【初体験】巨乳でヤリマンと噂の後輩に筆おろしをお願いしてみたら…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

rorikyonyu

俺は高校時代、勉強一筋で恋愛経験は全くなかった。
なのに大学受験を失敗して滑り止めの私大行き、大学にも馴染めず、意を決してサークル入るも女扱いは苦手で、イジラレキャラで彼女なんて出来なかった。
そんな感じで一年ちょっとが過ぎた。

相変わらず俺は童貞で、新入生の「先輩(俺)は彼女いますか?」の質問にも、「今“は”いない」と答えるのが精一杯だった。

学祭も迫った9月のある日、俺は部室に忘れ物を取りに帰った。

夜というには早かったが、辺りは薄暗く部室には誰もいなかった。
忘れ物をとって帰る途中、俺は呼び止められた。

見るとそこにはYちゃんがいた。

Yちゃんは友好サークルの新入生で、背が低いけど目がパッチリ、なおかつオッパイが大きく人気があった。
人気の理由がもう一つあった。

それはYちゃんが“ヤリマン”だったからだ。

「どうしたのYちゃん?」

平静を装いながら、俺の目はYちゃんのスタジャン越しのオッパイに釘付けだった。

「忘れ物したんですけど、部室の廊下の電気が切れてて怖くて・・・ついてきてください」

俺に断る理由もなく(むしろ近づきたかった)ついていった。
Yちゃんの部室はうちのひとつ上で、なるほど夜の学校みたく怖い雰囲気だった。

二人で歩くとYちゃんのシャンプーの香りがする。
あまりのいい香りにゴクリと唾を飲むと、「喉渇いてます?」とYちゃんが屈託のない表情で聞いてくる。
サークルの事とか講義の事を明るい声で話すYちゃんを見ながら俺は思った。

(ヤリマンの噂は嘘なのでは?そもそもヤリマンなんて存在するのか?)

童貞の俺には判断の術がなくよくわからない。
無事部室に辿り着き、Yちゃんの忘れ物も見つかった。

「先輩ありがとうございます」

初めての女性との楽しい時間(そもそもデートしたことさえなかった)が終わると思うと淋しかった。

「借りが出来ましたね?今度ジュースでも奢りますね」

とびきりの笑顔で話すYちゃんに俺は言った。

「俺の童貞をもらってくれ」

沈黙が続き、Yちゃんが口を開いた。

Y「先輩マジっすか?」

俺「マジだ、童貞どころか彼女いない歴=年齢だ」

Y「女扱い上手そうなのに・・・」

イジラレキャラの俺をサークルが違うYちゃんは誤解していた。

「ヤラハタは嫌なんだ」

さらに沈黙があり、Yちゃんが上目遣いに俺を見ながら言った。

「いいですよ」

その時のYちゃんのエロい目と、ちょっと緩んだ口元が忘れられない。

続きを読む(【初体験】巨乳でヤリマンと噂の後輩に筆おろしをお願いしてみたら…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く