【露出】母親と行った銭湯で番台のおじさんにジロジロ見られて・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】見られる快感に目覚めた彼女は・・・

投稿者女性が高校時代に露出に目覚めたキッカケの話。帰り道に雨に打たれてびしょ濡れになった投稿者が母親と一緒にお風呂屋さんへ行った。しかし天然な母親と番台のおじさんの視線が彼女に変化をもたらす・・・。

bandai

私は他人に裸を見せる事が大好きです。
きっかけは、高校1年の時です。

テニス部に入っていたのですが練習中の夕方に突然大雨が降ってきました。
突然の雨に打たれて体操着はビショビショにぬれてしまい、仕方なくそのまま家まで帰る事にしました。

私のお母さんは銭湯が好きで毎日の様に銭湯へ行きます。
私が家に着いたのが夕方6時で、お母さんは銭湯へ行く所でした。
そこでお母さんは私の格好を見て、
「あら、風邪引くわよ?今から銭湯に行くけど一緒に行く?温まるよ!」
と聞かれ私は戸惑いました。

なぜかと言うとお母さんと一緒にお風呂に入るのは小学校の4年生以来です。
どうしようかなぁ?とタオルで頭を拭いていると、いつの間にかお母さんは私の着替えを準備をして
「行くよー!」と声を掛けてきたのです。
私は断る事が出来ずに「うん。」と答えました。

家を出て400メートル程歩くと煙突が立っています。
銭湯の名前は(桜湯)です。

私は銭湯の前まで来た所でお母さんに裸を見られる事がとても恥ずかしくなりましたがお母さんはそんな事は気づいていません。

銭湯のドアを開けるとびっくりです!
私の思っていた銭湯と違い、昔風の番台から男女脱衣所が見渡せる銭湯でした。

番台には50代のおじさんが私のお母さんと話を始めました
「今日は私の娘も一緒なんですよ。」
相当おじさんと仲良しって感じがしました。

さっそくお母さんは服を脱ぎ私を待たずに「先に行ってるよ」と言って浴場へ行ってしまい、私もぬれた体操着を脱ぎ始めたんですが、番台からのおじさんの視線が気になりタオルで隠そうと思ったのですが、お母さんはバスタオルしか持ってきてなく、あとはあかすりタオルしかありませんでした。

とても恥ずかしくて体操着を脱ぐのに時間が掛かってしまい、お母さんが脱衣所に私の様子を見に来ました。

お母さんに「タオルは?」と聞きましたがやっぱり持ってきてませんでした。
とても恥ずかしかったんですが仕方なくシャツを脱ぎ下着を脱ぎ捨てお母さんのいる浴場へと向かいました。

何も隠すものがなく番台を見るとおじさんは私の裸を見ていました。
お母さんはもう湯に入っていたので私は体を先に洗おうと思ったのですが
「先に温まったほうがいいよ」と言うのでとても恥ずかしかったのですが正面から歩いて行き成長した私の胸と陰毛をバッチリ見ていました。

胸はBカップで陰毛はうっすらと生えていたぐらいでした。
そして20分ぐらい湯につかり、体を洗ってまた湯につかり「そろそろ出よう?」と言われお母さんは先に出てしまい私も脱衣所へ向かいました。

脱衣所に入るとお母さんは何を隠すことなくタオルで全身を拭いていました。
お母さんに「タオルちょうだい!」と言ったのですが
「ちょっと待ってね。1枚しか無いから!」
私は「え!」と答え脱衣所で裸のまま1分間ぐらい何も隠さずに待っていました。

すると番台のおじさんが「タオル貸しましょうか?」と声を掛けてきました。
お母さんが「じゃあ貸してもらえますか!」といったのでおじさんはタオルを用意してくれました。

番台から「ハイッ!」と手を伸ばされ仕方なくおじさんの前まで取りに行きました。
おじさんは私の顔ではなく私の体を間近でバッチリ見ていました。

帰り道でお母さんに「何で私のタオル持ってきてくれなかったの?」
と尋ねると、「忘れてた。」の一言。

お母さんに裸を見られてとても恥ずかしかったけど見られたあとはとても安心した気分でした。
その後私はなぜかお父さんにも裸を見てもらいたいと思うようになり、高校1年の夏休みに実行しました。
お父さんは毎朝7時に家を出て仕事に向かいます。

私もその日は部活で他県の高校と練習試合で朝早く起きました。
シャワーを浴び終わりお風呂場から出ようと思ったとき洗面所で歯を磨いているお父さんがいる事に気づいた私は決心しました。

私は裸のままお風呂のドアを開けてお父さんに「タオルとってー」と声を掛けながらお風呂場を出ました。
お父さんはビックリした様子で「え、おー」と言いながらタオルを取ってくれました。
裸を隠さずにお父さんの方を向いて体を拭きました。

歯を磨き終わったお父さんは私の方を見ながら、「今日は早いなー?」と言いました。
私は「うん。練習試合なんだー」と話をしました。

この時始めてお父さんに成長した胸と陰毛を見てもらいました。
もうドキドキして声が震えていました。
お父さんは洗面所から出て行ってしまいましたがもっとみてほしいという気持ちでいっぱいでした。

その後も朝早く起きた時には同じように見せました。
これが私の露出のきっかけです。
大学に入った今は違った露出をしています。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
3点!

コメントを書く