【鬼畜】本性を隠して処女のJKを信用させることに成功→媚薬を盛った結果・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】今回は純粋なJKを毒牙にかける・・・

25歳、職業:ヒモの投稿者男性が出会い系サイトで知り合った純粋なJKを優しい男を演じて信用させ、部屋に連れ込むことに成功。媚薬を飲ませて処女を頂くことに・・・。

jkbusines

俺は25歳のヒモ男。
前回、若い熱心な宗教家を家に招いてレイプしたマジで鬼畜な男っす。

今回は、出会い系サイトを利用した時に恋愛相談をしてきたJKの処女をいただいた話です。

出会い系サイトで
「JKです、真面目に話を聞いてくれる人を探してます」
と言う投稿を見つけたので、俺はJKと友達になりたくてメールした。

適当にイイ人を演じておけば友達になれるだろうし、仲良くなったらデートをして、そのまま家に連れ込んでおいしそうな体を戴いちゃおうと下心満載でアタックしてみた。

すると、JKは俺のメールから真面目そうなオーラが伝わったと返事を送ってくれた。
よし、第一段階クリア!と思っていたら。

「真面目な話とは彼氏のことです」

・・・。
残念ながら、俺が考えている展開は程遠そうだ。
とりあえず、彼女の話を聞いて適当に返事を送った。
彼がエッチを求めてくるけど彼女は恥ずかしくてできないらしい。
そこで、彼女は俺に彼の男心を聞いてきた。

俺は男なので男心を話すことはできるが・・・。
恋愛相談って真面目にアドバイスをしても的外れな時が多いから、俺は自分自身に置き換えて適当に答え続けた。

すると、なぜか彼女が俺のことを気に入ってくれて、朝は「おはよう」から始まり夜は「おやすみ」までメールするようになった。

彼女から初エッチについて聞かれたので適当に感想を答えると、彼女がなぜか「まだ処女なんです」と告白してきた。
しかも、彼との初エッチが怖いと言ってきた。

女性をただの性処理道具としか見ていない俺に処女と教えてくれるなんてw
マジで最高の女としか思えなかった。

俺は彼女のことを励まして褒め捲り、彼女の前ではいい人を演じ続けた。
すると、彼女から「会いたい」と言われてので、地元のスタバの前で待ち合わせをした。

彼女から送られてきた写真では普通に可愛らしい女性だった。
メチャメチャ可愛いって感じではないけど、十分に可愛いと思えるレベルだった。
スタバで合流をしてから、俺と彼女はフラペを頼んで席に着いた。
彼女は写真で見るよりも可愛くて胸が大きめだった。

彼女「この胸がコンプレックスなんです」
俺「そうなん?」
彼女「男性って胸ばかり見るから」

俺は極力胸を見ないようにして真面目な人を演じ続けた。
すると、彼女は俺のことを気に入ってくれてプライベートのことも話してくれた。
さらに、俺の初体験の話を何度も聞いてきた。

30分ほど、今まで経験したエッチを教えると「いいなぁ・・俺さんとならいいかも」と彼女から処女を卒業したい発言が飛び出た。

俺はすぐにでも家に連れ込んで襲いたかったが、冷静を装って
「初めては大切な人とした方がいいよ」と伝えた。
このことがきっかけで、彼女は付き合っている彼と仲が悪くなり、俺との距離が一気に縮まった。

そして、2週間後に彼女は彼と別れた。
予想以上に急展開だったので驚いたが、彼女は「つらい・・あいたいよぉ」とメールを送ってきた。

彼女と待ち合わせ場所で合流してからコンビニで適当なスイーツと飲み物を買って、一緒に俺のアパートに行った。

前回の女性の時は睡眠薬を使ったけど、今回の彼女には処女喪失しながら乱れてもらおうと考えていた。
そのため、彼女の飲み物には即効性の媚薬を入れた。
これで30分もすれば体が熱くなって我慢できなくなるはずだ。

一緒にスイーツを食べながら彼女の話を聞いていると、彼女は少しずつボディタッチが多くなってきて甘えてきた。
俺に向って「あーん」とスイーツを食べさせようとしてきたり、体を密着させて猫のように体を擦り付けてきた。

俺は時計を確認しながら適当に彼女の相手をした。
彼女は媚薬入りの飲み物をすぐに飲んでいるため、そろそろエッチな気分になるはずだ。

彼女が媚薬入り飲み物を飲んで40分ぐらいたつと、彼女の目が若干垂れてきて顔がほのかに赤くなっていた。
俺が彼女の手を少し触るだけでも熱い吐息を漏らして、明らかに正常な状態の彼女ではなかった。

