を入れた後にお尻の穴が何回も閉まったり緩まったり、ちょっと気になる動きをしていました。
手で顔を隠していたのではっきりとは見えませんでしたが、気のせいか娘の表情を見ると気持ちよさそうでした。

実は私自身お尻の穴で感じるタイプで・・・。
旦那はアナルセックスが大好きなちょっと変態っぽい性癖を持った人でした。
私がアナルの快楽の虜になったのは旦那とアナルセックスを始めてからなので、ちょうど成人した頃だと思います。
それまでは、付き合った人にお尻の穴を触られても気持ちよくなかったし激しく拒んでいました。

娘の反応を見ているとこの若さでアナルで感じる快楽を覚えてしまったように見えました。
座薬や小指を入れるだけでアナルの快楽を覚えるなんて、私の変態性癖が遺伝してしまったのかもしれません。

そこで、この出来事をきっかけに座薬を使うことをやめることにしました。
娘は風邪をひくたびに以前よりも座薬を求めるようになりましたが、それでも何とか理由を付けて錠剤の解熱剤を飲ませました。

汗かいて気持ち悪いと言われたのでタオルで全身を拭くのは今まで通り続けました。
ただ、以前よりもお尻の穴やアソコを拭くと敏感に反応するようになっていました。
アソコの穴は白く汚れるようになりましたし、性感に目覚めてきているとこの時にはっきりとわかりました。

娘が中学2年生になった時に一人で乱れている娘を発見しました。
私が仕事から帰ってきたときに娘の部屋から声が聞こえてきたので、ただいま~と言って声をかけたつもりだったのですが。

娘はお尻に子供が食べるような小さめの魚肉ソーセージを入れてオナニーをしていました。
ちょうど小指から人差し指ぐらいのサイズだったと思います。

娘は目が合ってからすぐに布団を被り誤魔化そうとしていました。
でも、私は娘を起こしオナニーをやめさせてどうしてお尻に魚肉ソーセージを入れたのか聞きました。
すると、お母さんが座薬や指を入れた時に気持ちよさを覚えたと言ってました。
友達からオナニーのやり方を教わり、もっと気持ちよくなりたくてお尻に魚肉ソーセージを入れたと白状してくれました。

私:でも、お尻はダメ。お尻はうんちするところだからね。
娘:だってぇ、気持ちいいんだもん。一番お尻が気持ちいいもん。

普通の親子ならこんな話は絶対にしませんよね。
お尻が一番気持ちいいのは私もわかっているから、どうしても娘を説得することができませんでした。
結局、オナニーはほどほどにしなさいということで話は終わりました。

現在、娘は21歳になり結婚して子供を妊娠中です。
妊娠中に激しいセックスをするのはよくないのですが、娘夫婦は夜中になるとかなり激しくプレイしているようです。
私に似た娘の快楽に溺れた喘ぎ声を聞いていると、きっとアナルセックスで快楽の虜になっているんだなと思います。

娘の喘ぎ声に触発されて、最近までセックスレスだった旦那が再び私のアナルを求めてくるようになりました。
しばらく落ち着いていた私の性欲はアナルセックスによって掘り返されてしまい、狂ったように私も喘ぐようになってしまいました。

先日、娘のお腹の子が女の子だとわかりました。
せめて、ノーマルな性癖をもって生まれてくるように孫にはお願いしたいです。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
何で一緒に住んでんの?

コメントを書く