【レイプ】スーパーの帰りに男二人に中出しされた主婦…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

rape

もう遠い記憶の話です。
当時の私はまだ27才で結婚して2年目の新妻でした。

結婚後すぐに夫が転勤になり、東京からM県の地方都市に引越しました。
駅からちょっと離れると住宅もポツンポツンとしか点在していない静かなところにマンションを借りていました。

その日、私は数キロ離れたスーパーに自転車で夕飯の買い物を終えて帰る途中でした。

帰り道は車道の横に歩行者用の狭い道路があるのですが歩行者がいると自転車は通りづらいので、その車道に沿うように昔の農道が脇を通っているので、私はそちらを通って帰路を急いでいました。

その農道を自転車で颯爽と走っていると、ちょうど真ん中あたりに老朽化して使われていなかった集会所があるですが、その前にグレーの作業着姿の2人の男が立っているのがわかりました。

私が別段気にすることもなく通り過ぎようとしたとき、その作業着姿の2人が通せんぼのように立ちはだかったので、私はブレーキをかけて自転車を止めました。

すると年齢は30才前後で当時の私とそれほどかわらない感じの茶髪の男が、

「いきなりすいません。今度この集会所が取り壊されるですけどね…ここ通った人に中にある備品で何か欲しい物があれば引き取ってもらってるんですよ。ちょっと見て行ってもらえませんか?」
と声を掛けられました。

「はあ、そうなんですか?何かもらってっていいんですか?いい物ありますかね?」
と素直に聞いてみました。

「ありますよ。油絵とか花瓶とか…ソファもありますよ」
と言われました。

「じゃあ、ちょっと覗いてみようかな!?」
「どうぞ、どうぞ。案内しますから…」
と言われ、私は自転車置き場に自転車を置いて、茶髪の男について集会所の中に入りました。

もうひとりはがっちりした体格の男で何も言わずに私の後について来ました。
集会所の中に入ると薄暗く埃臭い陰気な感じがしました。
事務机がいくつか並んでいて、ソファがありました。

そしてなぜか奥にマットレスのようなものが床に置いてありました。
私は薄気味悪いし何となく嫌の予感がしたので、備品をもらうのをお断りして出ようかと思った瞬間、後ろの体格のいい男に羽交い絞めにされ、奥のマットレスに放り投げ出されました。

そしてその体格のいい男に私は両腕をつかまれ、茶髪の男にスカートを捲くられ足をバタつかせながら大声を出して抵抗しましたが、夕闇で人の通らない農道の使われなくなった集会所では誰も気が付いてくれるはずもありません。

続きを読む(【レイプ】スーパーの帰りに男二人に中出しされた主婦…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く