【エロ注意】忍者に憧れて来日した男がくノ一(JK)と戦った結果・・・・・・・・・・・

【※画像あり】デリヘル呼んだらAV女優来たったwwwwwwwwwww

【体験談】西洋忍者 vs ジャパニーズくノ一 → 結果は・・・

投稿者男性は外国人。日本の忍者に憧れて日本にやってきた。とりあえず城を目指してバスに乗っている途中、「忍者の里」というところで早速忍者に出会うことができた。衣装もそろえて早速忍者になることができ喜びに浸っていると、変なことを言ってくるくノ一(女子高生)と出会う・・・。

kunoichi

Hi my name is Steven.
Oh.sorry.

みなさんこんにちは。
僕の名前はスティーブンです。
あまり日本語がうまくありませんがよろしくお願いします。

僕は忍者になりたくて日本に来ました。
服部半蔵、忍者ハットリくん、ししまる、どれも僕が好きな言葉です。
川の上をスイスイ歩きたい、手裏剣をシャシャっと投げたい、天高く飛びたい。
僕の故郷では多くの男性が忍者に憧れていました。

僕は忍者になるためにお城を目指してバスに乗りました。
途中、バスは忍者の里と言う建物の前で止まり憧れの忍者が2人いました。

僕:忍者になりたいです、腹切りしたいです!
忍者:厳しい修行を耐えねばならぬぞ、それでも良いのだな?

僕はお城に行けば忍者になれると始めは思っていました。
しかし、僕の目の前に本物の忍者がいるのです。

僕:よろしくお願いします。
忍者:よし、まずは服と武器を揃えるところから始めるか。

僕は近くのお店で忍者の衣装と武器を買いました。
そして、トイレで着替えてから師匠に会いに行きました。


忍者:うむ、似合っているぞ。今日から君も免許皆伝じゃ!
僕:師匠、ありがとうございます。

僕は師匠から巻物を受け取り一人前の忍者になれました。
本当に嬉しくて涙がじわじわ溢れてきました。

女:あの外人バカだねー、いいカモじゃん。

僕と師匠のことを悪くいう女がいる。
きっと、あれは敵国のくノ一に違いない。

僕:くノ一、名を名乗れ。僕はスティーブンだ。
くノ一:は!マジうけるんですけどー、私は牡丹よ。
僕:牡丹、今すぐに詫びなさい。
牡丹:キャハハハハ、くノ一だから謝らない。ファッキュー。

このくノ一、師匠を侮辱するだけでなく僕のこともバカにした。
忍者を馬鹿にする人許せない。

僕:牡丹、ちょっと来てください。
牡丹:んーなになに?忍者はったり君。

僕は牡丹をトイレに連れ込むことに成功しました。
しかし、牡丹は僕のことを全く怖がりません。

牡丹:(ニヤニヤ)
僕:ジャパニーズセイフク?コスプレ?
牡丹:ジョシコーセイでーす。

牡丹のコスプレを見て思ったんですが、制服ってすごくイイネ。
くノ一と言うだけあって胸も大きいしよく見るとカワイイね。
僕のディックがすぐに元気になってしまったよ。

僕:牡丹、セックス!セックス!
牡丹:キャハハ、まじで?おもしれーいいよ。

僕は牡丹の大きな胸をモミモミしました。
とてもモミ応えがある大きな胸で少し力を入れても、牡丹はまったく痛がりません。

牡丹:ヘイ、ストロンーグプリーズ。
僕:イエッサー。

このビッグチッツ最高だね。
ニップルもビッグでグッジョブだぜ。
僕は牡丹に胸のサイズを聞いてみました。

僕:牡丹のチッツのサイズ教えてください。
牡丹:チッツ?おっぱいのことね、Fカップよ。

ワォ、ワンダフルなビッグチッツね。
僕は牡丹のニップルをペロペロチュパチュパしました。
さらに、牡丹のハンドをディックに持っていきました。

牡丹:すご!!こんなにでかいの?
僕:イエス、ビックディック!

