【近親相姦】思春期の姉が暴走したたった一度の過ち…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

aneotouto-400x235

思春期は膨れ上がった性欲と妄想が上手く制御できずに暴走してしまう事がままある。

その暴走は後にふと思い出す度に奇声を発しながら悶絶してしまう暗黒の歴史を生み出してしまうものだ。

そしてそれは思春期の暴走とイコールで語られがちな男子中学生だけではないのだ。

女子中学生にだって性欲はあるし、妄想はするし、暴走してしまうのだ。

俺には姉がいる。

五つ年上で、俺が小学生の時に姉は中学生だった。

姉は性欲と妄想をこじらせてしまったのだろう。

俺はその冬の日、炬燵に半身を突っ込んでうとうとと、夢半ば覚醒半ばという状態だった。

不意に下半身に、主に股間のあたりに違和を感じた。

なんだ? と思うまもなく、小学生の可愛らしいおちんちんが今まで感じた事の無い奇妙な温かさに包まれた。

しかしそれはすぐに痛みに変わった。

外の空気を知らぬ亀頭を守護する包皮が無理やり明けられようとするあの激痛である。

俺の意識は完全に覚醒し、一体何が起きてるんだ!と炬燵布団を捲り上げた。

姉が居た。

炬燵のヒーターの赤い光に照らされて、信じ難いことに全裸だった。

俺の下半身もズボンとパンツを脱がされていた。

姉の手は俺の俗的な穢れとは無縁のおちんちんに触れていた。

お、お姉ちゃん・・・なにしてるの?

俺は問うた。

本当に何をしているのか分からなかった。

エロという新世界をまだまだ知らない当時の俺にとって、姉の行動は理解の外だった。

あ、起きちゃった?

姉は平然としていた。

俺が返答しかねていると姉は再びおちんちんに視線を向けて、作業を始めた。皮むきである。

痛っ。

え、痛いの?

痛いからもうやめてよっ、なんなのいったい!

俺は炬燵から脱出しようとしたが、しかし姉の両腕が伸び、下半身に絡みついた。

そう、絡みついたのだ。獲物を逃がさぬ蛇の如く。

バランスを崩し、炬燵の周囲に置かれた座布団に突っ伏す。

おちんちんが先程と同じ温かさに包まれた。

今度はおちんちんの先っちょの方に物理的なくすぐったさが走った。

身体がびくんと震えた。

姉を見た。

姉が俺のおちんちんを口に含んでいたのだ。

それは恐怖だった。

口というのは食べ物を食べるところであり、食べ物を噛み潰すところであり、食べ物を飲み込むところだと俺は思っていた。

姉がおちんちんを口に入れている光景を見て、俺はお姉ちゃんにおちんちんが食べられてしまうと恐れた。

お姉ちゃん、やめてよっ!

続きを読む( 【近親相姦】思春期の姉が暴走したたった一度の過ち…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く