【近親相姦】ズリネタにしていた母にオナニーを見られて…(体験談)

閲覧数: 3,248 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

haha

僕の母親は、昔から近所では結構評判の美人で、よく友達からうらやましがられていました。

中学や高校のときは、僕も特には母親に対して、特別な感情なんか持っていませんでしたが、大学生になって、一人暮らしを始めてから急に母親が恋しくなりました。

最初はホームシックのようなものだと思っていたのですが、いつの間にか母親とのセックスを想像しながらオナニーすることが日課になっていました。

そして、社会人になって3年目の夏。僕は夏休みを利用して実家に帰りました。
母親は、暖かく僕を迎えてくれました。
あまりめったには帰れないので母親もとっても喜んでくれました。

そんな帰省中のある日の昼間。
この日は、ほかの家族は仕事で、家には母親と僕しかいませんでした。
僕が家でゴロゴロしていると、なんとなくムラムラしてきたので「汗かいたからシャワー浴びてくる」と母親に言い残し、シャワーを浴びる振りして風呂場でオナニーをしようとしました。

シャワーの流れる水の音を聞きながら、僕は自分のペニスを激しくこすり上げました。
オカズは当然お母さんです。
そんなとき、急に風呂場のドアが開きました。
そこには母親が立っていたのです。

「えっ?」
僕は、驚いてペニスを握った状態のまま固まってしまいました。
母親は、僕用のボディータオルを持ってきてくれたようで、その手にはそれが握られていましたが、その表情はやはり驚いたものでした。

「ご、ごめん!」

母親があわてて風呂場を後にしようとした、そのとき。
僕は自分の体が勝手に動くのを感じました。
気づくと母親の手を握っていました。

「ごめん。お母さん、俺…」

しかし、言葉がうまく出ません。
ペニスは雄雄しく起ったままの俺を母親は最初驚いた様子で見つめていました。
しかし、しばらくして
「ちょっと待ってて」
と言って風呂場を出て行ってしまいました。

このときの僕の気持ちは、それはもう激しい後悔しかありませんでした。
これから1週間ほど帰省の期間は残っています。
その間、ずっと気まずいままなんて、嫌だったのです。

だけど、僕のペニスはもう射精寸前。
悲しいことにこの状態でとめられるほど、僕の自制心は強いものではありませんでした
もう一度、しごこうと自分のペニスに手をかけたとき、風呂場のドアがガラっと開く音がしました。

続きを読む(【近親相姦】ズリネタにしていた母にオナニーを見られて…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く