中3の時、死にかけた俺を助けてくれた女教師と…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

kyoushi

昔の事を思い出して書いている。
俺は教師と関係を持ったことがあった。
長い話になってしまうが、発端は中3の秋だった。

続きを書いてもよいでしょうか?

三者面談の日、学校で親父が来るのを待っていた。
けど、いつになっても来なくて、ポケベルを呼び出すこと数回。

やっと連絡があったと思ったらまだ仕事中。
「自宅に来てもらえ」といつも勝手なおやじ。
事情を説明して夜に家庭訪問となった。

けどやっぱり親父は来なかった。
ポケベルに何度もTELしても応答ナシ。
会社に連絡したところ、得意先との接待に突入中とのこと。ほんとムカツクくそオヤジ。

先生に何度も謝った。
だけど嫌な顔ひとつせずその日は帰っていった。
日を改めて再度家庭訪問。
いつもジャージなのに今日はスーツを着てきたのでスカートの足を見てちょっとドキッとした。

親父はまた俺を裏切った...
先生は気にするなと俺を慰めた。おれは本当に申し訳なく泣きそうだった。
しばらくの間、世間話とか身の上話とかをした。
先生は26歳の独身だと言う事がわかった。

ちなみに先生は体育教師で、めちゃくちゃ体育会系である。
怖え女という印象は男子全員の見解の一致である。
すらりと長い手足、身長は高い方で体育大学時代は新体操をやっていた。
決してブスではなかった。怖いけど綺麗な人だった。

俺は父子家庭で親父は仕事人間で週に3日しか帰ってこないとか、彼女いない暦15年とかよけいな事まで話した。
時計は8時を回っていた。

「なんか作ってやる」と夕食を作ろうとしていたが、冷蔵庫は空っぽ...結局二人でカップラーメンをすすった。
でもなんか俺は楽しかった。話しも弾んだ。っていうか意外と話し易かった。
彼女が先生であることすら忘れていた。

先生が帰った後はまた一人ぼっち...なんだか虚しいような寂しいような感覚。
しかし先生との間にちょっとした秘密を持ったような気持ちになり、なんだかうれしくもなった。

たぶん恋心、いや単なる憧れだろうな、そんな感情が芽生えたんだと思う。
勘違い野郎な俺、きっと向こうはそんな気持のかけらもないのに...

続きを読む(中3の時、死にかけた俺を助けてくれた女教師と…(体験談) )
↑↑↑↑↑↑
※上記をクリックすれば続きをお読みいただけます。
コメントを書く