【初体験】「バイ菌」とイジメられていた女の子と仲良くなった結果・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】甘酸っぱい初恋の味ってやつ・・・?

投稿者男性が小6の時の転校先で「さゆり菌」とイジメられていた女の子がいた。喧嘩っ早いのが原因でイジメられていた彼女とひょんなことから仲良くなり家に遊びに行く関係に・・・。(3127文字)

js

僕が住んでたマンションの前は大きな川が流れてて、よくエロ本が落ちてた。
小2の時に初めてエロ本をみて勃起し、それからエロ本探検隊を組織して小4になるころにはSMからスカトロまでカバーできる知識を得ることができた。

そして両親がマイホームを買い、転校することになった。
小6にあがる春休みだった。

新しい学校は高級住宅地と、転勤族が住む団地からなるほのぼのとしたの学校だった。
転校生だった僕は挨拶がわりにマムコマークの意味と書き方を新しい友人達に教え、性的知識に乏しい彼らの好奇心の起爆剤になった。
僕が語る思い出は、小6の6月…新しい学校にもなれた梅雨どきの出来事だ。

 

「バイキン」と呼ばれていじめられる子が学年に何人かいた。
前の学校には双子のバイキンなんてのもいた。
エロ本探検隊がお化け屋敷を探検していたら、その双子が「ただいま~」と帰って来た気まずい記憶もある。

新しい小学校には「さゆり菌」と呼ばれるいじめられっこがいた。
何故バイキンなのかは、クラスメイトに聞いてもはっきりしない。
見た目にも話した感じも普通の女の子だった。

勝ち気でケンカ早いのが敵を作りやすい原因だったのかもしれない。
「さゆり菌」は僕の近所に住んでいた。
登下校で一緒にならないように細心の注意が必要だった。
バリアを張られ仲間外れにされるのが嫌だったからだ。

ある日、委員会で下校が少し遅くなった。
すかさず雨が降り出した。
梅雨なのに傘を忘れ、学校の貸し出し傘もすべて出払い、僕はぽつんとげた箱の前に立っていた。

「おい、ケン」
名前を呼ばれて振り返ると「さゆり菌」だった。
「傘いれてやろっか?濡れて帰るのか?」
さゆりの問いかけに僕は周囲を見回した。
「誰もみてないよ…みられるの困るなら裏道で帰ろ?」
さゆりに対してさらに僕は沈黙を続けた。

「傘、私が持つから、そうすれば菌は大丈夫だろ?」
「ば~か!菌なんて関係ねーよ」
とっさに軽口がでた。
そしてさゆりの傘をひったくり、土間から出てさゆりが傘に入るのを待った。
さゆりの優しさに触れたことで、自分がみじめに感じた。

 

帰り道、さゆりと色々な話をした。
一人っ子なこと、鍵っ子なこと、家では女の子なこと、ピアノが好きなこと…

いじめの話題は出なかった。誰かの悪口もでなかった。いい子なのだ。
さゆりをよくみてみたかった。
菌が怖くて目を合わせたこともなかった。
なんだか可愛くみえてしまう。理由はわからないが、少しずつ不安になってきた。

よくみるとさゆりの右肩がずぶ濡れになっていた。
僕を濡らさないように傘を傾けていてくれたのだ。
そして濡れた肩口から胸へとシャツがぺっとりと肌に張り付き、雨の冷たさで勃起した乳首が透けて見えていた。

不安が破裂した。
僕は「ありがと」と言うと一人で駆け出した。
勃起して走るのが難しかった。

 

その日を境にさゆりと僕はよく一緒に帰った。
僕はさゆりが好きになったのかもしれない、好きなのはさゆりの乳首かもしれない。
バリアの仲間はずれを恐れながらも、さゆりとよく話をした。

「ケンは公文やソロバン行ってないの?」
「うん、どうせ続かないから」
「うちに遊びにこない?ピアノおもしろいよ?」
「女子の家なんか行けないよ」
言葉と裏腹に、またもや歩きづらくなっていた。

「じゃあホットケーキ食べない?」
「うっせーな!わかったよ。食ったら帰るからな」
精一杯強がって、僕はのこのことさゆりについて行った。
心の奥では毎度お騒がせしますのような展開に期待していた。

さゆりの家は地方銀行の社宅だった。
6畳間が3つにキッチンという簡素な家だ。
さっそくさゆりはピアノの自慢を始めた。
ツェルニーとかいう練習曲を披露してくれた。
猫踏んじゃったの弾き方を教えてくれた。

