【浮気】ヤリマンの女友達にフェラで抜いてもらった(体験談)

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

fera

ついこないだの話です
前日、金曜の夜から彼女(恵理子)が泊まりにきてたその夜、高校時代の仲間と久々に飲もうということになった

もともと恵理子もその日の夜は用事があるというので「浮気しないでね」の一言を残して夕方に別れた
(そもそも恵理子は高校時代の仲間ではないのですが)

飲み会は約10人で男女半々ぐらい
普通に飲んで、カラオケ行って、そろそろ終電だというので解散しようとしていました

でも飲み足りない奴らは朝まで行こうということになったのですが俺を含め数人は帰ることになった
その中に美帆がいました

俺が恵理子と付き合う前、美帆とは何度か関係をもったことがあった
数回しかないが、美帆はよく喘ぎ、濃厚なセックルだったのは覚えている
というかこの美帆という女、俺以外にも色々な男とセックルしている
今日のメンバーにも俺の穴兄弟はいるはず
だが俺は、恵理子と付き合うようになってからそんなことは一度もなかった

そしてその帰り、同じ方向の電車に乗るのは俺と美帆の二人だけだった
電車は終電間近ということもあり適度に混んでいた
電車が揺れる度、美帆のやらかいオパーイが俺の肘にぶつかる
しかしそんなことは当たり前だが気づかないフリをして、何気ない会話を続けていた

この電車では先に美帆が降り、他の電車に乗り換えるはずだった
その乗り換え駅が近づいてきた時、美帆が突然こういった
「もうちょっとこの電車乗っててもいい?」
そんなこと言われてもこの電車は俺の電車じゃないし、断るのも許すのもおかしいとは思ったが、
「あ…、いいんじゃん」と答えた
そしてそのまま乗り続け、俺の駅で美帆も一緒に降りた

当然、引き返す電車も既になく美帆も改札を出た
この後どうするのか、期待と自戒の念にかられていた俺に対し、美帆はこう言った
「じゃ、タクシーで帰るね」
何イイイ?と思った時点で俺の負けだったかもしれない
何とかして引きとめようという工作を俺はし始めた

「でもこっから美帆の家までタクシーなんか乗ったらいくらかかんの?もったいないから俺が車で送ってあげるよ」
「え?ホントに?嬉しー!」
「でもまだ少しお酒残ってるから、ちょっと時間もらっていいかな?」
「うん、でもホントにいいの?あまり遅くなったら彼女に怒られない?」
「ああ、別に会う予定とかないし、どうせ明日も暇だから」

コメントを書く