【レイプ】サークルの高飛車な美人先輩を卒業輪姦したった(体験談)

閲覧数: 4,245 PV

※このエロ話は約 1 分で読めます。

rape

サークルの美人先輩が卒業する直前に4人で輪姦した。
高飛車な言動から、美人だけどかなり嫌われていて、取り巻きの男数人以外からはほとんど無視されてる(というか美人先輩の方が無視してる)感じの人だった。

先輩がマンションのカギを部室に放置してった時があって、その時に合鍵を作った。

バイブや電マやピンクローターを4人分持ち、夕方に忍び込んで待機。
夜、帰ってきた先輩を着衣のままガムテープで拘束。
ピアノ用の防音完備のマンションなんで、ちょっと叫んでも通報されないのが助かった。

最初はおびえてたけど、相手が俺たちだと気付くと強気になって
「こんなことしてただじゃ済まないよ」「今なら許してあげるから」
とか相変わらずの高飛車の発言を連発。

「僕らは先輩を喜ばせてあげようと思って来てるんです」と言ったら「ふざけんな」って罵倒された。

それで、
「これから服の上からいじりますけど、30分間、アエギ声をあげなかったら素直に帰ります」
って言ってからローターや電マでいじり倒した。

最初は俺たちを睨み付けてたけど、だんだん息遣いが荒くなって、目をつむったりする。

「感じてるんですか?」「気持ちいいんですか?」って聞いても
「感じてない」「気持ちよくない」と必死で否定する。

続きを読む(【レイプ】サークルの高飛車な美人先輩を卒業輪姦したった(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く