【寝取られ】セックスレスの妻(33)を目の前で他人棒に突かせてみた結果・・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】妻の裸を掲載してネットで相手を募集してみたところ・・・

投稿者男性は1歳年上の妻と結婚して3年、すっかり太ってしまい、以前のようなスタイルではないものの、ぽっちゃり系アイドルのようなかわいさで胸も大きくなった。しかし最近はほとんどセックスすることもなくマンネリの毎日。そんな時、友人に「寝取られ」というプレイについて勧められる・・・。

ntr2

俺は32歳の優斗って言います。
職場ではイケメンと呼ばれていて、今でも女性に声をかけられます。

妻は33歳で胡桃って言います。
結婚当時はスタイル抜群で同僚に「羨ましい」と言われましたが、最近は当時より10キロ近く増えたらしく体形も崩れてしまいました。

俺が仕事を辞めさせたのが間違いだったと思いますが、顔はベビーフェイスで可愛らしくぽっちゃりしたアイドルのような感じです。
ちなみに、結婚当時はCカップしかなかったのが現在はEカップまで育ちましたw

俺たちは結婚して3年目になる夫婦。
結婚当時は、人目も気にせずあちこちでエッチをしていたが、最近まではほとんどお互いの体に触れることはなかった。
いわゆる「セックスレス」になってしまい、俺は欲求不満になっただけでなく寂しさも感じるようになった。

でも、セックスレスを解消した親友のアドバイスのおかげで、現在は生理の時以外ほぼ毎日エッチを楽しんでいます。

その親友のアドバイスとは、世間一般でひそかにブームになっている「寝取られプレイ」のことでした。

親友「大切な人が他の男に襲われるのってマジで興奮するよ」

正直なところ、俺にはそんな趣味がなかったので半信半疑でしたが、セックスレスだけはどうしても解消したかった。
でも、胡桃はどちらかと言うと積極的なタイプではないので、「俺以外の男性とエッチしてほしい」と言うと傷つく可能性があった。

そこで、胡桃は「生理前になるとすごくエッチがしたくなる」と言っていたので、生理前の時に寝取られプレイを提案してみた。
始めは全面拒否モードで俺のことを睨んできたけど、やはりムラムラしていたのか「1回だけなら」と言うことで承諾してくれた。

ただし、胡桃から寝取られプレイをするための条件が出された。

①胡桃が相手を決める。
②相手との連絡は俺がとる。

俺は胡桃から出された条件を承諾して、すぐに画像掲示板に胡桃の裸を載せてエッチしたい人を募集してみた。
せいぜい、5人ぐらいからメールが来ると思っていたが、たった1時間で20人を超える男性が立候補してきた。

一人一人のメールと顔写真を胡桃に見せると、すごく楽しそうに相手を選んでいた。
立候補した男性は大学生から50代の社長までいろんな人がいた。
その中で、胡桃が選んだ男性は胡桃と同じ年齢で俺より優しそうな人だった。

胡桃が選んだ相手の名前は仁。
俺は仁と事前に一度だけあってプレイの打合せと日程を決めた。
仁は見た目通り優しそうな人で、俺の話をすんなり聞いてくれた。
そのため、「彼なら胡桃のことを任せても大丈夫だろう」と俺は安心していた。

俺たち3人はファミレスで待ち合わせをして軽く食事をしてからラブホに入った。
俺はソファーに座って二人のプレイを見学するだけ、仁と胡桃は好きなようにエッチをするけど胡桃が本気で拒んだら即終了、というルールを決めた。

そして、15時ピッタリに仁と胡桃のエッチがスタートした。

始めは胡桃が緊張して仁からのキスを避けていた。
それでも、仁が何度も胡桃に迫って頭を腕で固定してから無理やりキスをした。

「んーーー!」と声を出して唇を離そうとする胡桃。
胡桃は俺のことを見て目で何かを訴えかけていた。
そして、その隙を狙って仁はさらにキスを繰り返していった。

始め、胡桃は仁を手で突き放そうとしていたが、仁が時間をかけてディープキスをするようになってから腕の力が徐々に弱まっていった。
俺の目の前で胡桃が他の男性のキスでエッチな女に変わっていった。

この時、なぜか親友の言葉が思い出された。
「大切な人が他の男に襲われるのってマジで興奮するよ」、実は俺自身がこの言葉を否定したかったのだが、すでに俺のチンポは勃起していた。
目の前で胡桃が仁に無理やりキスをされて嫌がっている姿を見ただけで勃起してしまった。

仁とのキスが終わると胡桃は自ら服を脱いでいた。
そして、下着だけ残して仁に押し倒された。
仁は胡桃の身体全体を舌で丁寧に舐めていった。
俺はこんなめんどくさいエッチをしないが、仁は女の扱いが慣れているように見えた。

