【近親相姦】酔って弟と一緒にお風呂に入った結果…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

tekokihuro

私は、一月前から実の弟と肉体関係を持っています。
きっかけは、両親が海外旅行で家を明け、弟と二人きりの留守番生活の中で起きました。

私は今年OL二年生で、弟はまだ学生です。
母は父が経営している会社の役員なので、普段から家にいることはなく、幼い頃から私達姉弟は鍵っ子として育ちました。

私が小学校3年生のときには、3歳だった弟の母親代わりとして、食事やお風呂の面倒まで一応見れるようになっていました。
なので今回も両親の旅行中に弟の面倒を見ることは、ごく当たりまえのことでした。

両親が出発した日、夕食の用意をしていると、弟が
「せっかく親が居ないんだから今夜はワインで乾杯と洒落ようよ」
とおどけた様子で、父のワインを一本勝手に抜いて持ってきました。

私達は二人で乾杯したあと、幼い頃の思い出話しに大いに盛り上がりながら、何度かグラスを傾けているうちに、二人とも真っ赤な顔になって、いい気分に酔いがまわってきました。

「俺って小さいとき、ほんとにお姉ちゃんがお母さんだと思っていたときがあったよ」
「だってこぼしたご飯は拾ってくれるし、毎日お風呂に入れてくれて体や髪をごしごし洗ってくれたり、泣いて帰ってきたときなんか、まるで親みたいに抱っこしてくれたよね」

「いつかお姉ちゃんが、もう一人で洗えるでしょ、と言って、一緒にお風呂に入ってくれなくなって、もうどれくらいになるかな…。また、ごしごしと髪なんか洗ってもらいたいなア」
「なーんちゃって」というような会話をしているうちに、私は酔ったはずみで、
「よーし、ケン君が恥ずかしくないんだったら、いっちょう、ごしごし、やってやるか」
と言ってしまいました。

「ホント!お姉ちゃんこそ恥ずかしくないの?」
私は「何言ってんのよ、親代わりだよ!恥ずかしいわけないじゃない」とこたえて、私はバスルームの支度をしました。

私が先に湯船に浸かっているとすぐ後から弟が入ってきました。
久しぶりに見る弟の体は以前とは違って、すっかり大人の男の体になっていました。

私は、それを見て自分が動揺していることを弟に気づかれないように必死でした。
そして、平気な顔をして昔のように、弟の体をごしごし洗っていると、弟のオチ○チンが段々大きくなってきました。
それは昔の弟からは想像できないほど立派で逞しい大きさと硬さで、上に反り返っていました。

私は思わず生唾を飲み込んでいました。
私は恥ずかしくて弟の顔を見ないようにして「ここもちゃーんときれいにしとかなきゃ」といいながら泡立てた両手で優しく包み込むようにして洗い始めました。

そして、ますます硬さを増していくオチ○チンを見ながら、こんなに大きいのが入るのかしら、こんなのを入れられたらどうなってしまうのかしらと思っていました。

気が付くと、私は、弟のオ○ンチンをしごいていました。
「あ、気持ちいい」と弟は体をビクンとさせました。
私は手のひらから伝わってくる熱さに全身を包まれるような錯覚を感じました。

続きを読む(【近親相姦】酔って弟と一緒にお風呂に入った結果…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く