【鬼畜】娘(10)が似てないのでDNA鑑定したら他人だったので…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

rape

俺に似ていないな…
妻に黙って娘のDNA鑑定をした結果、俺と娘に父子関係が不成立だった。
まだ10歳の娘は、俺を異様なまでに慕っている。
遺伝的に遠いから、思春期にも俺を嫌うことは無いだろう。
ならば今から…

小4の娘とお風呂に入り、マンスジを洗ってやる時にクリの辺りをコネてやると、うっとりとした。
看護師の女房が夜勤の時、俺は風呂上りの娘をクンニして、幼い体にアクメへの道筋を刻み込んでいった。

「パァパ、気持ちいいよ。何でこんなに気持ちいいの?」
「ママに内緒にできるなら、もっと気持ちよくなる事してやるぞ。でも、最初は少し痛いかもしれないが、好きな男と女がそれを続けていれば、気持ちよくなってくるんだよ。パパの事好きか?」
「大好き!」

娘が小4の3学期、トロトロになるまでクンニして痺れさせた幼穴に、37歳の肉棒を突きたてた。

「ギャァ!!…イタイ!イタイ!イタイ!イタイ!…ンーーーーー」

未熟な体で父の欲望を受け入れた娘は、破瓜の痛みに必死で耐えた。
キツキツの幼穴に、ピストンなどしなくても射精感が打ち寄せて、娘の幼穴にドクドク射精した。

「愛し合うとはこういうことなんだよ。」
大好きな父に初めてを捧げ、娘は満足そうに微笑んだ。

10歳でも開発され始めた体は、少しずつ快感を知り、小5になると父の肉棒を喜んで受け入れるようになった。
「早くママが夜勤にならないかなー」
大好きな父に抱かれて、肉棒の快感に喘ぎたい欲望が娘を支配し始めた。

性感を知った11歳は、無垢な肉体を快感で濁らせていった。
「アアン、アアン、アンアンアン…」
父の肉棒に貫かれると、昼間のランドセル少女が切ない女の顔に変わっていった。

小6になった娘は、初めて肉棒で逝った。
「パパ、あのね、セックスでアソコの中に精液を出すと、赤ちゃん出来ちゃうから、赤ちゃん作らない時のセックスは避妊しないといけないんだよ。」
どうやら性教育を受けたようだったので、以降、娘とは膣外射精になっていった。

続きを読む(【鬼畜】娘(10)が似てないのでDNA鑑定したら他人だったので…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。

コメントを書く