【獣姦】飼い犬にバイアグラを与えてみた結果・・・・・・・・・・・・・

タグ:
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】犬にバイアグラは効くのか・・・!?

doberuman

「犬にもバイアグラが効くらしいよ」
友だちの何気ない一言をずっと覚えていた私は、思いきって試してみることにした。

運のいいことに、お父さんとお母さんは夫婦そろって旅行中。
今がチャンスだ。長年の妄想を実現するためには今しかない。

バイアグラのありかは知っていた。
ずっと前、お父さんがこっそり書斎の引き出しに隠しているのを見たことがある。

数が減ってたら、あとでばれちゃうかな。まあいいか。たぶん気づかないだろう。
お父さん、最近ボケはじめてるし。

バイアグラを一錠、エサにそっと混ぜてみる。
少しでも興奮させたくて下着姿になったけど、ドーベル君はいっこうに反応する気配はない。
犬にも相手にされないのかと、ちょっとだけさみしい気分になる。

エサを残らずたいらげても、しばらくはなんの変化もなかった。
(なんだ、効かないじゃん)

あきらめかけたその時、ドーベル君に異変が見えはじめた。
薬を与えてから、だいたい30分後。

両目を真っ赤に充血させたかと思うと、ドーベル君ははあはあと呼吸を荒くしはじめ、むくむくと大きくなった自分のイチモツを見つめながらぐるぐると同じところをまわっている。

それが終わったかと思うと、今度はよだれを垂らしながら部屋じゅうを歩きまわり、柱やフローリングの突起、テーブルの脚、とにかく棒状のものにむかって股間をしきりにこすりつけはじめた。

「おいで!」
我慢しきれなくなって全裸になり、バックの体勢でお尻をつきだしてみた。
もちろん、アソコは濡れ濡れだ。

「キャインッ!」
穴を見つけたドーベル君は、いきり立ったイチモツをいきなり押し込んできた。

「はうっ!」
想像以上の衝撃が全身に伝わる。
けれど、全然痛くない。むしろ、なんていうか……ふつうのエッチより断然気持ちいい!

「キャウンキャウン!」
ペース配分もおかまいなしに、ドーベル君は本能のままにピストン運動を繰り返す。
犬のアソコって、人間よりも細長くて硬いんだ。

「はぁん……はぁん!」
私も思いっきり声を出す。力強いインサートに、子宮の粘膜まで揺さぶられるような感覚がある。
ドーベル君の動きに合わせて、Fカップの自慢のおっぱいがブルンブルンゆれる。

今年25歳。嫁入り前の乙女がすることじゃないのかもと思いつつ、これ以上の快感をもとめる自分がいる。やっぱり、体は正直だ。

「キャインッ!」
「あぁん……はぁんっ!」
「キャウンッ!」
彼(もちろんドーベル君)の動きがますます激しくなる。

単純にピストンするだけじゃなくて、中をかきまわすような動きも絶妙に組み合わせてくる。あなたって……すっごくテクニシャン!

「キャウウウウウウンッ!」
雄叫びがひときわ大きくなった次の瞬間、私のアソコが温かい液体で満たされた。
……これ、おしっこじゃないよね。

「キャウン……」
ドーベル君がイチモツを引き抜く。
アソコから流れ出るのは、少しだけ白くにごった透明の液体だった。

「よく頑張ったね」
私はそれから、ムラムラするたびにドーベル君にバイアグラを与え、いけない遊びを楽しむようになった。
もちろん、家のなかに誰もいない時間をねらって。

バックも気持ちいいけど、正常位も意外にオススメ。
タマタマがクリトリスを微妙に刺激して、ふつうじゃない快感が味わえる。
もちろん、最後は中出しね。

妊娠する心配はゼロだから、思う存分中で放出させてあげられる。
犬もやっぱり、生のほうが気持ちいいのかな。

犬ってけっこう絶倫で、いったんバイアグラを飲ませると効き目がきれるまで何度でももとめてくる。
発射しても発射してもまだまだ元気なんだから、もう信じられないレベル。
たぶん、お父さん以上ね。

まだ25歳だけど、彼氏はもういらない。
だって、ドーベル君のほうがすごいんだもの。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
動物愛護法に抵触します。

コメントを書く