さゆりは鍵盤に向かう僕の後ろから手を回し、耳元でドレミを歌った。
股間が不自然に膨らんでしまい、隠すのが難しくなった。

「また今度続きやるから、ホットケーキ食いたい」
絹擦れすら股間の刺激になるため、首だけ後ろに回してさゆりに催促した。
「ん、ちょっと待っててね~おチビさん」
確かに家では女の子だ。
僕はさゆりが好きになってしまっているが、まだそれを認めたくない自分もいた。

キッチンの暖簾からさゆりが顔を出した。
「ケン、できたよ」
ちゃぶ台の上に蜂蜜とバターたっぷりのホットケーキができあがっていた。
踏んだり蹴ったりな猫踏んじゃったをあきらめて、僕は皿にむかった。

「ねえ、食べさせてあげたいんだけど」
「ふざけんな、子供じゃねーんだ」
しょせん子供である。
がつがつとホットケーキを口に押し込むと、紅茶で胃に流し込んだ。

「ゆっくり食べてよ。帰っちゃうのやだよ」
さゆりが身を乗り出した。汗の香りがした。
「ねえ、ケンはリカちゃん知ってる?」
「GIジョーみたいなやつだろ」
「それ知らないけど、遊ぼうよ」
さゆりは押し入れから人形を出してきた。

ホットケーキの皿の横でリカちゃんがぐったり座り込んでいた。
「ままごとか?12歳にもなって」
「え~、じゃあなにかケン考えてよ」
「よし、じゃあ加藤茶にしようぜ」
そういって僕はリカちゃんを脱がせ始めた。

「ちょっとだけよ~」
さゆりは爆笑した。
学校では見せない笑顔に僕は夢中になった。
リカちゃんはパンツだけの姿になった。

「人形にマンコついてんのかなあ?」
口に出したのはさゆりだった。
マンコは僕がクラスに持ち込んだ流行語だった。
「お前んだろ?見たことねーの?」
僕はそう言うと同時にリカちゃんのパンツをはぎとった。
当然リカちゃんは中性的だ。

しばらく沈黙が続いた。

僕はもう我慢できなくなっていた。さゆりが好きだった。
勃起の痛みも耐え難くなっていた。
「さゆり、マンコみせろ」
僕が言い出すのを予想していたかのように、さゆりは小さくうなずいた。

さゆりはパンツごとズボンを脱いで、ちゃぶ台の上に座って足を開いた。
うすくはえた毛が灰色を帯び、丘をなす肌は白く、ワレメの中は鮮やかなピンク色をしていた。
「はずかしい…よ」
ワレメに触れると、さゆりは言葉をつまらせた。
ぼくは自分の半ズボンを脱ぎ捨て、天井を指すチンコをさゆりにみせた。

エロ本で読んだ知識を総動員した。
ザ・シュガーのクンニの仕方だ。
さゆりは感じるというよりケタケタと笑った。
くすぐったいと言う。

「濡れてきたな」
僕はいっぱしに言葉責めを気取る。
唾液で濡れただけで、さゆりは濡れていない。
さゆりに畳みに転がるように言うと、覆いかぶさって挿入を試みた。

「イタイ、イタイ、イタイー」
僕はさゆりに突き飛ばされた。
「ごめん、処女は性交痛を伴うんだ」
しったかぶってエロ本記事をそのまま言葉にした。

「ごめん、ケンはケガしなかった?」
脈打つチンコが二人の会話に割って入る。
「これ、どうしたらいい?」
さゆりがチンコをつかんだので、僕は腰を動かした。
さらにさゆりはチンコにキスをした。

 

中学に入るまでほとんど毎日さゆりの家で遊んだ。
親が留守なのをいいことに、毎日トライして秋にはSEXができるようになった。
オナニーを見せあったり、風呂場でおしっこをかけあったり…。

二人の関係はさゆりの父親の転勤で終わった。
お別れ会の日、僕は泣いた。
僕は男子に冷やかされ、さゆりが取っ組み合いのケンカを始めた。
僕はさゆりのケンカを止めて、みんなの前でさゆりに告白した。
理由はわからない。でも言わないと後悔しそうだったからだと思う。

さゆりは声を震わせて
「ば…か…」と答えた。
それが最後の会話になった。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
泣いた・・・

コメントを書く