人生で一番エロかった「初体験」について話す(体験談)※前編

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

kyonyuu

高校生の頃、友達の家でみんなでお酒を飲んでいた時の話。
とりあえず今までの人生の中で、一番興奮したエロ体験ですよっと。

友達の親が、「酒は飲んでも飲まれるな。これが守れるなら飲んでもいい。許可」ってな人だったもんだから、
その好意(?)に甘えて、お酒を飲むといえばそいつの家と決まっていたんだ。

で、いつもの酒盛りをしていたらだんだん眠くなってきた。
おんなじようなタイミングで眠くなった女友達、サユキといっしょに、他のみんなより先に、奥の部屋で先に寝ることになった。

「人の家で変なことすんなよw」「なんか怪しいなw」

とかなんとか言われつつ、童貞でヘタレな俺は、

「うっせーよ!付き合ってもいねーのにそんなことしねーよ!」

なんて、その瞬間としては本音のセリフを大声で返したりした。
あとで思い返してみれば、オマエラ預言者ですか?とか思うのだが。

二人で布団を並べて寝ていたんだけど、ほら、友達と就寝って、修学旅行みたいなもんがあるでしょ。
会話が尽きることがなくて、よくある話だけどだんだんエロい会話になって、なんとなくエッチな雰囲気に。
俺は当時フェミニスト全開キャラだったから、俺から手を出すことはしなかったけどね。
っていうか出来なかった。フェミぶった典型的なヘタレでした。はい。

ここでスペック紹介。
俺(タカシ)、もてない17歳。彼女いない暦イコール年齢。
サユキ、女友達、17歳。目が大きくて、背が小さい。可愛くて人気者。巨乳のFカップ。
クラス替え後に知り合って半年の、同級生という間柄。

当時数少ない中の、一番仲の良かった女友達で、色々と片思いの恋愛相談にのってもらったこともある。
サユキの事は、ちょっといいななんて思っていた程度で、真剣に好きなわけでもなかった。
この日もバカなことを言い合って、お酒が進むとへこみだす彼女のクセで、お互いそれぞれの布団に横になりながら、人生相談みたいなものに乗ってた。本当に、やましい気持ちは一切無かった。

まぁ、相談話はたいした内容でもないしカットするとして、そこそこに、夜もふけてくるとやっぱり話はエロイ方向へ。この時点でも特にやましい気持ちは無い。

話していると目が覚めてしまい、眠れなくなって、二人とも布団から起き上がり向かい合って小声でトーク。
簡潔に述べるとエッチをしたことがあるかって会話になりまして。
俺は当然無いわけで。しかし彼女にはあるわけだ。
エッチの体験談を女の口から生で聞ける機会なんて、高校生の頃にゃ珍しいから興奮して聞いていたと思う。

続きを読む(人生で一番エロかった「初体験」について話す(体験談)※前編)
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く