【寝取り】憎い兄の婚約者に中出ししまくった結果・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】憎い兄に復讐する絶好のチャンスがやってきた・・・

人前でいい顔して陰でイジメてくる兄が大嫌いだった投稿者。やがて大人になり、結婚を反対されたりと兄への憎悪は募るばかりだった・・・。(3231文字)

【寝取り】憎い兄の婚約者に中出ししまくった結果・・・

俺には二歳年上の兄がいる。
兄とは昔から仲が悪くて小さい頃からいつもいじめられていた。
2歳も離れていたらかなり体格差が合ったし、喧嘩が始まると必ず俺がフルボッコにされて負けていた。

常に俺と仲が悪かった兄は親の前ではいい人になり八方美人タイプだった。
この兄の性格がめちゃめちゃ気に入らなくて、いじめられた恨みをいつかは倍返しにしてやると心に誓った。

大人になってから先に結婚したのは俺だった。
結婚する前に、家族に嫁を紹介して結婚を認めてもらおうと全員に頭を下げた。
でも、兄は嫁に対して何だかんだいちゃもんを付けて簡単には結婚させてもらえなかった。

我が家には暗黙のルールがあって、家族全員が結婚を認めないと結婚が許されなかった。
結婚前の俺は好きなもの同士自由に結婚していいじゃんと思っていた。
でも、親から家族ぐるみの付き合いになるから全員の許可が必要と言われた。

兄は俺の結婚を散々邪魔したし嫁も兄のことを嫌っていた。
必ず、意地悪な兄に3倍返ししてやると再び心に誓った。

そして、兄が30代後半になった時に3倍返しするチャンスがやってきた。
兄が結婚相手を連れて全員に紹介した。
両親はすごく嬉しそうに話していたが、俺は兄の嫁に対して目も合わせなかったし話もしなかった。
そして、二人が外に出るときに「結婚は何があっても認めないからな」と捨て台詞を吐いた。

その後も、兄は結婚相手を連れてきたが俺はトコトン無視した。
ちなみに、俺も兄も実家から少し離れた場所に住んでいて家族で集まるときは必ず実家に来ていた。

兄の嫁は俺が結婚を認めないことに相当不満を抱いていた。
兄と実家に来た時に「どうして意地悪するのですか?」と俺に言ってきた。
俺は「兄がいるときは教えられない」と言って、俺は彼女と連絡先を交換した。

そして、数日後に彼女と会って俺と兄の過去について教えた。
すると、彼女はなぜか謝りだして「それでも私は結婚したいの、お願い」と言ってきた。
そんなこと言われたって俺からすれば全然関係ないし、相手にする気は全くなかった。

でも、毎日のようにしつこくメールを送ってきて何度も結婚認めてと言ってきた。
あまりにも腹が立ったから「兄貴同様に俺の事も愛してくれたらいいよ」と無茶振りメールをした。

さすがにこれでおとなしくなってくれるだろうと思っていたら「一度・・一度だけなら」と言う話で、なぜか一度だけ俺を愛してくれることになった。
兄貴の大事な女を奪うっていうのも最大の復讐になっていいかもと思い、俺は次の仕事の休みに彼女を連れてラブホに行った。

そして、俺は裸になってベッドの上に大の字になって寝た。
「愛するってことは何をするかわかってるんでしょ?」と兄の嫁を挑発すると彼女は何も言わずにチンポをしゃぶり始めた。

俺は普通に彼女が上に乗って軽くセックスして終わると思っていた。
それが、なぜかチンポをしゃぶってご奉仕を始めてきたからびっくりした。
しかも、思った以上におしゃぶりテクが上手いし普通に気持ちよかった。

兄にしてはなかなかいい女を見つけてきたと思った。
彼女のフェラでチンポがでかくなったので何も言わずに大の字になっていると、彼女は全裸になってそのままチンポに跨って騎乗位で入れた。

普通ならゴムを付けると思うんだけど全くゴムを付けなかったし、この女はどこかねじが抜けているのだろうか。
おっぱいの弾力は意外と良かったし乳首も形が整っていて程よい大きさだった。

起き上がってから彼女のおっぱいを軽く舐めてから軽くチュッと吸ってみた。
彼女は一瞬全身をビクッとさせて、おマンコもキュキュッと締め付けてきた。

彼女のおマンコの締め付けは結構いい感じで軽く腰を振っただけでもちょっとイキかかった。
兄と彼女が結婚すれば今回のことをネタにしてセフレのように扱えそうだし、彼女はちょっと頭が弱そうな感じだったのでうまく利用できそうな気がした。

