小5の時、クラスのマセた女子に「痴漢ごっこしよう」と言われて…(体験談)

js

それは小5の時のこと。クラスに一人、変わった女の子がいた。
忘れもしない、加納○美ちゃん。

普通、小〇生って、パンティの上にブルマを穿くよね。
クラスの殆どがそうだったのに、彼女だけは違った。モロに白パン。
何でわかるかって言うと、掃除当番のときに雑巾がけをするんだが、そのときに丸見え。
まぶしいばかりの純白!

俺は出席番号の関係で、彼女と常に一緒の当番だったが、唖然としてたよ(藁
それだけじゃなく、彼女は事あるごとに俺に話し掛けてくる。
当時、女の子と話すなんてろくに出来なかった俺にだ。

最初は「シャーペン貸して」程度のもんだったが、徐々に過激になっていく。
「なあ、セックスって何か知ってる?」なんて露骨に聞いてきたりもした。

当時の俺に応えられるわけ無いから黙ってると、
「知らんの?女の子のワレメに、男の子のおちんちん入れるねんでー」
ときた。俺、しばし呆然(藁

しかし、彼女との思い出は、それだけでは終わらない。
あの出来事は、あまりにも突然に訪れた…。

その日、授業が終わり、俺はいつものように帰宅しようとした。
そのとき彼女が駆け寄り、俺に話し掛けてきた。

「今日、うちの家であそばへん?」
それだけ言って、彼女は足早に去っていった。

当時、女の子と遊んだ事なんて皆無の俺。
戸惑いながらも、俺は彼女の家へ自転車を走らせた。

コメントを書く