【痴漢】振られた女の子の偽アカウント作ってキモ男をけしかけた結果・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】世紀の勘違い野郎が振られた腹いせに・・・

投稿者男性は残念すぎる勘違い野郎。自分のことを好きだと思い込んでいた大人しい女の子に振られた腹いせにネットで彼女の偽アカウントを作ることに・・・。(5070文字)

chikan

紗佳って、目立たない女の子が大学の同じ学部に居た。
黒髪で地味目だけど、よく見たらすげぇ可愛いってタイプで、入学したときから目ぇつけてたんだよな。

大人しい女の子で、あんまり目立つタイプじゃなくて。
大学の講義もひとりで大人しく受けてるようなタイプの子。

偶然、使ってる電車とかおんなじで、度々駅とか電車で見かける。
方向は同じなのは偶然だが、俺に気があるからわざと俺が通学する時間に合わせて電車使ってんのバレバレ。

俺もどっちかというと地味だし(ただし、スクールカーストはずっと上のほう、あんま喋らんけどクラスの中心だったってタイプ)、うるせーの嫌いだから、まぁ俺の彼女にそこそこ相応しいから、女のランク下げて付き合ってやるかとか思って、話しかけることにした。

しかし、なんかせっかく俺が話しかけてやってんのに、迷惑そうにすんの、訳わかんねぇと思ってたが、やっと迷惑そうにしてる理由がわかった。
いきなり話しかけられて照れてるんだなってわけ。

しゃーねーからこっちから近付いてやるかと思って、電車とか駅とか大学とかで紗佳を見かけたら、近付いて話しかけるようにした。
俺と紗佳が使ってる路線は混み合う路線で、だから近くに乗ってると、自然と密着する感じになる。

で、紗佳は外見からは想像できなかったが、身体つきがエロい。
わざと紗佳のケツにちんぽが当たる体勢で電車乗ったら、デカ尻でちんぽが刺激されて勃起した。

マジでケツでけぇの、紗佳、ズボンを履かずにスカートとか柔らかいゆったりした素材のものを着ることが多いんだが、恐らくデカ尻がズボンに入らないからゆったりした素材のスカートを着用してるんだろう。

ゆったり柔らかい素材のおかげで、下半身を密着させると紗佳のデカ尻のボリューミーな雰囲気を堪能できた。
そのとき、紗佳は恥ずかしいのか、俺から逃げるような体勢になったが、ま、俺みたいに男として魅力感じる相手と密着するの、紗佳みたいな性格だと恥ずかしいだろう。

あとは、わざとバランス崩したフリして、紗佳のおっぱいさわったり。
紗佳はおっぱいもなかなか良くて、少なくともDカップ、いや、Eカップくらいあったか?

でも、俺が紗佳のケツに下半身密着させたり、おっぱいさわったりすると、露骨に嫌がったり逃げたりしやがる。

で、何で嫌がるかって思ったら、まだちゃんと告白したり恋人同士になってないままエロいことすんのはNGってタイプなんだろう。

ああ、そりゃ俺が悪ぃわ、じゃあ早速デートにでも誘うか?
と思い、夏休み前に大学近くの夏祭りに誘ったら、まさかのNG。
俺の誘いを断るとか、意味不明だった。

ああ、なるほど、先に告白してほしいわけね、恋人以外と一緒に歩いて噂されるのが嫌なタイプか。
しゃーねーなぁと思い、前期テスト終わりに告白。
しかし返事はまさかの「ごめんなさい」。
マジ意味不明。
ありえんかった。

まさか俺のこと振るとか、予想もしてなかった事態に。
紗佳と付き合うつもりで、他の女にちょっかい出してなかった俺は、マジで今年の夏、彼女がいないって意味不明な展開に。

しかも本人じゃなくて、見知らぬ女が俺に注意してきやがった。
「紗佳、話しかけられたり、誘われたり、声掛けられたりして本当に迷惑してるみたいだから、そういうことやめてあげて?」
とかぬかしやがる。

あと、同じ電車使ったり、電車ん中で密着すんのもマジ迷惑とか、見知らぬ女がぬかしやがって。
はぁ?マジ意味不明。
俺が話しかけてやってんのに。

もちろん紗佳本人が迷惑がってるんじゃなくて、紗佳の友人らしきおせっかい女が、勝手におせっかいしてんだろう。
イラついた。

紗佳は気が弱いから、友人のおせっかいが迷惑だってことが言えなかったんだろうが、おかげで俺はマジ嫌な気分になった。

イラついたから、俺を振った罰として、出会い系とか紗佳の名前と画像で登録しまくったり、裏垢っぽく紗佳のツイッター勝手に作成して、性悪なツイートとかやったりしまくってた。

