【露出】彼氏にハミ出しまくりの水着を着せられて連れまわされた結果・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 露出狂・野外露出
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】露出プレイに目覚めた自分を認めたくないけど・・・

投稿者女性はひと回り以上年上の彼氏といった旅行で水着をプレゼントされる。着てみるとかなり際どい水着だったのだが、彼氏がとんでもないことを言い出す・・・。(2930文字)

hentaimizugi

去年の話になります。
私の彼氏は年齢が離れています(付き合い始めた時は私が21歳、彼は35歳、14歳の差があります)。

派遣社員の私に誠実にお仕事を教えてくれた社員さんが彼でした。
それからご飯に誘ってもらって、お互いアニメが好きということもあって、少しずつ距離が近付いて……後はごく普通のカップルみたいに、付き合い始めました。

久しぶりの彼女として、年齢が離れた彼女として、すごく大事にしてくれます。
でも、やっぱり不満は……ちょっとだけあります。

彼にとって私は「自慢の彼女」みたいです。
自分で言うのはどうかと思わなくもないんですけど……。

彼にとって私は、すごく若くて、かわいい、自慢の彼女みたいです。
彼の交友関係はリア充タイプではなくて、どちらかというと……言い方は悪いんですが、オタクっぽい人が多いです。

彼女がいても、あんまり可愛くなくて、彼女もアラサーとかで……(言い方が悪くてごめんなさい!)。
そういう理由で、若くて、容姿も悪くない私は、彼にとって自慢の彼女みたいでした。

私の外見は……黒髪ロングで猫顔みたいに言われます。
有名人で言うと、横山由依さんとか、雨宮天さんとか言われます。
背は小さくて、152cmしかありません。
小さくて、猫顔の黒髪ロングをイメージしていただけると、私が出来上がると思います。

レストランとかファストフード店とかで食べさせっこをしたり、別れ際は街の中で抱きしめられたり、キスされたりして別れたり。
周囲に見せ付けるような行為を彼がすることは、少なくありません。

それと、露出プレイ、というんでしょうか。
旅行先とかではわざと人前でお尻を揉んだり、胸を揉んだりして。
周囲に見せ付けるように、いきなり愛撫されたりします。

大好きな彼の行為なので、嫌……というわけではないですけど。
人前でそういう行為をするのは、さすがに恥ずかしくて。

ちょっとはドキドキしますけど、いつかお取引先の人とか、会社の人とかに見られないとも限らないですし。
できればやめてほしいなって、私は思っていました。

それがどんどんエスカレートして、去年の夏、ある出来事が起きました。

 

去年の夏は二県隣の海が綺麗な海水浴場に、彼に連れて行ってもらいました。
お昼は一緒に海で遊んだり、近くの温泉でゆっくりしたり、楽しい時間を過ごしました。

その夜、旅館に行った後、彼が私にプレゼントがあるって言って、ある包みを渡しました。
その中に入ってたのは、水着でした。

でも、普通の水着じゃありません。
かなり角度が急で、露出度も高くて、お尻の部分はTバックになってる、ものすごい水着です。
鈍い私は着てみないとそういう水着だとわからなくて、着てから自分の体がものすごいことになってることに気付きました。

アソコの部分はヘアが完全にはみ出てるし、はみ出てない部分も布地が薄くてヘアが透けてしまってます。
大事な部分にも食い込んでいます。

お尻は……もう布がなくて、大事な部分だけはギリギリ隠れていますけど、ほぼ全部見えています。
でも、彼の前だけだったらいいかな、と思って、着替えた後に彼の前に行きました。

彼はものすごく喜んでくれました。
じっくり、明るい部屋でいろんな部分が丸見えな水着姿を見られてしまいましたけど、彼が喜んでくれるなら。
そう思って、我慢しました。

