友人に内緒で中学生の妹の処女を奪った夜…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

jc-400x235

高校2年の頃の話。
小学校からクラスもずっと一緒で高校も同じだった親友がいた。
その親友には申し訳ないと思った体験談。

A(親友)と妹は仲のとても良い兄弟だった。
昔からよく遊びに行ってたりしてたので、Aと遊んでる時とかも妹も一緒に混ぜて遊んでるそんな仲だった。

妹の名前は真弥ちゃん。俺達の3つ年下。
小〇生の頃は俺を名前で呼んでいたが、彼女も中学生なると「先輩」と呼ぶようになった。

古くからの付き合いだから名前でもいいよと言ったが、彼女は先輩と呼ぶようになった。
中学にも入れば小〇生の頃は普通の幼い子供のようだった真弥ちゃんも胸は多少膨らみ、顔も大人っぽくなってきた。でも身長は小さかった。
150㎝はなかったと思う。

休日は毎週のように遊びに行ってたりしてた。
Aと真弥ちゃんの部屋は2階で、Aの部屋に着くまでに真弥ちゃんの部屋を通る事になっていた。

いつだったか朝の8時くらいにAと遊ぶ約束をした日があって、いつも通り2階のAの部屋に行こうとした時だった。

何気なく真弥ちゃんの部屋をチラッと見ると、パジャマ姿で着衣が乱れて彼女が眠っていた。
それに驚き、真弥ちゃんの部屋に立ち止まってずっと眺めていた。

すると真弥ちゃんが寝返りをうったのか「う~ん…。」と言いながらゴロリと転がった。
すると更に着衣が乱れ、ブラが丸見えに!
小さい胸に着けていたのは純白のかわいいブラだった。

さすがに俺の股間も反応してしまい、このまま見てるとマズいと思ってすぐにAの部屋に向かった。
Aには、
「階段上る音したけど足音しなかったような…。どうかしたん?」
と怪しまれたが、何もないと笑ってごまかした。

俺はAと喋ってても真弥ちゃんの下着姿が頭から離れなかった。

9時を過ぎる頃に廊下から足音が聞こえた。
2階にはAと真弥ちゃん以外の部屋は無いから、彼女が起きたみたいだった。

次にバタバタと階段をおりる音がした。
何分か経つと、また階段をあがり部屋に戻ったみたいだった。

あいさつくらいしてくるかと思い、トイレ借りるねとAに言い部屋を出た。
真弥ちゃんはまだパジャマ姿で眠そうな目でテレビをジーッと眺めていた。

続きを読む(友人に内緒で中学生の妹の処女を奪った夜…(体験談))
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く