【変態】隣に住む美人ケーキ屋店員が好きすぎて行動がエスカレートした結果・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】ショックな出来事がありまして・・・

投稿者男性は一人暮らしを始めたばかりの大学1年生。隣に住むケーキ屋店員の美人い一目惚れしてしまい、毎日のように隣の部屋の音を盗み聞きするようになるが・・・。(3496文字)

shitagi

隣に近所のケーキ屋さんの美人が住んでてヤバい。
めちゃくちゃ美人。
ランク王国の女の子を、清楚に、大人っぽく、美人にした感じ。
美人だけどいつも笑顔で親しみやすさも出しててくれて、気付いたらメロメロ。

俺は大学一年なんだけど、今年四月から一人暮らし始めた。
成績だけはいい俺は大学は親が希望した大学・学部に進めたから、マンションも結構いい部屋を借りてもらえた。

今まで高校生で、バイト禁止の俺は小遣いで行く場所っつったらマ○クくらいで、マ○クの店員さんってまー大体高校生or大学生くれーだし。
だから、美人で大人っぽいケーキ屋さんの店員さんって、初めてなんだよね。

その人、Yさんって言うんだけど(下の名前は知らねー)、
3月終わり、隣の部屋ってどんな人が住んでんだろうとか思って、初めてYさんを見たときの俺のテンションの上がりっぷりがヤバかった。

なんつーか、純愛小説の主人公になった気分?
コンビニから帰って、自分の部屋に戻ろうとしたら、隣の部屋のドアが開いて、中から普段着だけどすげー美人がすっぴんで出て来て。

「こんにちは、隣に住んでる人かな? 大学生?」

「は、はい……よろしくお願いします」

「こちらこそ、よろしくね? この時期に引っ越してきたということは……今年から一人暮らしとか?」

「そ、そうです……」

「何か困ったこととかあったら、声掛けてね?」

とか、美人スマイルを浮かべたまま言ってくれて。
その間俺は心臓ばっくばくしっ放し。

それからすれ違う度に挨拶したり、近くのコンビニで会ったときは話しかけたり。
それでケーキ屋さんに勤めてるってことも知って、勇気を出して行ったら。

「あれ? 買いに来てくれたんだ?」

とか、すげー笑顔になってくれて。
惚れたね、めちゃくちゃ惚れた。
しかし、俺の恋は四月終わりにあっさり終わり告げた。

やっぱ隣に美人が住んでるとなると私生活とか気になるから、秘密兵器「コップ」を使って隣の部屋の音を盗み聞きするようになった。

とは言っても盗み聞きしてもシャワーの音とかは俺の部屋と正反対になるから聞こえないし、毎日盗み聞きしてもエロ漫画みたいにオナニーしてる声が聞こえてきたとかはない。

でも、料理してる音とか、友達と電話してる声とか聞こえたり、一人でテレビに「それはないって」とか突っ込み入れてる声を聞いて萌えたり。
美人の部屋ってどんだけ盗み聞きしても飽きることはなかった。

Yさんが働いてるケーキ屋さん、火曜日が定休日だから、今日は家にいるかなーとか思いながらわくわくしながら大学から帰って、さっそくYさんの部屋を盗み聞き。

だけど、珍しくテレビの音が大きくなってた。
何か嫌なことあったのかなーとかのん気に思ってたら、いきなりテレビが消えて。

「ね、サキ……こっち来て」

とか、いきなり男の声がした。
男の声がするとか予想もしてなくて、今まで一ヶ月間男が訪ねてきたこと無いから彼氏いないとばっかり思ってて。
そういう予想してたから、吐き気がするほど心が乱れた。

しかも、Yさんの下の名前がサキとか初めて知った。
ポストには部屋番号しか書かれてないから。

「どうしたの、ユウキ」

彼氏の名前はユウキらしい。

「あん…………ん…………」

何の声だよ……映像が見えずに声だけしか聞こえないのが余計に焦りとか緊張とかを生んでヤバい。
ただ、時々「だめ……」とか「やだ…………」とか聞こえて。

もしかしてこのまま彼氏と二人っきりだし、そういうことするのかって思って、ガクガク膝が震えた。
吐き気がヤバい。
そうこうしてるうちに、「これ以上はだめだってば……」って、Yさんの声が聞こえた。

「今日、そういう気分じゃない?」

「ううん、ここ、壁薄いから隣に聞こえちゃうもん……声、我慢できないし……隣の部屋の子、帰ってきちゃうから……」

もう帰ってる、でも、そういう雰囲気出さなかったら、たぶんYさんのセックスの声が聞ける。
メロメロに惚れてたから、ショックだけど、Yさんのセックスの声は聞きたいって思った。