胡桃の首筋と腋を舐めている時、胡桃の体がビクッといつもより大きく反応した。
俺とのエッチではこんなに大げさな反応をしたことがなかったのが・・・。
仁は首筋と腋を丁寧に時間をかけて舐めた。
胡桃の反応がさらに大きくなっていき、いつもより甲高い喘ぎ声が漏れていた。

仁「ここが気持ちいいんだね、胡桃ちゃん」
胡桃「・・言わないで」

仁が声をかけるたびに胡桃は少しずつエロくなっていった気がした。
いつもなら、言葉攻めをされるとすぐに怒ってしまうが、目の前では感じていく胡桃がいた。
胡桃が少しずつエロくなっていく姿を見て、俺はかなり興奮してしまいすでにフル勃起して先走り汁が出ていた。

次に、仁は胡桃のへそを舐めてから両手でブラの上からゆっくりおっぱいを揉んだ。
もうすでに仁のペースになっているからなのか、胡桃は少しの愛撫だけでも気持ちよさそうに喘いでいた。

おっぱいを揉む→胸元にキス→ブラを上にあげる→ゆっくりと乳首の周りから攻め、十分に焦らしてから乳首を舐め、そして吸う、仁の愛撫は俺から見ても上手く感じた。
仁はパンツの上から指でクリの位置を確認してから指をペロッと舐めて、胡桃の口の中に入れた。

丁寧にクリの部分をパンツの上から舐めた後に、指でクリを撫でたりこねたりした。
そして、パンツをずらして胡桃のおマンコの中に軽く指を入れてから、指に着いた愛液を舐めていた。

胡桃はおマンコに指を入れられると突然起き上がって、仁のパンツを脱がせていた。
胡桃のフェラは口だけを無理やり動かしているので、あまりテクがなく俺がされた時はあまり気持ち良くなかった。

でも、仁は胡桃の口の動きに合わせて腰動かし根元まで咥えれるようにしていた。
普通は根元まで入れられるとイマラチオ状態になって苦しいはずだけど、胡桃は嬉しそうにフェラを続けていた。

仁「胡桃ちゃん、そろそろいい?」
胡桃「・・はい」
仁「乗ってくれるかな?」
胡桃「うん」

仁はなぜか胡桃を俺の方に向けて騎乗位をやらせようとしていた。
仁が仰向けになってフル勃起したチンポを胡桃の手に持たせて、そのまま胡桃はおマンコの中にズブズブとチンポを入れていった。

胡桃は仁の胸元に手を置いてから天井を見て動きを止めていた。
たぶん、チンポが挿入された刺激が強かったんだ。
そして、上を向いたまま胡桃は腰を振り始めた。

仁「ダメだよ、旦那さんのことをずっと見て」
胡桃「そ、そんな・・」
仁「いいから」

胡桃は仁に言われたとおり俺と目線を合わせてきた。
仁のチンポで下から突かれながらエッチな表情で見つめてくる胡桃。

胡桃が腰の動きを弱めると仁が下からガンガン突き上げていた。
胡桃が俺の目の前で他人棒で突かれエロい女に変えられていった。

胡桃の理性が壊れていくのと同時に、俺も胡桃の前でただチンポをしごいていた。
愛妻の胡桃が犯されている姿を見てひたすらチンポをシコシコした。
胡桃がイク時に俺も射精しようと思っていたけど我慢できず、俺は胡桃に見られながら射精した。

そして、数分後に胡桃が急に静かになったかと思ったら、何も言わずに体全体をビクビクさせてイっていた。

仁「最後は背中にかけたいからバックでやらせて」

仁は胡桃をソファーの近くにあるテーブルに手を置かせた。
俺の近くでバックからはめて目の前で射精するつもりのようだ。

俺の目の前で胡桃を襲い始めてから5分後、「胡桃ちゃん、胡桃ちゃん!」と仁は何度も胡桃の名前を呼んで背中に精液を発射した。

仁がベッドに横になろうとすると胡桃が近づいて、胡桃から積極的に何度もキスをしていた。
それから、胡桃が仁の手を引っ張り一緒にシャワー浴びに行っていた。

この時、俺は射精直後だったのであまり何とも思わなかったけど、後から考えるとすごくムカついた。
でも、寝取られプレイってマジで興奮したし、皆が楽しめた感じがしてよかった。

おかげで胡桃とのセックスレスは解消されたし、新たな性感帯も発見できたので今では以前より充実したセックスライフを送ってます。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ネットに裸の写真載せるとかやめたほうがいいと思うよ・・・。

コメントを書く