【レイプ】98キロの巨漢の俺が弟の幼な妻に欲情した結果…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

debu

先日、弟の嫁の麻緒が来た。
おふくろの着物をやるからと以前から話してたのだが、その着物を受け取りに実家に1人で来ていた。

麻緒はまだ22歳。
弟は末っ子で30歳。
8歳も年下の若い嫁をもらって羨ましいと以前から思っていた。
ちなみに俺はもう46歳になる・・・。

弟の嫁は清純を絵に描いたような女で、地元女子高を卒業して地元の小さい会社に勤めていた。
純粋と言うか世間知らずで、人を疑う事を知らない本当に可愛い女だった。

麻緒に着物の他に、漬け物や毛布など色んなものをたくさん持たせてしまい、とても持って帰れる量じゃなくなったので、ここから30分ほどかかる町まで車で送っていく事にした。

夕方になっていたので、道中の峠に入った時はもう外は真っ暗だった。
俺は助手席に座っている麻緒の細くて白い脚をチラチラ見ながら、弟の話とか夜のセックスのことも聞いてやった。

「早く子供作れ」と説教すると、麻緒は「頑張ってはいるけど、出来ないんです」と申し訳なさそうに話し始めた。

「弟とのセックスでイクことが出来るか?」

聞くと恥ずかしそうに黙っているので、「子供を作るのにはイクのは大事なことなんだ」と念を押して、もう一度聞いた。

「実はまだ、イクってよく分からないんです・・・」

消えそうな声で麻緒は答えた。

「弟の他に男性経験は?」

「そんなのあるわけないです!」

少し声を荒げて否定したことで、俺に中で火が点いた。
俺は山中の人気のないところに車を停めると、「麻緒、ションベン」と言い残して外に出た。

ションベンをして戻ると、麻緒が後部座席にある荷物の崩れを直していた。
脚を拡げ、太股を覗かせて後ろを向いている姿に興奮した。
俺は思わず麻緒のワンピースを捲りあげ、下着に無理やり手を入れた。

「あっ、いやっ!義兄さん・・・やめて!」

驚いて暴れる義妹のパンティを引き裂くと、シートに押さえつけた。

「暴れるな!何もしない・・・しないから・・・」

嘘をついて抵抗を押さえると、麻緒は大人しくなってガタガタ震えていた。

俺は180センチ、98キロと巨漢なので、義妹を押さえつける事など赤子の手をひねるより容易かった。
指で2度イカせ、ぐったりしてる義妹に覆い被さり、いきなり挿入してやった。
声も出せずに涙が流れていて悪い気がしたが・・・止められなかった。

続きを読む(【レイプ】98キロの巨漢の俺が弟の幼な妻に欲情した結果…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く