【マセガキ】貸切風呂で親戚のお姉さん(中3)の巨乳を触りまくった結果・・・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】小〇生ながらにお姉さんの発育のいい体に興味津々・・・

投稿者男性が小〇生の時、親戚で旅館に集まったときに子供たちだけで貸切露天風呂へ行くことに。連れて行ってくれたのは当時中3の姉さんだった・・・(5860文字)

小〇生くらいのころ、親戚一同で知人の旅館に集まったときに、大人たちは飲み会。
子供たちで貸切な露天風呂にいこうとなりました。

小〇生くらいの子ばっかりだけど、中に中3のお姉さんが一人いて、面倒を見るという立場で子供たちのリーダー格で入浴することになりました。

お姉さんは体格がよく、身長は160センチくらいあったかな。
体重はガッチリというかムッチリで、今思うと中3の割にいやらしい体に発育してたと思います。

髪型はボブ、セミロングといったところで黒々したきれいな髪でした。
顔はかわいらしい、愛嬌があるといったところで、本当に中の中!

クラスの美人というわけでもなく、どこにでもいるような感じ。
まだまだすれてなく、最近の中学生とは違い垢抜けない感じでした。

でも性格がよさそうな笑顔で、親戚のみんなから人気があって、優しいけどしっかりしたお姉さんで、私自身もすごく好きでした。

他の男の子や女の子もいるし、みんなでお風呂で遊ぶってのが楽しいってことではしゃぎながらお風呂にいきました。
お姉さんも「走っちゃだめ!」とかいって、みんなと一緒に。

ちょっとませてた女の子の裸に興味しんしんの私でしたが、低学年の親戚の子は昔から遊んでるし、男友達みたいな感覚でしたが、年が一人離れたお姉さんにはちょっとどきどき…。
お姉さんの裸見れるかも…と興奮してました。

他の男の子はまったく興味がないようですが、私だけちらちらとお姉さんの着替えを見ていました。
今だったら完全に変態ですが、子供ですから変態扱いはされず(笑)
着替えに手間取って助けを求めてる子供にしか見えません。

なので、お姉さんも私に気づいて「○○ちゃん、大丈夫?」と着替えの手を止めてきてくれました。
お姉さんはすでに下着姿です。
白いブラジャーに白いパンティと、本当に純朴なスタイルだったなあと思います。

お姉さんに手伝ってもらって脱ぎました。
もしここでおちんちんが勃起していたら、お姉さんも警戒して裸を見せなかったでしょうが、まだ勃起しておらず。
すっ裸にされて着替え終了です。

「○○ちゃんも行こう!」とお姉さんを私は誘いましたが、まだお姉さんは下着をつけていたので、
「待って。あわてないの!」と注意されてしまいました。

かごの方に向かって、後ろ向きでブラジャーをはずし、パンティを脱ぎました。
ムッチリした体なのでお尻が大きかったのが印象的でした。
なのでよくお尻について覚えています。

特にかがんだ状態の時に私の方向にお尻が突き出されたのですが、それが丸々と本当にデカ尻!って感じでした。
色白で、肌がきれいなお姉さんで、栄養状態もよいのかできものもありませんでした。

ちょっとぽっちり体型の子にありがち(?)な、つるつるではない、ざらざらってわけでもない、何といったらいいんでしょう?
細かなな凹凸のある肌の質感?ちょっと表現が下手で申し訳ないんですが…そんな肌の、ど迫力なケツがドアップです!

私のポッチャリ好き、お尻フェチはこのお尻から始まったといっていいと思います。
それを観賞しているとはつゆ知らず、お姉さんはかごの中にパンティをたたんでいれて「行こう」と笑顔でした。

それにしても、お姉さんは大人がいないで、子供たちだけと油断しているのか、タオルも持たずすっぽんぽんで風呂に向かおうとしてます。
私はもし成長していったらおちんちんは見られたくないななんて考えがありましたので、お姉さんはもう発育真っ盛り!

さすがに隠さないと恥ずかしいんではないかと思って、「タオルはいいの?」と聞きました。
「えー、いいよ。面倒くさいもん」と隠す気まったくなしです。

はっきりいって、私的には大ラッキーです!
お姉さんの裸をこれからずっと見れる!となりますから。

さすがに「そんなに成長してるんだからそこは隠さなきゃ!」という、大人のような発言はせず…(笑)
まあ、性に関しても、そんなにませてない子だったんだと思います。

だから恥じらいというより、子供たちの管理をしっかりしないとという考えが勝ったのでしょう。
全裸女子中学生が堂々と入湯…。
こんなの混浴風呂ならみんな目を丸くしますよね。

でも相手は子供です。みんな無視、というか興味ありません。
お湯のかけあい、泳ぐ、どちらが何分もぐれるか、などとやりたい放題。

お姉さんはその子たちがあまりふざけすぎてるんで、「ちょっと!あんまり暴れたらだめでしょ!」
とすっぽんぽんで駆け寄っていきました。

確かにこんな状態でタオルは邪魔ですね。
お姉さんも僕の面倒より、もっと手のかかる子たちの面倒に奔走しはじめました。

 

