【ショタ】かわいすぎる従弟の初射精は私の手で・・・→狙ってた結果・・・・・・・・・・・

【体験談】甘やかしすぎた結果、とんでもない変態小僧に・・・

投稿者女性はの3つ年下の従弟にメロメロ。小さい時から女の子みたいな容姿の美少年で、小6になると女の子にモテモテに。そんな彼を独り占めしたくて色々と策を弄して彼の気を惹く投稿者だったが・・・。

イトコの3つ下の祐クン。可愛かったのー。
ちっちゃい頃はいつも女の子と間違えられてた。
色が白くて、目がクリっとしてて、まつ毛が長くて、笑うとエクボができて。
美少女の条件を全部満たしてる男の子。

髪が伸びてくるとまんま女の子。
でも、短くしても女の子に間違えられるんだから本物。

小学校低学年の頃は女の子にいじめられてたみたいで。
でも高学年になると急にモテ出して。
バレンタインにはチョコたくさんもらうようになっちゃって。
すると今度は嫉妬した男の子からいじめられて。美しいって罪。

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww
私も祐クンにメロメロ。
小6になったらますますカッコよくなっちゃって。
いい感じ。こりゃモテるわって納得。

体もちょっと男っぽくなってきて。
水着のちょっとモッコリしたとこも妙に気になってきて。
どんなものが息づいているんだろうと考えたらもう中を見たくて見たくて。

祐クンもおちんちん立ったりしてるのかなあとか。
もう精子出たのかなあとか。
受験なのにそんなこと考えてたら勉強も手につかなくなって。

祐クンの初めての射精はぜったい私がって決めてたの。
まずは、今まで以上に手なずけるところからやることにした。

何をやってもホメてあげて。
ちょっとしたことでも相談にのってあげて。
勉強もマメにみてあげて。
ヒマな時はかまったり、遊んであげたりして。
それで祐クンもすっかりなついて。

完全に手なずけるのに1年かかりました。
もう受験そっちのけで。
結局それでおバカな高校にしか行けなかったんだけど、私も何とか高校生に。
祐クンも中学生になりさて、次の手段。
まだ射精してなければいいんだけど...。

勉強みてあげる時に思い切って保健という教科を入れてみた。
男の子と女の子の体の違いとか。
小学校の時にやってたみたいなんだけどおさらいってことで。
精子が出ること知ってるか聞いてみたらやっぱり知ってた。
で、もう出た?って聞いたら『まだ』だって。

やったー!!
うれしいっ。間に合った。
後は行動に移すのみ。

さて、どうしようか。
いきなり部屋で『パンツ脱いで』じゃドン引きされるだろうし。
できるだけ自然な形でしたい。

やっぱお風呂かなあ。
そんなに自然でもないけど、まあいいとしよう。

祐クンがウチに遊びに来た時にしつこくお風呂入って帰んなさいと説得。
最初は不審そうな顔をしてたけど入ってくれることになった。

「ねえ祐クン、私も入っていい?」
「え?お姉ちゃんも入るの?」
「うん、いいでしょ?」
「えー、恥ずかしいよ。やだよー。」

ちくしょう、否定された。
まあしゃあないか。そういう年頃だしなー。

こうなったら強行突破だ。
入ってしまえば出て行けなんて言わないだろう。

よし、祐クンが風呂に入った。
私も裸になり突入っ!。
どうだっ。16歳のヌード!!しかも全裸だっ。

とはいえ私も実はかなり恥ずかしい。
毛が薄いからワレメ見えちゃうし。

「え?何?」
「背中流してあげる。」
「えー、やだって言ったじゃん。」
「もう入っちゃったもーん。」

祐クンちょっと迷惑そうな顔。
でもいいのだ。

浴槽をまたいで私も湯船に突入。
あ、祐クンの目が私の股間に...

いやあ、やっぱ恥ずかしいわ。
今、絶対ワレメ見てた。

あ、祐クンったらおちんちんを手で隠してる。やっぱ恥ずかしいのね。
初めての射精までもうちょっとよー。むふふ。

「祐クンも大人っぽくなってきたね。」
「そりゃもう、中学生だし。」
「ねえ、おちんちんも大人なのー?」

私はお湯の上からのぞき込んだ。
「やー、見せてあげない。」

ここのハードルはちと高いなー。
よし、体を洗ってあげよう。

「祐クンあがって。洗ってあげるから。」
「いいよ。自分で洗う。」
「遠慮しないで。」

祐クンはしぶしぶあがってきた。
「さあ、手どけて。」
かなり強引に、むりやりどけさせた。

きゃー、おっきいっ!!立ってるっ。
中学生のおちんちんってこんなおっきいの?
ビックリしたー。

毛はまだポヤポヤなんだけど形がグロっ。
先がぷっくら膨らんでて。
でも祐クンのおちんちんだと思うとカワイイ。
頬ずりしたくなっちゃう。

さて、いきなりそこから洗うのも嫌がるだろうからとりあえず上から。
胸、ヘソときて...