あとは紗佳の画像+ネットに落ちてるエロ画像を組み合わせて、勝手に裏垢作って男を引っ掛けたり、紗佳の画像で出会い系で男釣って、ドタキャンしたりすっぽかしたり、いろいろやった。

やった理由としては、紗佳が恨みを買ってレイプとかされねぇかなって感じ。
しかし、残念ながらレイプまではされない。
せいぜい恨みがましいメッセージが送られてくる程度。
もうちょい何かしろよってマジで思った、つまんねぇ。

ただ、紗佳の名前で作成したツイッター裏垢で、ひとりの奴がDM送ってきやがった。
「サヤカちゃんって、普段××線使って大学に行ってる? サヤカちゃんにそっくりな子みかけたんだけど……」
とかって送ってきた。

あ、こりゃチャンスだな、こいつに紗佳を痴漢させてやろうと思った。
「それ、私です……恥ずかしいけど、裏垢のこと知ってる人に見られてると思うとドキドキします。もし迷惑じゃなかったら、痴漢していただけませんか?」
とか送ってやった。

あと、「恥ずかしがりやだから、変なリアクションするかもしれませんけど、遠慮なくさわってくださいね」とも伝えておいた。

そいつノリノリで、「わかった、明日会社だけど、サヤカちゃんに痴漢できるなら遅れていくよ」とか言って、さっそく明日、紗佳を痴漢するつもりらしかった。

もちろん俺はさりげなーく紗佳を監視。
さっそくまだ三十代なのに性欲強いのかハゲ散らかしたオッサンが、紗佳の近くに。

ツイッターでメッセージ受け取った俺だよ、今から痴漢するよ、みたいな意味を込めて、紗佳の肩を叩いた。
しかしもちろん紗佳が知ってるはずもなく、めちゃくちゃ避けてたw

前もって恥ずかしがり屋だから変なリアクションするかもーって伝えておいたおかげで、痴漢はひるむことなく紗佳に痴漢開始。

紗佳のデカ尻を、柔らか素材のスカートの上から揉みまくるのはまぁ楽しいだろう。

本人が望んでると思ってる痴漢は、他の乗客が見てても遠慮なく揉んでる。
多少はほかの奴の目が気になってるっぽいが、紗佳のケツの魅力に、他の乗客の目があっても、揉みまくってる。
でも、クソ面白くないことに、スカートの上からデカ尻を揉むだけで終わりやがった。

 

その日は紗佳、大学ですげー落ち込んでた、それもイラつく。
てめーがデカ尻してんのが悪ぃんだろ、この性悪女って。

イラついた俺は、DMでさらなる行為を痴漢に求めることにした。
紗佳になりきって、痴漢野郎とやり取りする。

紗佳になりきった俺「今日は痴漢していただいてありがとうございました」

痴漢「ううん、サヤカちゃんって、実物すごいかわいい女の子だね~、あんまり可愛いんで驚いちゃったよ」

紗佳になりきった俺「そんなことないです、恥ずかしいです……あの、恥ずかしいついでに、もうひとつお願いしてもいいですか?」

痴漢「うん、いいよ」

紗佳になりきった俺「今日もすっごくドキドキしたんですけど、もっと大胆に痴漢してほしいんです……」

痴漢「大胆に?」

紗佳になりきった俺「はい……スカートの中に手を入れて……スカートの中でお尻を揉んでほしいです……」

痴漢「でも、そんなことしたら、他の乗客に見つかっちゃうよ?」

あかん、ひるみやがった、この根性なしめ、と心の中で罵って、俺はなんとか紗佳に痴漢される方向に話を持っていく。

紗佳になりきった俺「だめ、ですか……? もしほかの人に見つかったら、私がお願いしましたっていえば大丈夫だと思います……」

痴漢「う~ん……」

ここまで言って、まだやんねぇのかよ。
そう思った俺は、痴漢にプレッシャー掛けることに。

紗佳になりきった俺「わかりました、変なお願いしてごめんなさい……私なんかのじゃ、嫌ですよね?他にメッセージくれた人に、お願いすることにしますね?」

と、お前以外にも痴漢してくれる人がいるんだぞってことをほのめかす。
そうしたらすぐに相手の態度が変わって。

痴漢「ごめんごめん! 俺でよかったらぜひさせてもらうよ!」

とか言い出してマジ笑えた。
ここまで来たら何でもやんだろ、と考えた俺は、もう言いたい放題。

紗佳になりきった俺「ありがとうございます……あの……嫌かもしれないですけど、スカートの中に手を入れられて、恥ずかしいくらい大きいお尻を揉まれた後……下着の中にも痴漢さんの手が入って、お尻の穴をぐりぐりってされるのって、一度してほしくて……」

