【羞恥プレイ】看護大学で黒髪メガネの同級生と陰部洗浄の練習した結果…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

kangoshi

俺が看護大学2年生の頃、看護技術として『陰部洗浄』、つまり股間の洗い方の演習なるものがありました。
どうせ人形を使うんだろと呑気に構えていたら、先生曰く羞恥心への配慮がどうたらで、実際に学生同士で洗い合う、とか。

(はい?マジですか?)

よくよく聞いたら、本当に相手の股間を洗うんではなくて、陰部モデルなるものを装着してそこを洗うんだそうで。
なんか、ホッとしたような残念なような気持ちになりながら、いざ演習開始。

まずは先生による解説付きの実演、それから同じグループの他のメンバーが練習。
みんな初めてなので時間がドンドン過ぎていく。

結局、その日は練習できず時間終了。
そして、授業の終了間際に、先生より素敵な一言。

「来週テストします、それまでにペアで練習しておいて」

授業終了後、ペアの子と打ち合わせ。
相手はもちろん女の子。
髪の長さが肩まであり、黒髪メガネの地味っ子。
だけどなかなかの美少女でスタイル良し。

(これは当たりだな)

とりあえず、明日の授業終了後練習することに。
そして授業終了後、二人で演習室に行って練習開始。

じゃんけんで俺が先に洗う方になり、それぞれ準備を始める。
患者役の彼女の格好は、上はTシャツ、下はハーフサイズのジャージ。
そして股間には妙にリアルな女性器のモデル装着。

ちなみに毛までは再現されていないので、いわゆるパイパン状態。
うわあ、なんて表現すればいいのやら。
そう思いつつ、なんか違和感が?

(あ、そうだ、パンツを上から穿いてもらわなきゃ)

彼女にパンツも穿いてもらうように伝え、いざ練習開始。
まずはベッドに横になってもらい、毛布をかける。
そして、声を掛けてまずはパンツをズリ下ろす。

「◯◯さん、パンツ脱いでください」

(・・・何言っているんだ、俺は)

ふと我に返る俺に向かって、彼女はとんでもない一言を放った。

「パンツ脱がして」

(な、なにを言ってるんだね?キミは?)

続きを読む()
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメント
  1. 1. 坂田聡司(劇団GDF主催坂田アキカズ)  

    俺様は看護師とハメたくて我慢できない
    精神科に長く通院しているがカワイイコがいる
    増毛もしたし高い服も着ている
    モビットで金を借りたから結構入っている財布をちらつかせているがなびいてこない
    なぜなんだ
    腹立つ

コメントを書く