「はい、ここもキレイにしましょうねー。」
祐クンのオチンチンをやさしく洗ってあげた。

「ああっ」
祐クンが腰を引いた。やっぱ気持ちいいのねー。

「気持ちいい?」
「何かへんな感じ...」
むふふ。初めての射精までもうちょっとだ。

「いい?変な気持ちになってきても怖がらないでね。」
「あっあっ...何かオシッコが出そう。」
祐クンが腰を引いた。

キター!!
ついにその瞬間。

「あっあっ何か変な感じ。」
祐クンの体が小刻みに震え始めた。
きゃー、ついに祐クンの初めての射精に立ち会えるっ!!

ピュッピュッ...
出たあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ホントに白いんだー。
感動!!
精子ってネバネバしてるんだー。糸引いてるわぁ。
ちょっと匂いがするのね。

「どう、気持ちいい?」
「うん...。」
祐クンおめでとう。よかったねー。
それにしてもいっぱい出たね。

それからは祐クンが私の家にきて、毎日のように手コキ。
祐クンも出したくなったらおねだりしてくるようになって。
よし、いいぞ。そのまま私の祐クンでいてね。

飽きないようにたまにはバリエーションをつけて、フェラなんかも。
1回だけ口の中で出されて死にそうになったけど。

そして月日が流れ...
2年がたちました。ますます祐クンはカッコよくなっちゃって。
私も18歳に。

祐クンが高校入ったらお祝いに童貞をいただこうと思ってたんだけど
クラスの女の子の誘惑がすごいらしくて。

高校まで待ってたら誰かに横取りされそうなので予定を早めることに。
時々、手コキの時に私の体をさわろうとしてきたんだけど、まだダメっておあずけにしてた。

クラスの子にゴムももらったし。
いろいろ話も聞いたから情報もゲットできたし。
よしっ!

「ねえ、祐クン。エッチってしてみたい?」
「うん、したい。」
「じゃあ、今日してみようか。」
「うん、するっ。」

よし、さすが男の子。食いつきいいぞー。
実は私も初めてなので緊張してんだけど。

まずは祐クンを裸にして...
私も服を脱ぐことに。

いやー、何?この緊張感は。
いざエッチってなるとドキドキするわ。

私も制服を脱いでブラとパンツ姿に。
いやん、もう祐クンのおちんちんおっきい。

ブラを外した...
祐クンの目線がつきささるよう。
どう?これがCカップのおっぱいよ。ああ、Eくらい欲しかったな。

続けてパンツ...
ああ、手が震えるっ。
でもそれが祐クンにわかっちゃうと恥ずかしいし。
もう、どうしよ...。

とにかく、私も頑張って脱ぎました。
祐クンも私も全裸です。
いやー、前々から想像はしてたけどやっぱドキドキするわ。
でも年上の私がリードしなければ。

「祐クン、おいで。」
私はベットの上から手まねきした。
祐クンは飛ぶように上がってきました。

かなり興奮してるみたい。
こんな祐クン見るの初めて。やっぱ男の子なのね。

少し落ち着かせて...お互い向かい合って立ちヒザになって...。
祐クンの上を向いたのがお腹の下にツンツンと当たります。ああドキドキ。

まずはキス。これは手コキの時に何度もしてるから慣れたもん。
続いておっぱいさわってきた。
これは緊張した。

うう、冷静でいられない...。
初めて自分のおっぱいに他人の手の感触。
思わず震えがきました。
でも乳首は気持ちよかった...。

そして祐クンの手が下に下に...
ああ、毛のところまできた。

その下はちょっと待ってっ。まだ心の準備が...
と考える間もなく、偶然クリちゃんに指が。

「うっ。」
私としたことが。声出ちゃった。
ああ、でも気持ちいい。もう座っちゃおう。

祐クンは私の足を開いてアソコを見ようとした。
ちょ、それは待って。それはまだ無理。

と考える間もなくインリンみたいなM字開脚に。
ぎゃー、見ないでっ。恥ずかしい。それは予想外。
私、思わず手で顔をかくしちゃった。

「濡れてる...」
えっっ?祐クン何ていった今?

