【唖然】田舎の中学の身体検査が男女混合で全員パンイチだった…(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

shintaisokutei
※イメージです。

身体検査に関しては私も思い出がある。

それは今から約30年前の事。
中2の夏、私は都会のマンモス校から、田舎の学校に転校した。
そこは1学年1クラスしかない小さな学校だった。

時は流れ中3の春。
いつものように、教室での朝礼が終わった。

担任「じゃあ前から言ってたように、今日の午前中は身体検査をやります。みんな服脱いだら、まずは家庭科室に行って身長からね。」

そう言うと、担任の先生は教室を出て行った。

すると、いきなり教室内で男女の大移動が始まり、自分が座る窓際の席の方に男子が、反対の廊下側に女子が集まった。

“なんだ?なんだ?”

なぜ男女がいきなり教室内で真っ二つに分かれたのか、前の席の奴に聞こうとした、まさにその時。
一斉に、周りの男子が服を脱ぎ始めた。
そして、あっという間にパンツ1枚になると、次々と、一目散に教室を出て行った。

私は唖然とした。

“えっ!?女子と一緒にやるの!?”

身体検査は、前の中学では男女別でやっていた。
服装こそパンツ1枚だが、男女一緒にやったのは小学校までだった。

“無理だって………、女の子いるじゃん………”

中3にもなって、女の子の前でパンツ1枚になるのは、かなりの抵抗があった。

“やべぇ………みんなもう行っちゃったよ………”

かなりの焦りを覚えつつも、それでもいまだ服を脱ぐ決心がつかなかった。

“やべぇ………やべぇ………やべぇ………”

その時、ガラガラっと扉が開く音が聞こえた。
チラッとそちらに目をやってみると、パンツ1枚の格好で、続々と教室を出て行く大勢の女の子達の恥ずかしげな後姿が見えた。

“おぉ…………すげぇ…………”

家庭科室に行けば女子のパンツの大群が見える。
そう思うと急にやる気が出てきた。

私は勢いよく服を脱ぎだした。
と、その時。
教室の後ろのドアが、ガラガラと開く音が聞こえた。

“げっ!、誰か入ってきた!”

ピタッと手を止め、恐る恐る、ゆっくりとそちらの方を見た。
すると、クラスメイトの女の子Yさんが、不安そうな目で、私を見つめていた。

彼女は、私とほぼ同じ時期にこの学校に転校してきて、部活仲間だったこともあり、わりと親しい間柄だった。

私「なんか男女一緒にやるみたいだけど、知ってた?」
Y「知らない、知らない。 意味わかんないんだけど」
私「今何してたの?」
Y「とりあえずトイレに逃げこんでみた。(恥)○○君こそ、1人教室で何してるの?」
私「だって無理だろー、女子の前でパンツ1枚は」
Y「無理だよね。でもどうせ向こう行ったら一緒じゃん。」
私「まあね………」

お互いしばし無言。

私「やるっきゃないだろ(恥)」
Y「やるっきゃないね(恥)」

お互い視線をそらし、黙々と服を脱ぎ始めた。

私は頑張ってパンツ1枚の格好になった。

コメントを書く