【唖然】錠前破りのスキルを身に着けた友人と下着泥に精(子)を出していた結果・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】恋心が失恋で歪んだ方向へ・・・

投稿者男性の中学の時の友人に、好きな女の子に振られるもあきらめきれずに錠前破りのスキルを身に着けた男がいた。そいつと共謀して好きな子がいる水泳部の更衣室に忍び込み、パンツを盗みだしてズリネタに使っていたのだが・・・。(2619文字)

kouishitu

中学生の時におもろいダチがいた。
ダチの名は鶴田と言って中学生ですでに変態っぽいことをしていた。
鶴田には由美奈と言う好きな女の子がいて一度コクって撃沈した。

でも、由美奈のことが好きな鶴田は諦めることができず、いつも俺に恋の相談話ばかりしていた。
俺は何度も諦めて新たな恋へ進んだほうがいいとアドバイスしたんだけど、由美奈への想いは強くなっていった。

やがて、強くなっていった思いは歪んだ形に変化していき、これをきっかけにあるスキルを偶然にも身に着けた。

当時、何かのアニメで鍵を針金で開けるシーンがあった。
鶴田は水泳部の由美奈の更衣室を開けるために必死になって針金でドアを開ける練習をしていた。
俺には全く分からない世界だったし、鶴田の努力は無駄に終わるだろうと思っていたのだが・・・。

鶴田は偶然にも針金で鍵を開けるスキルを身に着けた。
そして、彼は俺を見張り役として女子水泳部の更衣室に忍び込んだ。
この時のスリルは今でもしっかり覚えていて、更衣室の近くを女子が歩いただけで心臓が止まりそうになった。

数分後、鶴田の手には由美奈のパンツと男子に人気のある紗耶香のパンツを手に持って出てきた。
この時の鶴田の笑顔は欲に塗れた実に変態チックな顔をしていたwww

俺たちは誰も使っていない視聴覚室に忍び込み、二枚のパンツを机に並べてじっくり眺めた。
由美奈のパンツはピンク色の小さなリボンが付いていてオシャレで可愛らしかった。

紗耶香のパンツは黄緑で爽やかな感じの彼女らしいパンツだった。
パンツの外観を見た後は内部のおまんこが密着する部分のチェックだ。

由美奈のパンツには微かに縦筋に薄っすら黄色っぽくなった染みが付いており、鶴田はそれを見て鼻息を荒くしていた。
紗耶香のパンツには丸く黄色い染みが広がっており、俺はそれを見てなぜかすごくドキドキしてしまった。

あのロリかわな紗耶香がパンツを汚しているなんて・・・、この事実だけで俺はおかしくなってしまいそうだった。

俺は紗耶香のパンツを、鶴田は由美奈のパンツを手に取った。
そして、視聴覚室の端に物陰があるので俺たちは正反対の端に移動して、それぞれのパンツを使いながらオナニーした。

俺は紗耶香のパンツの臭いを嗅ぎながらチンポを激しくしごいた。
見た目はすごく可愛いのにパンツはかなり臭くて、この臭さがチンポを激しく反り立たせた。

汚れの部分をペロペロ舐めながら紗耶香のおまんこを舐めているのを妄想していると、5分もしない内にカーペットに射精してしまった。
カーペットにはいつもの倍以上の精液がついて、チンポについた精液を紗耶香のパンツで拭いた。

俺はあまり紗耶香のパンツを汚さなかったけど、鶴田は由美奈のパンツの汚れの部分にべっとりと精子を付けていた。
絶対にばれるだろと思ったけど、どうしても由美奈のおマンコに自分の精子を付けたかったらしい。
多分、俺も本気で好きな女の子がいたら本能でおマンコに精子を付けたいと思うんだろうな。

俺たちは再び女子水泳部の更衣室に行き、鶴田は誰にもばれずにパンツを返してきた。
初めてやった変態行為だったが、これをきっかけに二人で協力して変態行為に没頭していった。

次の日、由美奈と紗耶香の様子を伺ったけどいつもと変わりはなく、昨日のイタズラがばれていない感じがした。
これならいける!と思い、女子水泳部が部活を始めてから再び鶴田は更衣室に忍び込んだ。
昨日よりも鍵を開けるスピードが速くなっていて、この日はポケットにパンツを何枚も入れて出てきた。

再び視聴覚室に行くと鶴田は4枚のパンツを取り出した。
子供が穿くような真っ白な綿のパンツ、生地が水色で赤い小さなリボンついている可愛いパンツ。
白とオレンジの縞々柄の由美奈のパンツ、白と黒のチェック柄の紗耶香のパンツ。

前回と同じように、俺は紗耶香のパンツで鶴田は由美奈のパンツ、残りのパンツは物陰に行く前に二人で臭いを嗅いだ。
綿のパンツは汚れがかなりひどくて鶴田好みのパンツらしく、由美奈とこれにぶっかけると言って物陰に行った。
俺は紗耶香ともう一枚のパンツで前回同様オナニーをした。

この時の鶴田はかなり激しく声を出していて、由美奈!!!と叫びながら射精していた。
どれだけ由美奈の事好きなんだよwww
でも、もう一枚のパンツにもしっかりぶっかけていて、やはり鶴田はただの変態だと改めて実感した。

次の日も鶴田は同じように女子水泳部の更衣室に忍び込みパンツをゲットしてきた。
この日は6枚ゲットしてきて、それを同じように山分けして好きなようにオナニーのおかずにした。

俺は一度しか射精しなかったけど、鶴田は由美奈のパンツだけで3回射精して全部のパンツを汚したらしい。
いつもは微かにしか汚れていなかった由美奈のパンツが、ネバって糸が引くくらい汚れが湿っていたらしく、奇声をあげながらオナニーをしていた。

いつものようにパンツを更衣室に戻しに行った。
しかし、鶴田が更衣室の鍵を開けて忍び込もうとした時に体育の島谷先生に見つかった。

島谷先生は手に持っているものを出せ!と言って、鶴田のパンツを奪い取った。
俺はこのまま職員室に連れていかれて親を呼び出されるんだろうなと絶望感に浸っていた。

でも、島谷先生は目の前でパンツを広げたりしてパンツを見ることに集中していた。
たぶん、パンツに集中していたから女子水泳部員が集まってきたことに島谷先生は気が付かなかったんだろうな。

由美奈は島谷先生に向かって、私のパンツ返して!!!と叫んだ。
紗耶香も他の女子部員も大声で叫び、女子水泳部顧問の香織先生までやってきた。

島谷先生は慌ててそれぞれにパンツを返して香織先生に弁解をしていたが、香織先生に連れられて職員室に連行されていった。

本当は俺たちがパンツ泥をして好きなようにパンツを汚していたのだが、間抜けな島谷先生が全て罪を被ることになったwww
しかも、鶴田と俺は変態体育教師を捕まえたという意味の分からないヒーローになった。

次の日に由美奈がこっそり教えてくれた話だけど。
由美奈は汚れに気づかずパンツを穿いたと、紗耶香もパンツに違和感があったと言っていた。

島谷先生が捕まらなくてもイタズラはばれていたわけで、あのまま続けてても俺らが捕まるのは時間の問題だったと言える。

 

大人になった鶴田は鍵屋さんを開業したらしい。
最凶の変態が経営している鍵屋に若い女の客が来たら絶対にヤバいだろうなw

 

管理人の戯言(´・ω・`)

コメントを書く