「すごい、お尻のほうまで濡れてる。」
そんなこと言っちゃいやあぁ。やめてぇえ。
どうもその言葉でますます濡れてしまったらしい。私って変態。

「ねえ、早くエッチしたい。」
「待って...」
待って、祐クン。そんなにがっついちゃダメ。私にも心の準備くらいさせて。

「ねえ、ちょっと指入れてみてくれない?」
「え?いいの?」
「いいよ。祐クンの指を入れてみて。」

指なら私もオナニーで入れてるから大丈夫。
祐クンの指がゆっくりと入ってきた。

うおおっ。これは気持ちいい。
やば、イっちゃうかもしれない...
早めに祐クンのおちんちんを入れなければ。

「ゆ、祐クン...もうしようか。」
「うん!」

おちんちんにゴムつけて、私は横になった。
祐クンが私のアソコに自分のを入れようしてきた。
ひえぇー、こんな太いの入るの?

ぐぐっ...
い、痛い!!ちょっとこんなに痛いの?

「いたたたたたっ!!痛い!。」
「え?お姉ちゃん初めてなの?」

こら、初めてが痛いってこと何で知ってんだ?。
私はそんなこと教えたおぼえはないぞ。
まあ、そんなことくらいクラスの男子と話してるか。

「ちょ、ちょっと待ってね。」
私は深呼吸した。

「いいよ。もう一回。ゆっくりね。」
「うん。」

こ、こら。ゆっくりって言ったろうが。それじゃさっきと同じだって。
「いたたた!!痛い。」
「やめる?」

え...?
いや、そんな気を使ってもらわなくてもいいんだけど。
私は覚悟を決めた。

「いいよ。グッと入れてみて。」
「うん。じゃあ、やさしくするから。」
祐クンが気づかってくれた。うれしいっ。

何とか、何とか祐クンのが私の中に入りました。
「はあー、祐クンのがやっと入った。」
「お姉ちゃん、ありがとう。」

やったー。その言葉がうれしいの。
祐クンに青春ささげた甲斐があったってもの。
祐クンの性春(?)も私がいただいてるけど。

祐クンが腰を動かし始めた。
いた、痛たたたっ。動かさないで。まだ痛いんだから。

「あ、あああっ。」
祐クンが小刻みに震えてる。
え、イっちゃったの?
まあ、そんなもんだよね。今の今まで童貞だったんだし。

やっと儀式が終わったあー。
祐クンおめでとう。
私も処女とお別れできました。

さて、問題はこれからよ。
祐クンも女を知ってしまった以上、今までのようには行かない。

新しい女を開拓したくなるに決まってる。
そんなの絶対イヤ。

さて、それからというもの祐クンとのエッチもマンネリ化してきて何か新しい刺激を...という空気になってきた。

危険な空気よね。
祐クンもクラスの女の子に全然手を出さないから怪しいって。
私の存在もちょっとバレかかってるらしいし。

そんなことでいろいろ悩んでたら祐クンからすんごい要求が。
「オナニー見せて。」

えっ?えっ?なんつった?今。
私のオナニー見せろだと?

マジかよ。
私は18歳の乙女だぞ。
そんな恥ずかしいことできるわけないじゃん。いくら祐クンの頼みでも。

「ねえ、見せてよ。いいじゃん。いいじゃん。」
もう...しゃあないなあ。
そのいいじゃん100回攻撃やめてよ。弱いんだから。

まあねえ、別にオナニーしたことないわけじゃないし。
覚悟を決めて見せてあげることにした。

「じゃあ、見せるよ。いい?でも一回だけよ。」
「うん。うん。」

私は祐クンの前で下着姿になった。
は、初体験の時より緊張するわ。マジで。
こんなに緊張すること今までなかった。

さて、どうしよう。
そうだ。とりあえずブラ取って胸さわらなきゃ。

モミモミ...
やだ、何でこんなに気持ちいいの。
やっぱ祐クンが見てるから?
それともやっぱ私って変態なの?

下着の中がヌルヌルになってきた。
「ねえ、座って。M字ー。」

え?
またM字開脚?
そんな。濡れてんのバレるっ。
と思いながらも祐クンの言うとおりのカッコに。

「あ、シミが。」
ほら、やっぱり。これだからイヤだったの。もう、恥ずかしい。
私はパンツの上からアソコをさわった。

うぐぐっ...
何て気持ちいいの。こんなの初めて。
これクセになったらどうしよう。しゃれになんない。

「はあ、はあ。」
私はパンツの中に手を入れた。
ア、アソコが熱いっ!

