できる女上司が必死に新人の俺のチンコを咥える姿に興奮して…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

fera

俺が入社間もなくの頃、入社7年目で同期トップで主任になった仕事のできる女性が俺の教育係だった。
顔が小さくて、スラっとしてて昔の小泉今日子みたいな感じ。

俺の会社は東京近郊に二つ社員寮があったが俺と小山さん(仮名)は同じ寮。
小山さんは仕事は厳しいが仕事の後には同じ支店の先輩たちとよく呑みに連れて行ってくれる気さくな人だった。

その日は金曜日でいつものように支店のメンバー5、6人で会社近くの居酒屋で飲んだ。
終電で同じ寮の男の先輩(小山さんの一つ上)、女の先輩(小山さんの一つ下)と小山さん、俺の4人でしょうもない話で盛り上がりながら帰ってきた。

それぞれフロアは別だったので別れて部屋に戻った。
俺は金曜だしゲームでもするかと思って電源入れたところに、小山さんから電話がかかってきた。

聞くと、会社を出る前に仕事の書類を俺に預けていたが、書類を受け取るのを忘れていたので持ってきてほしいという。
俺はネクタイははずしてたが、まだスーツの格好のままで小山さんの部屋まで持っていった。

俺はその時はあまり下心もなかったので、玄関先で渡して帰ろうと思っていたが、
「ちょっと上がっていって」と声をかけられた。

断る理由もないので上がると、いかにも女の子な感じのかわいい部屋だった。
小山さんはビールを出してきてくれて仕事の様子など聞いてくれてた。

だんだんとプライベートな話になり下ネタになっていった。
今までにも何人かで下ネタで盛り上がることは何度かあったが、二人でしかも小山さんの部屋でという状況に、
俺もだんだん下心が出てきた。

俺はそんなにイケメンではないが、色黒で筋肉質でサル顔という小山さんの好みに合っていたので、なんとなく小山さんが好意を持ってくれていることは感じていた。

話題は今まで萌えたキスの話になって、小山さんは妙に顔が近づいてきていた。
「○ってキスうまそうだよね~」
30cmくらいの距離で上目遣いで尋ねてくる。

これはもういくしかないだろうと
「じゃ、試してみますか?」と言うや否や、小山さんの肩を引き寄せてベロチューをかました。

小山さんも積極的に舌を入れてくるので、互いに唾液を交換しながら濃厚なキスをたっぷりと堪能。
俺はベロチューしながら小山さんのブラウスのボタンをはずしていった。

嫌がるそぶりはない。
ブラウスのボタンを三つくらいはずすとピンクのブラが現れた。
スリムな体型なので普段は気づかなかったが、これは隠れ巨乳というやつか。

続きを読む(できる女上司が必死に新人の俺のチンコを咥える姿に興奮して…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く