【精通】手足を埋められチンコだけ露出させられてシコシコされた結果・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】女だらけの離島で育った俺の精通体験・・・

投稿者男性は離島で育った。その島にはなぜか男が少なく、小さい頃から自分以外はほとんど女という状況で育ってきた。そして必然的に女たちのおもちゃにされるようになり・・・。(2657文字)

harem-400x235

最近は、日本列島から少し離れた小島が話題になるようになった。
某有名人が島に帰り、島の面白話や感動のエピソードを伝えることが定番になってきている。

俺は某離れ小島に住んでいる男性で名前は剛。
名前はすごく強そうだけどガキの頃から女にいじめられて育ってきたw
現在は40代で島の特産物販売店で働いとるよ。

島で俺の±5歳の人ってほぼ女で、確か小中高とほとんど男子は俺一人だけだった。
女子は20人近くいたんだけど、男子は島に残ったのは俺一人だけ。
たまに親の仕事の都合で短期間だけ男子が転校してくることがあったけど、定住しないでいなくなった。

そりゃ、島の女の子たちと仲良くするのは普通じゃ無理だろう。
俺は島から出たことがない人間だから外がどうなってるのかわからないけど、島民って閉鎖的な考え方をしている人が多いんだ。

好奇心旺盛な人ならよそ者を受け入れるかもしれないけど、ほとんどがよそ者を排除するからね。
転校してきた男子はほとんど相手にされなくて、いつも俺が面倒を見る係だった。

ガキの頃はとにかく女の子にイタズラされたりからかわれたり。
おしっこするところ見せてとかチンチン触らせてって言われることがありすぎて、もう日常茶飯事だった。

海や山で遊べば男子が立ちションするように女子もしゃがみション?していた。
ポケットティッシュを持ち歩く女の子はまだ品がある子で、フキの葉っぱ(大きな葉)でおしっこした後にふきふきしている子もいた。
同じようにウンチもして葉っぱで・・・、以下省略www

都会に住んでいる人たちには考えられない生活だと思う。
俺がテレビで都会の人たちの生活を見た時も信じられなかったから。

後、島の女子は性に目覚めるのがすごく早かった。
彼女たちがターゲットにするのは俺の未熟なチンチンで、精通も皮も剥けていない状態からチンチンを触って勃起させてきた。

勃起って結構幼い時からもできるんだけど射精できないから萎えるまで時間がかかった。
精通前にフル勃起させられておしっこが漏れそうになり悶えたことがあったんだけどめちゃ気持ちよかった。
女子たちは俺がアヘアへ顔になって感じている姿を見て面白がってた。

 

俺が精通を迎えたのは石井さんちの三姉妹にチンチンをイタズラされた時だった。
お姉ちゃんは俺とタメで次女は1歳下、三女は3歳下だった。
俺が小学5年生でちょっとだけチンチンに毛が生え始めた頃だったと思う。

三姉妹と海に遊びに行ったら、男の俺は全裸にされて顔以外を砂で埋められた。
そして、彼女たちはなぜかチンチンのところだけ砂を取って遊んでいた。

砂に汚れたチンチンに海水をぶっかけた後、皆でチンチンを触ってわいわい楽しんでいた。
お城!とかバベルの塔!とか、彼女たちはかなり騒いでいた。
俺がやーめーてよ~とふざけ半分で言っても誰も聞いてくれなかったし、チンチンだけはどんどん大きくなっていった。

フル勃起したチンチンを見た三姉妹は更にチンチンをシコシコして大きくさせようとしていた。
誰かがせっかく生えたチン毛をブチッと抜いて、散々な目にあった記憶が残っていた。

上の二人がチンチンを触るのを飽きたみたいで、其処ら辺で水遊びを始めたんだけど一番下の子は嬉しそうにシコシコやっていた。

俺は砂に埋もれて身動きが取れなかったし、ただひたすらチンチンをシコシコされ続けていた。
いつものようにおしっこが洩れそうな感覚になって快感に浸っていると、何か急に金玉がキュウウと締め付けられる感触があった。

俺がよほど面白い表情をしていたからなのか、下の子は顔を見ながら爆笑してチンコをシコシコしていた。
ただ、チンコを触るのが飽きてくるといきなりフル勃起した竿を叩いてくるし、痛みと気持ちよさのダブルパンチだった。

で、そのままずっと刺激され続けていたら、急に洩れそうな感覚がなくなって何か冷めた感覚になった。
さっきまでの気持ちよさからは解放されて、いつもは違った感覚に困惑していると・・・。

ギャァァーーー!うぇぇぇ~ん!!と、一番下の子が突然泣いてしまった。
彼女の手を見ると何か白っぽい液体がついていた。
たぶん、チンチンからいきなり出たからびっくりしたんだと思う。
上の二人が慌てて走ってから妹の汚れた手と白く汚れたチンチンの先を見て固まっていた。

てめぇーー!妹をいじめたなーーー!っていきなり二人から言われて散々だった。
一番上の姉がカニを捕まえてチンチンを挟むって言ったときは、マジで怖くてとにかく謝り続けた。

精通を迎えてからも女の子たちのチンチンいじりは続いて、ほとんど毎日誰かの手で射精していた。
射精を始めてみた女の子たちはほぼ全員同じリアクションしていた。

射精する瞬間を見て固まるか、手についた精液の臭いを嗅ぐ、または舐めて味を確かめるだった。
同年代に近い女の子たちが初めて見た精子はほぼ俺の精子だったに違いないwww

 

中学生頃からはチンチンいじりをする女の子は減ったけど、それでも毎日のようにイタズラをする女の子がいた。
チンチンいじりながら女の子が自分でおマンコを触ってオナニーしていた子もいたし、俺におマンコを舐めさせる子もいた。

こういう出来事があまりにも日常茶飯事だったので特別に感じなかったけど、一般的に考えればかなり異常だったんだろうな。
ちなみに、俺のチンチンで処女を卒業した同級生ぐらいの女の子は約半分だったwww

高校生になるとき、島の女子たちは本土の高校に行くなどそれぞれの道を出発していった。
でも、島に残った女の子とはその後もエッチなイタズラの関係が続いて、常に体内の精子が足りない状態が続いていた。

就職をする頃にはほとんど昔から関係のあった女の子たちは本土に就職して向こうで結婚していった。

何人か残った人たちはガキの頃から40代の今までずっとセフレ状態。
本土の人を招いて結婚しても昔からの習慣ってなかなか無くならなくて、旦那の目を盗んで俺のチンチンと遊びに来ている。

俺は石井さんちの三女(俺の精通体験者)と結婚して今では三人の子の父親になった。
子供は全員女の子で、なぜか島で生まれる子供は圧倒的に女の子が多かった。

嫁はこのハーレム状態をよく知っているため、他の女とエッチをしても文句言わないけど、たまにすねるときがあるから困りもの。

娘たちの世代に男の子が二人いる。
きっと彼らも俺と同じようにこの島でハーレム状態になって育っていくんだろうな。

 

管理人の戯言(´・ω・`)

コメントを書く