僕がチッツをモミモミしたりチュパチュパしているのに、牡丹はディックばかり気にしていました。
オゥ、まさか日本でマイディックが役に立つとはね。

牡丹:触ってもいい?
僕:イエス、どうぞどうぞ。

牡丹は僕のパンツを脱がして大きくなったビックディックを触ってきました。
さすが、くノ一です。
忍者を魅了するだけのテクがありますね。
僕は牡丹にディックを触られて興奮してしまいました。

牡丹:ん・・・おっきいよぉ
僕:牡丹、気持ちいいのでもっとしてください。

牡丹はディックをビッグチッツに挟んでペロペロ舐めてくれました。
マシュマロのような柔らかさの牡丹チッツ最高です。
僕はディックを牡丹の口の中に入れるために、思いっきり腰を振りました。

牡丹:お、おっきぃ。入らないよぉ、むりむりー。
僕:牡丹、奥まで入れさせてください。

僕のディックは牡丹の口の中に入りました。
でも、僕のディックが大きすぎて牡丹の口の中には半分しか入っていません。
もっと奥まで入れたいです、気持ち良くなりたいです。
腰に力を入れて押し付けていくと、牡丹が急に涎を吐き出しました。

牡丹:く、苦しいから。ちょ・・・、やめてよ。
僕:あと少しで全部入ります。

ディックが一番奥まで入ると、牡丹は何度も口から涎を吐き出しました。
牡丹はくノ一だからこのくらいで苦しむわけないよね。
ディックが口の奥にある穴まで届いた時が一番気持ちいいんだよね。
少しずつスピードを上げて腰を振って喉の奥まで突いてみました。

牡丹:ゲホッゲホッ、やめて、ホント苦しいから。
僕:牡丹のプッシーに入れたい、ディックGO!

牡丹の口からディックを抜いて、スカートの中の布きれをはぎ取りました。

僕:こんなもの邪魔でーす、プッシーGOGO。
牡丹:そんな大きいのはいらないわよ、ちょっと!

牡丹が何か言ってましたが、僕はニホンゴワカリマセーン。
綺麗なピンクのプッシーに目がけてディックを突っ込みました。
牡丹のプッシーは、僕のディックをすぐには受け入れてくれませんでした。
「メリ?ミリ?」何か音を立ててプッシーが壊れていく音が聞こえます。

牡丹:ぁあああ、痛いってバカじゃないの。ちゃんと触ってよ。
僕:くノ一のプッシーすごいね。

変な音を立てて牡丹のプッシーの中に侵入していくディック。
ディックが八割ぐらい中に入ったところで一番奥の壁に当たりました。
レディの弱点はココね、何度もノックしてあげれば喜ぶのね。
始めは苦しんでいた牡丹でしたが、少しずつ声を出し始めました。

牡丹:ぁ、ぁん、ちょ、す、すごいの、おっきいの、はじめて。
僕:ヘイ!カモン!

ディックで何度もノックしてあげたら洪水になってべちょべちょになりました。
さっきまであまり濡れていなかったのにくノ一って怖いね。

牡丹:い、ダメ、イク、きちゃう、イックーー。
僕:カモーン、イエス!

牡丹はプッシーをビクビクさせてディックを食べていました。
まだまだディックを完全に食べきれてないぜ、もっとプッシーに食わせるね。
牡丹からディックを抜いて、次は僕が便座に座って牡丹を抱え上げて串刺しにしたよ。
これなら、強制的に奥まで入ってしまうから最高ね。

牡丹:ひぃ、ぐぁあああ、おかしくなるー。
僕:プッシー、もっと喜ぶね。

さすがのくノ一も忍者の秘刀の前ではただの女だね。
何度も奥までノックしてあげると涎を垂らしながら体をピクピクさせて喜んでくれました。

牡丹:もっと、牡丹のこと壊してぇ。デカチンポしゅごいのぉ。

牡丹の手足を見てみると全く力が入っていないように見えます。
くノ一がセックススレイブになってしまったようです。
後ろからビックチッツのニップルを強く掴み、さらに下から突き上げると唸り声のような低い声を出していました。

牡丹:ぁぁ、だ、だめ、もう、むり。

牡丹は首を横に振りながら何かを我慢していました。
しかし、僕のディックはすべてを破壊する秘刀だから、さらに激しく突き上げてぶっ刺しました。

牡丹:む・・・・り・・・・

牡丹はスイッチが切れた人形のように動かなくなり、チョロチョロとお漏らししました。

僕:オゥ、イエス!!!

僕は牡丹がお漏らししている最中に一番奥で発射しました。
牡丹のおもらしが僕の忍者衣装についてしまいました、最悪です。

僕はさっきまで来ていた服に着替えトイレから出ようとしたとき、牡丹が何か話しかけてきました。

牡丹:2万円・・・。

牡丹は何を言いたかったのでしょうか。
僕には日本語が難しすぎてうまく聞き取れませんでした。

僕:バイバイくノ一牡丹!

ホテルに着いたらまずは忍者の衣装を洗濯しないといけません。
ジャパニーズくノ一、ホテルにもいたら嬉しいね。

 

管理人の戯言(´・ω・`)
ディックの旅は始まったばかり・・・。
あ、違ったスティーブンだ。

コメントを書く