【寝取られ】妻が目の前で親友の巨根の虜になってしまった男の末路・・・・・・・・・・・・・・

カテゴリ: 記事紹介
【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

negurije-400x236

私は28、妻28、子供なし。

私は、写真マニアである。
学生時代からハマッてる。

自分で言うのもなんだが、なかなかの写真マニアで、結婚後もナントか妻のヌード写真を撮りたいといつも思っていた。

と言うのも彼女は私の口から言うのもなんだが、 妻は素晴らしいプロポーションの持ち主で学生時代から、 我が写真部の”アイドル” 的存在であったからだ。

でも、残念ながら学生時代も、結婚後も、いつもヌード撮影を断られていた。

私達の学生時代、同じ写真部の親友が、先月、私達のうちに泊まりに来た。

学生時代より、妻は、かなり彼のことを気になっていたようなのである。

結婚も、私か、彼か、で悩んだとの事も、結婚後、妻から何度か聞かされてはいた。

しかし、妻は私との結婚を選択したのだった。

その彼が、このほど学生時代からの夢であった、アメリカへ武者修業へ出発する事になったので、 今回の訪問は、しばしの別れの挨拶の意味合いであったらしい。

土曜日の夕方に、彼は我が家にやってきた。

再開を喜び、彼の夢への実現と励ましの為に妻は、精一杯の手料理を、振舞った。

懐かしい、3人の夕食のあとビールとワインで、3人共”ほろ酔い”になりかけた頃、彼は妻にプレゼントがあり、持ってきていると言う。

少し大きめのリボンの付いた包みを、妻は目を輝かせて受け取り、

「・・・ねえ?開けてもいいかしら?」
「・・・ああっ、開けてみたらいいよ!」
「・・・気に入ってもらえるか、 どうか?・・・。」

妻は、少し”はにかみ”ながらリボンをとり、包みをあけた。

なんと、中身は・・・。

黒シルクのシースルーのネグリジェだった。
私は、少なからず、狼狽したが、妻はそのプレゼントを見て大喜びだった。

そして、彼は冗談めかして?提案したのだった。

「・・・今、それを着てモデルになってくれないだろうか?」
「・・・もちろん、ご主人が、了解してくれたらだけど・・・。」

私が、狼狽を隠す為に、ひと呼吸置いてると・・・。

「・・・いいわよ!・・ねえ?あなた?撮影はここ?でいいかしら?・・・じゃあ、着替えてくるから準備しててねっ?」

と、言いながら妻は、 私達を居間に残し二階へ・・と、席を立っていった。

居間に残された、私と彼には、かわすべき言葉がなく・・・数十秒の沈黙のあと彼は、おもむろに、自分のバックから、カメラ、三脚を準備しだした。

本当に驚いたことだが、妻は彼の冗談?に真面目にOKを出し寝室に消えたのだった。

まあ、口ではああ言っているが、本当にやるとは俺は思っていなかった。

妻が、二階から姿をあらわしたときの気持ちって言ったらスゴイのなんの。

でもネグリジェの下にブラもパンティーもつけているのはちゃんと確認し、少しだけ安堵したが それでも、”人妻”が”他人”に下着姿をさらしてる事には変わりないのだ。

彼は、妻の姿を見て、

「・・・素敵だ!スゴイ。」

の一言。

彼は、くるりと回ってポーズをとって見せる妻の姿を何枚か撮っていた。

コメントを書く