お姉さんと離れ、湯につかったり、他の子と泳いだり、しばらく風呂遊びを楽しみました。
体洗うなんてのは、さっき親と入ったときにしてるんで、純粋に風呂で遊ぶだけなんで楽しめました。

お姉さんをちらっと見ると、これまたデカいオッパイをゆらゆら揺らしながら子供たちを注意したり一緒に遊んだりしてます。

お姉さんのオッパイを記憶にたどって解説すると…。
本当に中3?というくらいよく発育してて、色白の質感のいい肌の豊乳が前に飛び出していました。

年をとったら垂れちゃうかもしれない、Dカップくらいの乳です。
もちろんそのころにカップ数なんか知りませんから、記憶に基づくカップ数なんで間違ってるかも…。
でも多分それくらいです。

でも若い!しっかり前を向いています。
つりざね型の理想的なオッパイで、性教育の本に「理想的な中3の巨乳」ということで取り上げた方がいいのでは?(笑)と思うくらいきれいでしたね。

乳輪は500円玉よりも一回り大きいくらいで、あの年にしては大きいのかな?
乳首は押しボタンみたいになってて、しっかりつまめる感じでした。
色はちょっとピンクではなく、薄めの茶色で、若くてハリがあるけど大人っぽいいやらしい感じでした。

でも、将来、彼氏ができたとき、エッチの際にはもみしだいたり、使える乳であることは確かだったかと…。
その豊かなオッパイが、よく揺れる、暴れる…というか、子供たちの動きにあわせてバウンドしてます。

お姉さんの性格、子供の面倒を見るというところから、いやらしい感じはせず、健康的にゆれてました(笑)。
そんなのあるのかといわれそうですが…。本当にそんな感じだったのです。

でも、やわらかいみたいで形がさまざまに変化して。
体格上、むちむちとした二の腕がオッパイにあたったりしてタプンッ!と動いたり。
お湯をかけあって遊ぶときに体が上下に細かく揺れるから、それにあわせてオッパイがぷるんぷるん動いたり。
お湯の中を歩くだけでも振動でぷるぷる動いたり…。
いろんな揺れ方のオッパイを堪能しました。
はっきりいって、これだけお姉さんのオッパイを、あの年齢の時に観察したのは私だけでしょう。

もちろんオッパイの感触を味わえる機会もありました!
遊んでいるときにわざとお姉さんにもたれかかったり、ぶつかるふりをして軽くタッチしたり…。
バレないようにオッパイをさわってました。

でも最後に、オッパイをものすごーく触れたのでそのときにまた感触はご説明するとして…。

 

いよいよ、最後の砦…といいましょうか。やはりアソコですよね(笑)
お姉さんのアソコをまじまじと見てしまう事件が…。

湯船にはいっていたところ、お姉さんがあいかわらずのすっぽんぽんで近づいてきました。

「○○ちゃん、だめでしょ、△△ちゃんにいじわるしたら」といわれました。
△△ちゃんとは他の親戚で、さっき洗面器で遊んでて私がそれを取り上げてしまって、ちょっといじけていたのです。

私が湯につかった状態で、お姉さんが立ったまんま、すっぽんぽんで見下ろしています。
当然、私の目の前にあるのは無防備な股間…。

全裸女子中学生がどこも隠さず仁王立ちですよ(笑)。
しかも眼前には女子中学生のアソコ。
お姉さんも大事なトコロなんだから、ちょっとは手で隠したりすればいいのに…。

相手は子供ですから油断しましたね。
子供ながらに凝視です!だって、大好きなお姉さん、しかも興味しんしんな一番大事な部分ですよ!

お姉さんのアンダーヘアがまた、結構生え揃っていたので余計に見てしまいました。
「ヘア」というより「陰毛」って感じの、生え具合で…。

面積はそんなに広くない感じです。長方形…というか、鉛筆型?逆三角形でもない形で。
下に向けてとがったロケットのような形でした。
でも面積はひょっとしたら広かったのかも。

お姉さんはお尻が大きいので腰周りが割とあったのです。
なので、股幅といいましょうか、おま○こ周りの太ももまでの横幅が割とあったのです。
だから、実は面積は広かったのだけれど、割合的に狭く見えただけかもしれません。

でも何でそんな広かったかも…と想像するかといえば、結構濃かったんです。
面積より毛量といいましょうか。横から見たら、厚みのある感じで。
もちろん、おま○こはしっかり隠せてました。

水をたっぷりとふくんでいたら、肌に張り付いている感じでわからないんですが、ちょっと乾くとぼわっとなって。横からもしっかり生えているのがわかるくらいです。

ただ、生えてからの年数は大人に比べたらもちろん少ないので、毛の長さはそんなに長くない…セミロング(笑)ですかね。
しかし、縮れ方が結構なもので。
ストレートとは言いがたい感じ。しっかりとした縮れでした。