だから、俺は彼女に俺のチンポの味をしっかり覚えさせるためにガンガン激しく突いた。
始めは彼女が上だったけど、次は俺が上になって正常位で激しく突きながら何度もキスをした。
ワンワンスタイルで後ろからパコパコした時は何度も尻を叩いて、好きなようにおマンコの中をグチャグチャとかき回した。

好きなだけ彼女のおマンコの中を堪能していたら、なぜか彼女の目がだいぶ虚ろになっていた。
彼女を激しく突くことばかりに夢中になっていたため、彼女がどんな風に感じていたのか全く見ていなかった。
でも、息遣いを荒くしながら虚ろな目になっていたのでかなり感じていることが分かった。

尻を叩きながら後ろから激しく突かれるのが一番感じるらしく、彼女は声を漏らさないように必死に我慢していた。
でも、声は我慢できてもおマンコの締まりはどうにもできないらしく何度も激しく締めたり緩めたり動きが激しかった。
俺が椅子に座って彼女をその上に乗せてから耳元で「俺の上でイッたら結婚認めるよ」と耳打ちした。

すると、今までイクのを我慢していた彼女は急に力が抜けたようで腰をガクガク震わせ始めた。
今までずっと我慢していたから相当気持ちいいらしく大きな声で激しく喘ぎ始めた。

腰の振り方が異常なくらい激しかったし、その後数分もしない内に彼女は絶叫をあげてイッた。
全身をガクガク震わせながら絶叫をあげている彼女には結婚のお祝いに中出しと言う精子のプレゼントをした。
彼女は中出しについて気づいていなかったけど、彼女が激しくイッているときにばれないようにこっそり射精した。

そして、その後も彼女にチンポをしゃぶらせてしっかりご奉仕をさせた。
おマンコのドロドロがたっぷりついた汚れを彼女の舌できれいにしてもらい、再び彼女の口を利用して思いっきり気持ちよくしてもらった。
10分後には、二回目の射精を彼女の口の中で迎えこの日のエッチは終わった。

普通に考えれば結婚をする前にこんな兄弟がいる人と結婚したくないと思うのだが・・・。
彼女は結婚できると何度も言いながらすごく喜んでいた。

その後、1か月弱で兄貴と彼女は籍を入れた。
普通に考えればすごくめでたいことなんだけどココで大問題が発生して離婚危機になった。
その問題と言うのは、嫁さんの妊娠だった。

ちなみに、俺は兄貴と血液型が同じなので仮に俺の子供を妊娠していても問題ない。
家族の前で「彼女と離婚する」と言った兄貴に対して、俺は「そこまでする必要ないだろう?結婚する前からエッチぐらいしてただろう?」と話しかけた。

本気で兄貴を心配するふりをして心の中で笑っていたんだが、兄貴の口から衝撃的な事実を教えられた。
兄貴も嫁さんも30代後半なので子作りに関しては真剣に悩んでいたらしい。
さらに、兄貴の精子を調べたら不妊治療が必要なことが分かったらしく、しばらくは子供ができる可能性はほぼ0%に近かったらしい。

そんな状態でもセックスはしていたらしいのだが本来なら子供ができるわけがなかった。
ところが、嫁が妊娠してしまったから兄貴としては相当パニックになったらしく離婚しようと決意したらしい。

俺は兄貴を必死に説得した。
兄貴に俺の子供を育ててもらうのも面白いプランだし、最高の復讐になるから絶対に実現したかった。

ありえないくらい兄貴のことを褒めて嫁とうまくいくように懸け橋になった。
俺が何度も一生懸命彼らの橋渡しになって、これから家族ぐるみで楽しくやっていこうと話したら、ついに兄貴は嫁とずっと一緒に居ると決めた。

この時、マジで心の中で笑いが止まらなかった。
俺はエロエロな兄の嫁をセフレにすることができて、妊娠中も定期的にあって肉棒をご奉仕させた。
兄の嫁が子供を産んだ後は二人に俺の子供を育てさせて、俺は兄の嫁と好きなようにセックスしまくった。

まだまだ、これから復讐が楽しくなりそうだ。

 

管理人の戯言(´・ω・`)

コメントを書く