ぬぐぐうっっ!!
やばい、もうイキそう。ちょっと手を休めなければ。

「パンツ脱いでよ。」
何?目の前でパンツ脱げだと?
そんなこと18歳の女の子にさせるつもりか?
でも祐クンの頼みだと聞いてしまう自分が憎い...。

スルスルっ。
「ごくっ。」
あ、祐クンたらツバ飲み込んだな。やばいなあ。何でこんなに感じるんだ?
変な汗かいてきたじゃん。

「わあ。」
わあって言うな。わあって。何がわあなんだ?

「すごい濡れてる...。」
そりゃあね。感じると女って濡れるもんなのよ。
祐クンの目の前で自分の指でアソコさわってみた。

ううっ。気持ちいい。
クリなんてさわったらひとたまりもないだろうな。

きいいいいんん。
あー、何か来る...やばい。やっぱクリはダメだ。

「クリさわってよ。」
それを言うな。やばいんだって。
あー、18歳の乙女が3つも下の男の子の目の前でイクのね。
恥ずかしいっ。

私は覚悟を決めてクリをさわった。
あ、あ、ダメ。すぐイっちゃう。

「あ、あ、イクうううぅぅぅ ぅ ぅ  ぅ。」
今までにないほど私の体が痙攣した。息ができなくて心臓止まるかと思った。
はあ、こんなに感じたオナニー初めて。
シーツまで濡れちゃって。
もう、普通のオナニーできんわ。

祐クン?
目が点になってる!
トラウマになったらどうしよう。
やっぱ見せちゃいけないもの見せちゃったのね...。

数日後...

「ねえ、アソコの毛剃らせて。」
何っ!?
今、信じられないこと言ったな?

「お姉ちゃんのアソコの毛を剃らせてよお。」
ダメ!それはあるまじき行為。
やっていいことと悪いことがある。
それに君はまだ中3だろ?。何でそんなプレイを知ってんだ?

「ねえ、いいじゃん。」
もうその手には乗らないよ。いくら私でもそれだけはダメですっ。

「だめ?」
ダメっ!!絶対ダメっ!!

「ぐすん。」
え?祐クン泣きそうになってる。
それは予想してない。やめてえええええぇぇぇ。

「ぐすっぐすっ。」
「わかったわかった。剃らせるから泣かないで。」

「やったー。」
「...」
あ、ウソ泣きしてやがった。憎らしいー!!。
もうダメ。この子手に負えない。

「じゃあ、パンツ脱いで足開いて。」
私は言うとおりに足を開いた。
「わあ、濡れてんじゃん。」

私が祐クンを調教してきたつもりだったのに。
いつの間にか逆転してるっ。

あれ?ハサミで長い毛を切られた?。
毛のかたまりが目に入ってきた。

「わ、私の毛があああぁっ。」
「お姉ちゃんおとなしくして。動かないで。ケガしちゃうよ。」
そんなこと言ったって。こっちだって心の準備ってものが...。

それ何?
シェービングクリーム?
やっぱ、いやあああああっ。

「ちょ、ツルツルはかんべんして。」
「え?剃らせてくれるって言ったじゃん。」

やっぱ完璧に剃っちゃうの?。
剃るとどうなってしまうの?子供みたいになるの?
アソコだけ小〇生に戻るってこと?

は、恥ずかしいーっ!!!
健康ランドとか行けないじゃん!

「じゃ、剃るよ。動かないでね。」
「えっ?えっ?」

ジョリ...

「わあっ。」
え?
あ、毛の一番多いところがないっ!!なくなってる!!

...もういいや。
剃って。

ジョリジョリ...
「お姉ちゃん大陰唇には毛がないんだね。」
え?何でそんなこと知ってんの?
私に内緒でエロビでも見てんの?

「終わったよー。」

ん?どうなったの?鏡、鏡...
「ハイ、鏡。」

うわあああああああっ。
何これっ?
わけのわからん物体になってるっ。

「はああ...もうダメ。立ち直れない...」
「お姉ちゃんありがとう。さっそくエッチしようよー。」
そんな明るい声で言わないでよ。こっちは落ち込んでんだから。

...と思ってたら、祐クン全裸になってるし。
しかも、おちんちんおっきくなってるし!。

あっこら、クリに舌を這わせちゃダメだって、もう。
いやあん、気持ちいいぃぃぃ...

ああ、もうダメだ。私こわれてく...
でもすべて自分が仕組んだことだし。

自己嫌悪...
次は何を要求されるんだろ。

おしっこするとこも見せちゃったし。
残ってるのって、アナルかSMくらいよね。
まだ中3だし...怖い。

それより何も要求されなくなったらどうしよう。
祐クン、この期に及んで新しい女作ったりしたら呪い殺すからね。

わかったねー?!!!!

 

管理人の戯言(´・ω・`)
続きあるみたい。

コメントを書く