【覗き】スケバンたちに精子を搾り取られていたイジメられっ子のM君(体験談)

閲覧数: 2,977 PV

※このエロ話は約 2 分で読めます。

dqn

これは20年程前、私が高校生の頃昔話です。
私の通っていた学校はガラの悪さでは有名な私立の高校で、特に女子のガラの悪さは有名で、不良が多いため女番もおり不良女子の一部はレディースに入っているのもいました。

当時は、女番(スケバン)ブーム真っ盛りで、女子のスカートは長く、特に不良達のスカート丈は足首までありました。

ある日、女番達に一人の男子が体育館にある用具室に連れて行かれました。
それはM君という体の小さな気の弱いいじめられっこの典型のような男子で、いつも女番グループにいじめられていました。

用具室はステージとつながっており、私と友人はステージの暗幕に隠れて中の様子を見ていました。
中には女子が5人とM君がおり、女子達がマットを折り曲げてソファーのように作り上げました。

そこに女番が座り、M君はその前に怯えながらうずくまっていました。
そして女番が長いスカートを捲り上げパンティーを片足脱ぎだしました。
女番の膝には脱いだ白いパンティーが下がっており、そのまま足を広げM君に「始めな」と言いました

M君は女番の太ももに顔をうずめて、女番のマ○コを舐め始めました。
女番は長いスカートをM君の頭から被せたのでM君はすっぽりとスカートの中に入りました。

すると女番はM君を蹴り「もっと強く」と言いました。
女番はアゴを上げ気持よさそうな顔をしており、時々「あっ」「んっ」と小さな声をあげていました。

スカートの中にいるM君は靴たげが外に出ており、スカートはM君の頭の部分が盛り上がって動いており奇妙な光景でした。

M君は時折むせるのか「ガハッ」「グエッ」と苦しそうな声を出しました。
当時は7月上旬の暑い盛りで女番のマ〇コは、ムレムレになって臭いもきつかったのでしょう。
さらには長いスカートを被せられていたのですが、M君が声を出すと周りの女子が「ほら」と言いながらM君を蹴りました。

そのうち女番は満足したのかM君をスカートから出しました。
女子の一人がティッシュペーパーを出し女番はそれでマ〇コを拭きながら「誰かやるヤツいるか」と女子達に聞きました。

女子のひとりが「アレが見たいね」と言いました。
女番はM君に「ここでマスかけ」と言いました。
M君は「いやだよー」と泣きそうな声で言いました。
女番は「痛い目見たいのか」と凄むとM君は「勘弁して下さい」と土下座しながら言いました。

女番が女子達に目配せをすると女子2人がM君のズボンを脱がせました。
体の小さいM君は女子に後ろから抱えられ、もう一人の女子がM君のベルトを引き抜きました。
M君は足を振って抵抗しましたが、腹を殴られグッタリしました。

M君はズボンを脱がされるとマットのソファーに座らされ、一人の女子がM君の前に立ち、長いスカートをゆっくりと捲くり上げました。
その女子は不良にしてはきれいな足をしており、長いスカートからゆっくり見えてくるきれいな足に私たちも興奮しました。

続きを読む(【覗き】スケバンたちに精子を搾り取られていたイジメられっ子のM君(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く