でも、彼が次に口にした言葉で、心臓が止まりそうになりました。

彼「ゆき(私の名前です)、このまま海岸を散歩しよっか」

私「このままって、ええっ? そんなの無理……」

彼「夜だからいいって、上から何か羽織っていいから」

彼は私の手を引いて、強引に薄手のパーカーだけ手に持って散歩に行きました。
パーカーと言っても腰あたりまでの長さなので、きっと後ろから見たらお尻が見えてしまっていると思います。

それと、ひとつ誤算がありました。
歩くたびに、大事な場所に水着がくい込みます。
彼と手をつなぎながら、羞恥心を感じながら、アソコに水着が食い込んできて。

夜で、海岸は人が少なくて。
でも私たちみたいにデートしてる人や、中には仲間同士、女子同士、男子同士で遊んでる人もいて。
その中でお尻が丸見えな私が歩いています。

お願いだからみんな気付かないでって、心の中でお願いしていました。
彼が耳元で囁きます。
彼「近くで見られたら、ゆきのかわいいお尻、ばっちり見られちゃうかもね」

ドキドキしました。
そのドキドキは、興奮じゃなくて恥ずかしさから来るドキドキだと思いたくて。
人前でお尻を出して、興奮してドキドキしている自分なんて、思いたくないです。
そんな風に思って、普段の私でいられるように平静でいるフリをしました。

でも、そんな私の羞恥心を引き出すように、大学生くらいの団体とすれ違うときです。
私と同年代か、ちょっと下くらいの大学生らしき子達はじっと私を見ていました。

彼は私の隣を歩きながら、乱暴に、見せ付けるようにお尻を揉みました。
私は俯いて、恥ずかしさをガマンしながら、歩きました。
でも、見逃してくれなくて。
男の人たちのうちの一人が、走って私たちを追い抜いて、私の顔を確認して。

「うわ、すげえかわえぇ、なかなか上玉じゃん、こんな子が露出プレイしてんのかよ!」
男の人たちの仲間に聞こえるような大声で、そんな恥ずかしいことを口にしました。
ものすごく恥ずかしかったです。

だけど、さらに彼は私が恥ずかしがることを命令しました。
彼「ゆき、パーカー脱ごっか」

まだ大学生くらいの男の子の団体は私を見ています。
こんなところでパーカーを脱いだら、すっごくエッチな水着を着て歩いていることを知られてしまいます。
私は泣きたくなりました。

彼「地元じゃないから、ここから帰ったら二度と会わないから、ね、ゆき、ちょっとがんばってみよう?」

彼の手が私のパーカーに触れて、ゆっくりと脱がせて。
大学生くらいの男の子達が見ている中で、私はエッチな水着だけになりました。

「うぉっ……すげ……」「マジかよ……」「変態カップルじゃん……」「女の子、上玉なのに……」「あんな女が露出プレイすんのかよ……」

口々に大学生くらいの男の子達がそんなことを言って、恥ずかしくて私は泣きそうになって。
「だめっ……怖いよ……」
彼にしがみつきました。

そこでやっと彼は私にパーカーを渡してくれて。
急いでパーカーを着て、早足で大学生くらいの男の子達の視線から逃げるようにして、旅館に戻りました。

彼「ゆき、すごくエロかった、部屋に着いたらガマンできないよ、俺」

私「…………うん」

彼が言うとおり、部屋に戻ったら私はいきなり襲い掛かるように彼に抱きしめられて、アソコに触れられました。
そこで彼は言いました。

彼「ゆきも興奮してたんだ……? こんなにアソコ濡れまくってる」
彼が私のアソコに触れると、確かに私のアソコは恥ずかしいくらい、ものすごく濡れてしまっていて。
いつも以上に、カラダの感度も高まっていて。
私は……彼にめちゃくちゃにされました。

それから彼のそういう行為はエスカレートして、いろんな場所で、いろんなことを要求されます。
私も……濡れてしまうようになって。
こんなエッチなカラダになってしまった私を、どうにかしたいです…………。

私は、どうすればいいんでしょうか?

 

管理人の戯言(´・ω・`)

コメントを書く