紗佳になりきった俺「そこまでは、ダメですよね……? 私のお尻の穴、汚い……ですよね……?」

とか釣ってみたら、もう紗佳の言うことは何でも聞きそうな雰囲気の痴漢は、

痴漢「そんなことないよ! サヤカちゃんのお尻の穴だったら、おトイレした後でもなめれるよ!」

と力説しやがったw
それはともかく、翌朝、痴漢がサヤカに襲い掛かることに決まった。

 

翌日は、紗佳より先に痴漢を見かけたw
相変わらずハゲ散らかした頭だが、顔真っ赤、息とか荒いw
痴漢する前から興奮してるっぽくて、手がけいれんしてるw

ちなみにハゲ頭が興奮した面持ちで紗佳を探してる光景がばっちりわかるw
紗佳が見つからず焦る焦るw
きょろきょろきょろきょろw

だが、マジで紗佳は見当たらん。
講義の時間と路線状況を考えたら、この列車に乗ってるのは間違いないのに。

で、ハゲも焦る焦るw
いやぁ、別に見つからないなら痴漢は今度でもいーだろw
しかし本人はそういう考えは全く頭の中にない様子w

まぁモテそうにねーから、紗佳みたいな可愛い子が「痴漢して下さい」とか言ったら、我を忘れるくらい興奮すんのは仕方ねーかもしれんが。

それはともかく、ハゲがダッシュで電車の端まで行ったから、紗佳は見つかった。
紗佳もこの特徴的なハゲが痴漢したって覚えてるんだろうな、目に見えて焦ってたが、気が弱いからここから逃げられる感もなく、追い詰められてた。

痴漢は周囲に嫌な顔されながら、紗佳の近くを確保。
紗佳には気付かれてるし、周囲に助けを求めたり一目散に逃げ出したりしないか心配だったが、
問題なく痴漢は紗佳の背後ゲット!

そして、列車がスタートした直後にまずは紗佳のケツをスカートの上から。
正直、ちょい羨ましいって気持ちはある。
紗佳のケツ、デカくて揉みごたえがあるだろうから。
バックの体勢取らせたら、紗佳、絶対クソエロいことは間違いない。

俺は少し離れた場所から見てたが、痴漢は紗佳のケツをわし掴み。
これでもかってレベルに、大胆に掴んで離さない。
しかも、痴漢の手より紗佳のケツのほうが間違いなくデカいw

痴漢は手ぇ震えて、耳まで真っ赤にして、興奮してるのがちょい離れてみてる俺にも伝わってくる。
で、辛抱たまらんくなったんだろうな。
紗佳のスカートの中に、乱暴な手つきで入っていった。

もちろん周囲は何人か気付いてる。
でも、見て見ぬフリ。
痴漢を助けるって選択は、気付いてても案外やらないよな。
俺も何度か痴漢されてる女、見たことあるが、助けたことは一度もない。

それはともかく、紗佳のスカートの中で痴漢の手がもぞもぞ動く。
恐らくパンツの中に手を入れて、ケツ穴を探り当てようとしてるんだと思われる。

で、ケツ穴を探り当てたのか、ピンポイントにスカートの中でケツ穴をぐりぐり。
紗佳は必死になって逃げようとするのと、周囲に気付かれないようにするので精一杯で。
エロすぎた。

で、無理って悟ったんだろうな、紗佳はじっとし始めた。
必死になってケツ穴をぐりぐりってされる行為を耐えてる。
唇をかみしめて、必死になって耐えてる紗佳の表情は、素晴らしかった。

やべ、気に入らん女とか、気になる女とかいたら毎回のように痴漢をけしかけてしまいそうになるわ、これ。
それくらい病みつきになりそうな行為だった。

しかし、それも長くは続かなかった。
紗佳が泣き出したから。
そりゃ見知らぬハゲ痴漢に公衆の面前でケツ穴いじられたら泣くわな。

そこまでしてやっと周囲が見て見ぬフリをやめて、止めるかどうかって雰囲気になった。
焦りだす痴漢、「いやっ、違うんですっ、本人とツイッターでつながっててっ、痴漢したのは本人が望んでたんですよっ」
とか言い始めてクソ笑えたw

その日、紗佳は休講。
痴漢がどうなったかは知らん。

翌日から紗佳は普通に出席してたわ、もしバージンだったら何日かショックで寝込むだろうから、マジ紗佳みたいなビッチ女と付き合わなくてよかったわ。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
オマエも捕まるぞ・・・。

コメントを書く