「じゃあどうする……ラブホ行く?」

「うん……ラブホ行く」

でも、立ち上がる気配はない、それどころかなんかもぞもぞ音が聞こえる。
その音が何なのかわからないけど、しばらくしたらそうして二人は出て行った。

コップとか使わなくても、壁が薄いから隣の部屋の音って聞こえるんだよね。
俺の部屋からYさんの部屋の音が聞こえるみたいに、Yさんの部屋からも俺の部屋の音が聞こえるんだと思う。

でも、そのせいでYさんのセックスが盗み聞きできなくて…………。
けど、その時はもう、Yさんにマジ惚れしてたから、そこでセクロスを始められても、最後まで聞くことが出来たかどうか怪しい。

ともかく、彼氏がどういう相手か知らんがクソ羨ましい。
それくらいYさんは美人。
もし同じクラスだったら、クラスの男子のほぼ全員がYさんに惚れただろうなって、そのレベルの美人だし。

童貞の俺は、その日眠れなかった。
Yさん、ラブホでどんなことされてるんだろうって。
甘い声を出して、マンコ舐められたり
セックスしてるとき、どんな顔するんだろうって。

声我慢できないって、大人っぽい美人なお姉さんなのに、AVみたいにあんあんエッロい声出して、感じまくるのかなって。
そんなことをぐちゃぐちゃ考えて、その日、まったく眠れなかった。

 

それ以降、それまではストーカー行為と言えば隣の部屋を盗み聞きする程度だったのが、行動がエスカレートした。
具体的に言うと、隣の部屋の洗濯物に手を出すようになった。

Yさん、無防備なことに室内に下着を干すんじゃなくて、ベランダに下着類干してる。
七階だし、隣は気が弱そうな人畜無害な大学生だしで、完全に油断してるんだと思われる。
もちろん、隣と俺の部屋は厚い壁で仕切りされてる。

けど、ベランダから手だけ出してスマホで撮影したら、Yさんがどんな下着を使ってるか、洗濯物が盗撮できる。
身を乗り出して直接一度見ようとしたけど、チキンな俺は七階のあまりの高さにくらくらしてチキンになった。

それ以降、スマホで隣の部屋の洗濯物を盗撮して、Yさんの下着をチェックしまくり。
俺のスマホの容量のほとんどが、Yさんの下着画像になった。

俺も割と忙しい学部だから平日は暇なし、土・日は夕方~夜からバイト。
ケーキ屋さん、洋菓子店なので土曜日曜は大抵Yさんはシフトだから、土日の朝からバイトの始まる五時、六時くらいまでYさんの下着、観察し放題。

やりたい盛りにも関わらず彼女なし、そんな俺の隣に住んでるYさんが悪い。
そう自分に言い聞かせながら、盗撮しまくって。

それだけじゃ我慢できず、傘を使って精一杯俺の部屋から腕を伸ばして、Yさんの下着をゲットして、鑑賞&オナニーに使わせてもらった後、こっそり返すようになった。

Yさんの下着、すごくいい匂いがする。
柔軟剤の匂いだと思う。
でも、女性の下着だから股の部分の汚れがすっげーんだよね。
なんで女の子の下着って、股の部分の汚れ、染みになるくらい汚れるのかなってくらい汚れてる。

それにめっちゃいい匂いがする、ものすごく美人のYさんのパンツも同じだった。
股、つぅかアソコに当たる部分って柔らかい当て布がしてあるけど、使い込んであるパンツほど、どんどん汚れが溜まって染みになって。

素材感も変わってて、マンコの汚れで染みになってる部分だけ、洗濯後にも関わらずカピカピ&ざらざらになってる。
洗濯前だったら恐らくものすげーことになってるんだろうなって、めちゃくちゃオナニーがはかどる。

出来ればYさんの部屋に進入して、使用済み、未洗濯のYさんのパンツ&ブラが欲しい。
チキンな俺は身を乗り出すのはギリギリで可能なものの、乗り越えてYさんの部屋に侵入して、さらに自分の部屋に戻るとかはチキンすぎて出来そうにない。

一度やろうと思ったけど、七階のあまりの高さに万が一があったらと思うと乗り越えることが出来なくて断念した。

身を乗り出して、向こうのベランダを見て、ベランダと部屋の勝手口の鍵が開いてるとこを見たときは「侵入してぇ」と思ったものの。

マジでベランダを乗り越えて隣の部屋に行って、さらに自分の部屋に帰ってくるとかチキンな俺には難易度が高すぎて出来ない。

けれど、そのうちに我慢できずに身を乗り出して、Yさんの部屋に進入して、使用済みブラ&パンツをパクりに行くと思う。
その時はベランダから滑って、地面に落ちないように祈っておく。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
それより通報されて捕まることを心配しなさいよ。

コメントを書く