【初体験】童貞捨てたくて出会い系やったら音楽の熟女教師が来た結果・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】いつも厳しくエッチとは無縁に見えた女教師が・・・

投稿者男性が高校の時、友人たちと童貞を捨てるために出会い系で熟女を狙うことにした。周りが次々に熟女で童貞を捨てる中、投稿者も熟女をゲットしたのだがやってきたのは音楽の年増女教師だった・・・。(2718文字)

熟女教師に筆おろしされた

俺が高校生の時に出会い系サイトが流行った。
同じ年代の女の子たちが援交目的で書き込みをし、掲示板を派手に賑わせていたのを覚えている。

ちなみに、男子高校生にとってはとにかくエッチがやりたくて仕方がない時期。
誰かの家に男友達全員で集まりどうやれば簡単にエッチできるかよく話し合いをしていた。

イケメンであれば多少ブスな女が次々にコクってくるので、そいつらを食いまくることができるがブサメンにとってはなかなかエッチできない。

金があれば援交オヤジと同じこともできるが普通に金がなかった。
じゃあ、どうすればいいのかといろいろと考えた結果、出会い系サイトで思いっきり年上の女を狙えばいいんじゃねって話になった。

売れ残っている女は焦って簡単に体を許しそうだし、しかもやり慣れてる女だから俺らが好きなだけエッチしても文句言わないだろうw

始めに友達の一人(隆志)が出会い系サイトに登録した。
そして、隆志は数日後に30代女性と実際に会ってきた。

俺たちは隆志にどうなったのか聞いてみた。
すると、隆志は俺たちの前でガッツポーズを見せて3発ヤッてきたと得意気に話してきた。

その後、他の友達も出会い系サイトに登録して年上の女を集中的に狙っていった。
他の奴らも30代または40代のおばさんたちと会ってエッチをやりまくることに成功したんだが、俺だけジョーカー?を引いてしまった。

俺も同じように出会い系サイトに登録して「お母さんぐらいの年代のお姉さんの母性に憧れています」と書き込んだ。
すると、夜中に40代の女性が俺にメールをしてきた。
彼女の名前は美紗子と言って、偶然にも高校の音楽の先生と下の名前が同じだった。

この音楽の先生はかなり性格的にきついしエッチが好きなタイプに思えないので、絶対にこの先生ではないと確信を持っていた。
とりあえず、容姿がイマイチでもエッチできればいいかと思いラブホの前で待ち合わせをした。
いわゆる、即ヤリってやつ。

夜中の0時に待ち合わせ場所のラブホに行くと・・・。
見覚えのある音楽の先生が目の前にいた。
先生はこっちに気づいた途端に俺に向けて手を振ってきた。
どうやら、先生は俺が生徒であることに気づいていないみたいで腕を組んでから一緒に部屋に入っていった。

部屋に入ってから電気を付けて顔を合わせると先生が俺に気づいた。
「・・・ぇえええ???」と驚いた表情でこっちを見ていたが、すでにやる気満々だったみたいで足をモジモジさせていた。
「○○君?年上好きだったのね~」と先生は都合よく解釈を始めて、自然と俺との距離を縮めてきた。

俺は適当に苦笑いで誤魔化していたが、もうすぐやれるというこのシチュエーションに興奮して勃起していた。
勃起に気づいた先生はすぐにズボンの上からチンポを摩ってきて、何も言わずにキスをしてきた。

いつもはすごく厳しい口調で生徒を怒っている先生だったが、この時は何かすごく甘えたような声を出していた。
先生の顔を見なければ声だけでも勃起していたと思う。

40代と言えば完全に母と同じ年代だったが、エッチが始まると普通におっぱいを触ったり乳首を吸ったりして興奮してきた。
実際にエッチが始まってしまえばあまり年齢って関係ないのかなと考えるようになった。

先生はすぐに俺のズボンとパンツを脱がせてチンポにしゃぶりついた。
嬉しそうにチンポの先端を舐めて、シコシコしながらチンポが勃起していくのを見て喜んでいた。

チンポが気持ちよくて少しでもビクビクって動くと、先生は嬉しそうにチンポにしゃぶりつき唾液をたっぷりチンポに垂らして何度も味わっていた。

「先生、そろそろ出そうだから入れさせてよ」と俺は先生にお願いしたんだが、先生はイマラチオ風に喉の奥までチンポを入れて激しくフェラをしてきた。
急に激しい刺激を加えられるとチンポが我慢できなくなってしまい先生の口の中に発射した。

びゅっびゅっ!どぴゅっどぴゅっ!!
俺が先生の口の中に発射するたびに先生は喉を鳴らして精液を飲んでいた。

すべての精液を発射し終わると先生もチンポを離してくれて、そのまま精液を飲んだ口でキスをしてきた。
一発目の射精が終わりぐったりしていると、先生はスカートとパンツを脱いで顔面騎乗してきた。

「先生の愛液・・・いっぱい飲んでいいのよ」と言いながら先生は顔面騎乗して腰を振ってきた。
初めて女性のオマンコの臭いを嗅いだが思っていた以上にいい臭いではなかった。

生臭いというか微妙に酸っぱいというか、でもオマンコを舐めた時の愛液の味は好きだった。
オマンコの穴からは透明な液体がかなり溢れてきて、穴に直接口を付けて何度も愛液を啜った。

俺が愛液を舐めたり啜ったりするたびに先生はエッチな声を漏らして感じていた。
しかも、先生は顔面騎乗の状態でチンポを刺激してくれていたし、かなり気持ちよく攻めてくれた。

先生は濡れ濡れ、俺はフル勃起。
俺はホテルに備えられているコンドームを付けようと思い手に取った。
でも、先生は「生がいいな」と言って俺からゴムを取り上げた。
そして、俺を押し倒してそのまま上に跨ってオマンコの中にチンポを挿入していった。

よく、おばさんのオマンコはゆるゆるって話を聞いたことがあったが全然そんなことはなかった。
先生のオマンコは思った以上に締まるしドロドロになっていたから、中にチンポがスムーズに出し入れされていった。

俺は快感に身を震わせて激しく感じていたし、先生はたまに天井を見上げながら「ぁっ!ぁぁあああああーーー!」と絶叫をあげていた。
同じ年代の女の子とエッチをしていたら、きっとここまでエロいエッチを体験できなかったと思う。

本当ならまだまだ先生の体を味わいたかったんだが、思った以上に気持ちよくてすぐに我慢できなくなった。
「先生、もう無理、マジで出そう!」と言うと、先生は急にチンポを引き抜いた。
そして、激しい手コキをしてくれて最後はさっきと同じように先生の口の中に発射した。

さすがに二発目発射した後はすぐに回復しなかった。
しかも、先生は「明日も学校があるし帰りましょう」と言って一緒にシャワーを浴びてくれた。

先生は丁寧に俺の体を洗ってくれてなんかすごく愛情を感じたというか・・・嬉しかった。
俺も先生の体を丁寧にスポンジで洗って、一瞬だけだったとは思うが本物の恋人のようになれた。

さすがに男友達には音楽の先生とヤったとは教えていない。
適当なおばさんとやってスッキリしたと伝えた。
音楽の授業になると相変わらず厳しそうな表情と声で指導してくる先生だが、この出来事がきっかけになり月1ペースでセフレのようにお互いを求めあった。

エッチに年齢って意外と関係ないもんだよな。

 

管理人の戯言(´・ω・`)

コメントを書く