俺は遠慮なく彼女の唇を奪った。
一瞬の出来事だったので、彼女は目を大きく見開いて驚いていたが、すぐに目を閉じて全身の力が抜けていった。

お子様キスを何度もしてから彼女を押し倒してゆっくり服を脱がし始めた。
ブラのタグを見ると70Fと書いてあって、彼女がかなりの巨乳だと分かった。

初めにおっぱいを揉んでから乳首をペロペロした。
乳首に舌が触れるたびに「あっ・・は・・はぁん・・」と処女なのにいい感じで喘いでくれた。

乳首が少し膨らんできたので、次は大きくなった乳首を口に含んで「ちゅー」と音を立てて吸った。
乳首を吸った瞬間は体を大きく反応させて、彼女はかなり感じていた。

おっぱいをある程度刺激したので、次はスカートとショーツを脱がした。
ちなみに、彼女は手触りがすごくいいショーツを穿いていた。

全体がピンク色で白っぽいフリルがついていて安物の生地ではなかったから、たぶん彼女は相当気合を入れて勝負パンツを穿いてきたんだろうな。

ショーツを脱がすとジャングルのように茂ったマン毛が大量にあった。
彼女はかなり毛深いみたいで、俺はマン毛を手でどかしながらおマンコを舐めた。

「ぁぁん・・あっ・すごい」
「やばっ・・・気持ちいいかも」

彼女はおマンコを舐められてかなり気持ちよさそうに感じていた。
穴からはどんどんマン汁が溢れてきて、感じ方を見てれば処女のように思えなかった。
少し舐めただけでもおマンコはドロドロになって、彼女は何かを期待して俺のことを見てきた。

たぶん、もう初セックスを経験したい・・と言いたかったんだろうな。

俺はフル勃起したチンポをおマンコの穴の入り口にあてた。
すると、彼女は俺の顔を見ながら話しかけてきた。

「コンドームつけてほしいの」
「ゴムなしも一度経験したほうがいいよ」

俺は適当な理由をつけてゴムをつけるのを拒否して、亀頭の部分だけ挿入した。
亀頭の先端が少し入っただけなのに彼女は敏感に反応して、尿道からチョロチョロ漏らしていた。

彼女が漏らした液体が俺の勃起したチンポにかかったので、さらにチンポを挿入した。
俺の経験では処女って少し入れられただけでも敏感に反応して早く感じてしまうのだが、彼女は痛がるどころかかなり気持ちよさそうにしていた。

たぶん、彼女のようなタイプなら一気に入れても大丈夫だろうと思い、おマンコの奥まで一気に挿入してみた。

「あん・・あん・・すごい」
「体がひくひくするよぉ・・」

彼女は激しく喘いで感じていたのだが・・・。
チンポを抜くと鮮血が先端についていた。
俺は慌ててティッシュで鮮血を拭こうとしたが、彼女は「もっと・・」とチンポのおかわりをおねだりしてきた。

これだけ出血していて痛くないんだろうか?と思ったが、彼女は出血していることを気にしていないらしく、目の前にある勃起したチンポを激しく求めてきた。
そのため、血を拭いてから俺は再び挿入した。

血と愛液が混ざっているからなのか、ねばっとした赤っぽい液体が出てきて、妙にグロテスクに見えた。
めちゃめちゃ締まるおマンコの中で激しくピストンすると、「壊れちゃう♪」と彼女は喜びながら喘いでいた。

処女でこんな感じ方をする女性は初めてだった。
たぶん、媚薬の効果で理性が飛んで半分壊れているんだろう。

俺は、激しくピストンして中出しした。
それでも、彼女は中出しされたことにすら気づいていなくて、「もっとぉ・・」と更におマンコに挿入されたがっていた。
そのため、俺は家にあったバイブを突っ込んで激しく出し入れした。

「ひぁ・・あんあんあん・・ヤバい」

だいぶ気持ちよくなってきたみたいで感じ方が激しくなった。
さらにバイブを激しく出し入れしながらスイッチを入れると、急に腰がガクガクと動き始めて
「だめぇ・・もう・・いやぁぁ!」と彼女は叫んでイった。

その後も、彼女におねだりをされてバイブを2時間近く出し入れしまくって、彼女は狂ったようにイキ続けた。
処女という割にはかなりドエロな感じの女なので、次回あたりは尻穴も楽しめそうだ。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
出会い系で恋愛相談するなよ・・・。

コメントを書く