【レイプ】同じ男に二度もレイプされた女の末路…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

rape

峰岸愛海(ミネギシ マナミ)と申します。
26才、独身。グラフィックデザインの仕事をしてます。
多分端から見れば私は平凡な女だと思います。

でも、実際は深刻な悩みがあります。
セックス中毒です。

初めて告白する、今まで誰にも言えなかった悩み。
ここに記す事ですら、かなりの覚悟がいります。

私は昔レイプされました。
11歳の時で、まだ小◯6年生でした。

夜21時を過ぎている塾の帰り道。
1人で私は徒歩で家路についてました。

家まであと10メートルくらいの所でした。
広い公園の脇を歩いてたら、後ろからいきなり抱き付かれました。

口を手で塞がれながら、胸を触られました。
初めて痴漢に遭って、私は混乱しつつも抵抗しましたが、相手は大人の男性です。
抵抗してもどうすることも出来ないまま、公園の中に引きずり込まれました。

公園は広く、夜遅い時間になるとまるで人の気配が無く、灯りもまばらでかなり暗い場所になります。
大きな公衆トイレがあって、男子側のトイレに連れ込まれました。

男子トイレの、個室に便座が別れたうちの1つに押し込まれ、扉を閉められました。
私の鞄から塾の会員証を見つけられて、私の名前や年齢、住所まで知られました。

男は会員証を自分のポケットにしまいました。
男は小太りで、マスクをしていて人相や年格好は分かりません。

「声を出すな、大人しくしろ。言う通りにしないと殺す…」

そう言われ、私は声を出さず泣きながら、言われるままにするしかありませんでした。
服も下着も、靴下まで脱ぎました。

「壁に手を付いて、お尻を向けろ」

と言われ、洋式の便座を跨いで立って、言われた通りにしました。
私は、自分の裸を触られるだけで済むと思ってました。

早く終わって欲しかったし、触られる程度で済むなら我慢するしかないと思ってました。

私の背後で、男が何か脱いでる気配を感じました。
恐る恐る後ろを向くと、ズボンを脱いで下半身丸出しの男がいて、薄黒いペニスが立ってました。

初めて見たペニスは、子供の自分から見て、まるでコッペパンみたいに見えました。

保健体育の授業もまだで、性的な知識もまるで無かったから、その時はHな悪戯の、更にその続き(性交)があるなんて、知る由もありませんでした。

男は、私のクリトリスを触り始めました。
痛みと痒みが混ざったような、激しい快感を感じました。

自慰行為すら知らなかったし、そんな部位が自分の体にあるなんて知らなかったから、初めて知った快感でした。
それは強烈な快感で、男の指の動きと共に、ビクッビクッと全身に電撃が走りました。

当然、思わず声が出ます。
脱いだブラを、男に口に押し込まれました。
乳首が痛いくらいに勃起してるのを感じました。

乳首を触られて、また快感を知りました。
片手で乳房を、もう片方の手でアソコを、立ったまま後ろから触られてました。

続きを読む(【レイプ】同じ男に二度もレイプされた女の末路…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く