あの年齢ではどうなんでしょう?
最近は発育がよいからみんなぼーぼーかもしれませんが。
中3でそんなに生えてる?というか、あどけない感じなのにそこがあまりにも発育していたので、呆然としたといいましょうか…。

でも、髪の毛も黒々としっかりしてましたし、同じ毛質なのかもしれません。
体格もよく健康的なお姉さんですから、そこにも栄養がしっかりといったのかも…。

しかも、昔のお姉さんだったら気づかなかったのに、今は黒々と。色白の肌に浮かんでいるわけで。
さらにいえば自分にはない、大人な部分ですから、やはり子供としては見てしまうんです。
どうしたって目が奪われます。

「話聞いてんの!?そんなとこばっかみて!大人はみんなこうなの!」と怒られてしまいました。
恥ずかしいというより、叱ることが大事。
しかも簡単な性教育…。お姉さんの人柄がいいですよね。

「別に…」と私がむくれると、「ごめんなさいは?」とお姉さん。
ちょっと怒られて格好悪かったのと、陰毛に興味がそそがれすぎてしまい、とうとう私はとんでもない行動をしてしまいました。

お姉さんの陰毛…。立ち上がっているため、しずくが縮れた毛を伝ってぽたぽたと落ちています。
その下に向かう陰毛があまりにも神秘的というか、何かがふっきれてしまい…。

なんと、私はお姉さんの陰毛をつまんで、下方向に「えいっ!」って引っ張ってしまったんです!
今思ってもあんなエッチないたずらをしたのはあれっきりです!

お姉さんもびっくり!そんなとこ触られたのも初めてでしょうし、いきなりでしたからね。
「○○ちゃん!何してんの!」とばしって叩かれてしまいました。

周りの親戚も、なになに?って集まってきます。
お姉さんはさすがに陰毛を引っ張られた!なんていえませんから、「○○ちゃんが悪さするのよ」と言ってました。

「いーけないんだ、いけないんだ」とはやしたてます。
確かにこのまま親に「陰毛引っ張り事件」をチクられたらまずいですよね。
だからあわてて「違うの!怒るんだもんお姉さんが」と自分を守る発言。

すると別の怒られた子が私派になり、「俺も怒られたー」と。
「あんたたちがいたずらするからでしょ!」とお姉さん反論。
でも、「やりすぎだぞ」と別の子が軽くお姉さんをこづきました。
「あーやったな!?」とお姉さんもその子をこづきます。

ふざけた感じの乱戦(笑)。
もう陰毛でふっきれた私は、ここだ!とばかりにあの大きなオッパイも揉んでおこう!とむくむくといやらしい考えが浮かんでしまいました。

なので、ふざけながらオッパイもみもみ!!
もう完全にオッパイ狙いですからね!ちょっと触れるとかのレベルじゃないですよ!

ぎゅっとつかむ感じで、お姉さんのオッパイを強くもみもみっといきました!
感触は…ほんとしっかりとした肉付きでした!やわらかいし、はりもあるし、ぶにゅってつかんだ感じも大きいなあ、とわかるくらい。
やわらかボールをぷにゅっとした感じでした。

すると、低学年女子軍団も大きなオッパイがやっぱり気になっていたんでしょう。
「私も!」なんていってオッパイをぐにぐに触りだしました。

「ちょっと!もう!だめでしょ!」
さすがのお姉さんもあんだけ多くの子供にオッパイをもみしだかれたら、ギブアップですよね。
恥ずかしいというより、もう本当にやめて!と懇願する感じでした。

「はい!もう終わり!だめ!!」と引き離しました。
最初にオッパイをさわった私でしたが、あとは触らず。
その感触の余韻にひたっていました。

「もうあがるよ!」と熱くなったんで出ることになりました。
脱衣所に行くまでに、子供たちをつれて、やはりすっぽんぽんで歩いているお姉さんに近づいて、
「ごめんなさい」というと、お姉さんは、
「いいよ!怒ってないから!でもあんなとこ触ったらだめよ!」
と注意されました。

その後もお姉さんは普通に接してくれました。

でも、それから、ベッドとかでふざけてプロレスごっこするときに、お姉さんのオッパイをギュッギュッてつかんだりするようになっちゃいました。
あの感触が忘れられなくて、エッチな考えがやっぱり出ちゃうんです。

「もう!また○○ちゃんはエッチなんだから!」
と怒られ、オッパイを触る子って認識されてしまいました。
そのため、結構、警戒されて、あれから一緒にお風呂に入ることがなくなってしまい残念です。

いまだに、あのまぶしい裸体は目に焼きついてまして。時々オカズにさせていただいています。
お姉さんも結婚して、子持ちになり、会うこともほとんどなくなりました。
しかし、一番多感な時期の…。もっともきれいな…。

「思春期で発育真っ盛りの女子中学生の全裸。そして、デカ尻、年齢の割に大きめなオッパイと濃い目の陰毛」
を見せてくれたお姉さんに大感謝しています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
釣鐘型ね!

コメントを書く